犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

●犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

これまで、

「何かが起こってから、またはシニア犬になってから、何かをするのではなくて、元気なうちからメンテナンスを続けることで、犬に老後、質の下がらない生活をさせてやることが出来る」

ということをお伝えしたい、と思ってやってきました。

Reactive(事が起こってから)

ではなく、

Proactive(先を見越して)

ニキビケアの話じゃありませんよ~。(笑)

 

この気持ちは今も変わりません。

でも今現在、

  • シニア期を迎えて、色々なことが出来なくなってきた

  • 生涯つきあっていかなければならない疾患がある

こういうわんちゃん達がたくさんいるのも事実です。

 

今すぐ必要な緩和ケア


インスタグラムでちらっと報告しましたが、私、コールド・レーザー(低出力レーザー)をサービスとして取り入れることにしました。

コールド・レーザーは、「今ある問題」を「緩和」する、という意味では非常に効果大だからです。

以前、愛息ドゥーイー(7才♂コッカープー)の調子が悪かった時にやってみて良いと感じましたし、クライアントさんや、カイロプラクターの先生にも勧めらて決心出来ました。

 

主に炎症を抑える目的で使われ、犬に出来ることはかなり広範囲です。

● 前十字靭帯の怪我

● 滑液包炎(関節の酷使)

● 股関節形成不全

● 肢端舐性肉芽種(舐めグゼ→脱毛→細菌感染)

● 関節炎

● 腱鞘炎

●老年性の関節の硬直

● 腰痛

● 術後の細胞再生

● ホット・スポット(痒みを伴う表在性膿皮症)

● 中耳炎

● 腎不全

ざっと挙げてみただけでもこんなにあります。

代謝を高める、という点ではマッサージと同じですが、深層筋肉まで早く到達出来るのでとっても効率的。

だからこんなわんちゃん↓↓↓にはぴったりです。

  • 体を触られるのが苦手

  • じっとしているのが苦手

  • 体力が落ちているためマッサージが負担になる老犬

 

また、ホット・スポットなど痒みがある時、マッサージは適当とは言えません。

血行が良くなるとますます痒みが増してしまうから。

でもコールド・レーザーなら皮膚を刺激することなく炎症を抑えられます。

 

あまり期待していなかったのに、予想以上に効果的だったのが腎不全の症状。

うちの愛娘、エンジェル(この秋16才♀)

最近は食が細くなり、あれはイヤ、これもダメとなかなか難しいお嬢さん。

スプーンで口に持って行くとやっと食べる感じでした。

ところが、レーザーを始めてから自分でごはんを催促するようになりました!

腎臓の萎縮してしまった部分が元に戻ることはないだろうと思いますが、毎日食べて遊んでくれるのが嬉しいです。

 

 

まとめ


という訳で、

今問題のあるシニア犬や疾患のあるわんちゃんのために効果的な緩和ケアを、

そして、

今は元気なパピーや成犬のために将来を見越して今から始める予防・未病ケア

提供・提案していきますね。

両方必要ですものね。

よろしくお願いします。おねがい

「舐めさせない」ことに集中するより...

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

●舐めさせないことに集中するより...

 

舐める理由


犬がある部位を舐め続けるのにはいくつか理由があると思います。

傷口が気になって...

退屈で...

痒くて...

負のストレスで...

強迫性障害(OCD)で...

 

でもね、「舐めさせない」ことに集中するより、その原因を出来るだけ取り去るようにしてあげたいなぁ、と思うんですよ。

 

それに舐めることって「悪い」ことではないんじゃないかな?

 

それを見て人間が色々なことに気付いてあげられるんですから。

 

 

これまでシニア犬を沢山マッサージしてきました。

気分が乗らない時、落ち着かない時、関節炎のある部位を舐めだすわんちゃんはよくいます。

 

私達も慢性の肩こりとか、ついそこへ手が伸びるし、どうしても気になりますよね。

 

16才のQ君も最近、手根管関節を舐めることが多くなってきています。

 

なので今日は温灸をしました。

 

手根管を直接温めたかったけれど、

 

顔に近いので、煙過ぎるのです。あせる (やり方考えなきゃ…)

少しやっては場所を移動...を繰り返しました。

腰椎周辺に違和感があるわんちゃんも背中を丸めてペロペロしているのをよく見ます。

 

行動を制限するだけではなく原因を探る


「原因を取り除く」とは言っても楽なことではないのは分かるんですよ。

 

舐めさせておけばそのうち毛が抜け落ちて、傷となって口内細菌に感染してしまうことだってありますしね。

Lick Granuloma(肢端舐性肉芽種)と言われるのがそれです。

 

 

 

でも...

 

...そういう可能性もふまえた上で、

 

エリカラや薬に頼り過ぎず、

「舐めちゃダメむかっ」と叱るだけじゃない、

犬に寄り添った対応をしてあげたいなぁと思うのです。