後ろ足に関する感覚を刺激するマッサージ

今日はハワイでドッグトレーナーをしておられるTNさんから頂いたおたよりを紹介します。

 

私が今、一番知りたいのは、足、特に後ろ足に対するbody awarnessをあげる/キープするマッサージです。

私が見た感じだと、自分の手足に対する意識がはっきりしている犬、後ろ足の蹴りが良い犬は、前足もしっかり上がり、引きずることなく、歩き方も比較的しっかりしています。

さらに爪切りや手足を拭くことに対して、好きではなくてもパニックしてしまうことが少ないように見受けられます。

また、クライアントさんの都合で毎日、お散歩に行けないシニア犬も多く(行っても、おトイレのみで、歩くのはコンクリート。歩くのもゆっくりなので、あまり距離を歩く時間がない。特に今の時期は暑いので余計に。)そういう犬たちに出来るマッサージがあれば知りたいです。

TMさんのおっしゃる通り、四足歩行の犬たちにとって前肢付近にかかる負担は大きく後肢に関する意識は薄れがちです。

今日はリラックス効果のあるマッサージとは逆に、筋肉に刺激を与え、体に関する意識が活性化される「叩打法」を紹介します

 

叩打法

やり方はこちら ↓ ↓

 

 

Body awareness(体に関する感覚)を錆びつかせずにキープするには、マッサージだけでなく、

 

①自分の体のサイズ、向きを意識する感覚

②関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚

 

を普段から継続的に刺激してあげる必要があります。

 

お散歩中にちょっとしたルーティーンを取り入れたり。

家の中で簡単なエクササイズやストレッチをしたり。

 

それらについては、こちらに詳しく書いています。
↓ ↓ ↓

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

【動画】散歩が出来ない時の退屈&運動不足を解消!愛犬のための頭と体の体操

 

 

こちらの 過去の記事も読んでいない方はご参考までにどうぞ。
↓ ↓ ↓

「うちの子の後ろ足って凝っていますか?」

 

うちのドゥーイー(コッカープー♂8才)は体の使い方が決して上手い方ではないのですが、時間をかけてやればやるだけ、後足に関する意識が強まって動きが違ってきます。

 

足の引き上げも屈伸もなかなかいい線いってるでしょ?^^

 

また、テリントンTタッチもご興味があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tタッチはマッサージではありませんが、behavior modification だけでなく、body awarenessにも効果大だと感じています。

【ワンちゃんのミニ運動会♪】ご参加ありがとうございました!

●【ワンちゃんのミニ運動会♪】ご参加ありがとうございました!

 

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

8月5日(土曜日)の様子をお伝えしますね。

犬バカ 犬をこよなく愛するご家族が集まってくれました爆  笑

 

今回の趣旨は、散歩ではカバーしきれないトレーニングを、ご家庭でバランスよく取り入れるやり方を覚えていただくこと

 

それをグループで、ちょっとだけ運動会感覚ビックリマークでやってみました。

 

ジェマはアジリティの時と勝手が違って少し困惑気味。あせる

知っているコマンドを自ら全てやってみせていました。爆  笑

 

 

エクササイズ器具がなくても気軽にご家庭で始めていただくことが目的なので、IKEAの踏み台を使いました。チュー

 

 

大型犬は特にかもしれませんが、

外で走り回ること (心拍数が上がる) = 運動 になりがちです。

 

それももちろん必要ですが、

体に関する感覚を刺激したり、

体幹を鍛えたり、

犬が年齢とともに特に落ちやすい筋肉を鍛えたり、

その日の体調を見ながらバランスよく取り入れていくことが、

生涯自分で立ち、食べ、飲み、排せつするために必要です。

(生涯メンテナンスについては、電子書籍「元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと」をお読みくださいね。)

 

運動はあんまり好きじゃないぐりさんは、途中まったりディスクの上で横になっていたけど爆  笑、この写真では頑張ってるね~~~チョキ

 

最後はもうオメメがくっつきそうだった黄菜ちゃん。お疲れさま~~。

 

普段しない動きをさせると、とーーっても疲れますが、脳と筋肉を繋ぐ神経回路が活性化されて良いんですよ~アップ

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

これからも地道にエクササイズを一緒に頑張っていきましょう音譜

 

【日本滞在中】トレーナーさんから学ぶ

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

ご縁があって、ブログやニュースレターをお読みくださっているドッグトレーナーさんとお会いすることが出来ました!

Thinking Dog のKakoさんです。

4匹のお子さん(笑) ↑ のイラストからも分かる通り、ロン毛好き爆笑

Kako さんはドッグダンスもされています。

私とムスコのドゥーイー(コッカープー♂7才)には全くついて行けない高レベルな世界...笑い泣き

ですが、

ダンス中にする動きというのは、メンテナンスによってはとても改善が分かりやすいだろうなぁ!

とお話を聞いていて思いました。

思うところありまして、ショードッグのマッサージはお受けしていない私ですが、

フリースタイル(ドッグダンス)をしているワンちゃんはどんどんお受けしたいーーーという思いが大きくなりましたよ。

アジリティより体に優しいので、年を重ねてもずっと続けられるし (個人的な意見です。) それに…

脳の活性化にピッタリじゃないかビックリマーク

 

というわけで、ムスコとのデビューを妄想し始めている今日この頃ですてへぺろ