犬のがに股には二種類ある

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

人も犬も、体の形っていろいろですね。

愛犬と暮らす方にとって犬の後ろ足というのは、気になるところではないでしょうか?

今日は犬のがに股には二通りあるというお話。

ちなみに「がに股」ってこんな感じ ↓ 

(下手くそな絵でごめんなさい。)

 

生まれつきのがに股

生まれ持った足つきががに股の場合があります。

例えば、牧羊犬などにはがに股が多く見られます。

高スピードで回り込む動きにはがに股でなくては...

という説を唱えるブリーダーもいますが、本当のところはどうなんでしょうか。

個人的にはAKC(アメリカン・ケンネル・クラブ)やJKC(ジャパン・ケンネル・クラブ)の定める「正しいカタチ」というものには興味がありませんが、これらの団体では、「ガニ股」ってUnattractive(見てくれがよろしくない)とジャッジされます。

※ちなみにO脚もダックス、バセットハウンド、コーギーに限ってはスタンダートと認められていますが、それ以外の犬種はNGです。

ではもう一つのがに股とは・・・?

 

生活習慣によるがに股

 例えば、膝のゆるい(膝蓋骨脱臼)わんちゃんで、靭帯が内側にずれるのを防ぐことがクセになってしまっていると、ガニ股になることが多いです。

ドゥーイー(コッカープー♂8才)も若い頃、膝の使い方が弱く、膝蓋骨脱臼グレード1ぐらい?と言われていました。

結局6才の時の検診で靭帯がしっかり固定したことが分かったのですが、それでも体の使い方のクセはまだあり、右足ががに股になりがちなんです。

これは5才ぐらいの時ですが、 ↓ 右後ろ足がずいぶんガニ股になっているでしょ?

 

病気、または体の使い方のクセによって足の向きが変わった状態が、生活習慣によるがに股です。

 

あなたのわんちゃんはどっち?

生まれつきがに股で、痛みがあるわけでもなく、生活に何の支障もなければ勿論そのままでいいんです。

でも...

生まれつきのがに股なのか?

生活習慣によるガニ股なのか?

その違いは見極めておいた方がいいと思います。

 

膝蓋骨脱臼の例で言えば、靭帯が内側へずれるのを防ごうとするために足が外を向き、内腿の筋肉が引っ張られている状態なのであれば、筋肉の強張りをとってあげる、ということが出来るからです。

あなたのわんちゃんががに股なら、どちらか考えてみて下さいね。

 

がに股で、腿の内側の筋肉が凝っているなら、こちらも読んでみて下さい。

【膝蓋骨脱臼】がに股の犬の内腿を緩めるマッサージ

 

 

 

痛いとベッドの下へ潜って出てこなかったピットブルがアクティブ・ガールに大変身♪

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです

早いもので、ジェニー(ピットブル♀6才)の月x1のセッションも4回目。

ユニオン・シティーの動物病院、UNI Pet Clinc での施術です。

とびっきりの笑顔を見せてくれるジェニードキドキ

 

 

ご家族によるジェニーの様子

すぐに座り込んでしまう

・2頭の同居犬たちと一緒に散歩を楽しめない

・痛そうにしていることが多く、ベッドの下へ潜って出てこない

先生のご診断

  • 腰椎に重度の関節炎有り

  • 膝蓋骨脱臼ー現在、症状なし(レスキューされた当時、膝蓋骨脱臼とされていた)

  • 股関節ー異常なし

 

 

ご家族が望んでいること

  • 薬に頼り過ぎずに痛みをなくしてやりたい

  • たとえ他の2頭のように沢山歩けなくても、ジェニーが毎日楽しく過ごせるようにしてやりたい

ということでした。

マッサージで痛みの緩和を助けながら...

 おうちでも痛みのケアをしていただき...

 関節の負担を軽くしていくために体幹トレーニングも取り入れ...

同時に多角的にアプローチする必要がありました。

 

これは匙加減がとっても重要で、

 

  • どれくらいの痛みがどこにあるのか?
  • 本当に現在ある痛みなのか?(それとも経験による痛みの記憶?)
  • どれくらいのトレーニングが適当なのか?

 

ということを慎重に見ていかなければなりません。

トレーニングが適切でない場合も多々ありますから、皆さんも安易に「鍛えなきゃ~」と無理な運動はさせないで下さいねあせる

 

さて、ジェニーですが、食べることに目がないことも手伝ってエクササイズを喜んでしてくれるようになりました。

 

体幹半腱様筋を鍛えているなんてつゆ知らず...

沢山褒められて、このドヤ顔照れ

ご家族も大変熱心で、エクササイズ用器具やその他のケア用品を紹介すると、あっという間にオーダーされます。拍手

そうして現在では、

今まではこの子だけ長い散歩に連れて行けないことが不憫だったけれど、今は室内でするエクササイズをとても楽しんでいます。

ベッドの下へ潜ることもほとんどなくなりました。

と言っていただけています。クラッカー

最近では減量にも成功して、調子もアップなジェニー。

先生によるとお膝が外れる様子はない(膝蓋骨脱臼の症状なし)そうですが、まだ流し座りは残っています。 汗

腰椎の痛みがかなり影響していることは確かですが、クセもあるのではと思っています。

 

痛みや不快感を経験すると、それを庇う動きに慣れてしまって、習慣化してしまいます。

 

これからの課題は、

痛みの緩和ケアを継続するとともに、

 

ジェニーに正しい体の使い方をもう一度思い出させる

ことかな~、と思います。