安全に犬をストレッチするための注意点

  • 安全に犬をストレッチするための注意点

 

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

「愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法」シリーズの第二回目。

「安全に犬をストレッチするための注意点」です。

 

 

ストレッチをさせるタイミング

 

ストレッチは体が温まった状態でさせます。

 

 以前は運動する前にストレッチを、という考え方が主流でした。

学校でも言われませんでしたか?

「運動する前には必ずストレッチや準備運動をしましょう」


それも状況によっては間違いではないのですよ。

しかし、怪我の原因になることも多く、現在では一般的に

「運動後のクールダウンとしてストレッチをするのが理想的」とされています。

 

人も動物も自分で自ら体を伸ばす、という行為をするのであれば、それほど危ないこともありません。

どこまで伸ばすのが限界か、十分自分で分かりますから。

が、ここで皆さんにご紹介していくのは、「人がストレッチを介助する場合」

ですので、「無理をさせない」

ということが最重要になります。

 

ですから必ず、

体が温まった状態で愛犬にストレッチをさせましょう。

 

散歩の後に毎日ストレッチする習慣をつけると、

「今日は嫌がるな。」とか

「今日は右より左の方が伸ばしにくいな。」

というような気付きがあります。

すると異変に早く気付けたり、痛みの箇所を特定しやすくなりますね。

 

 

 

運動出来ない場合

  • 後肢が弱り、歩行が不自由

  • 最近手術をし、歩かせることは出来ないが筋肉が衰えるのが心配

  • 過去の怪我で体の一部に麻痺が残っている

このようなわんちゃんには特に時間をかけて体を温めてからにします。

 

温め方の例としては、

  • 入浴(体が冷える前に毛を完全に乾かす)

  • マッサージ

  • 温熱パック

  • 温灸

  • ホットストーン

などがあります。

取り入れられそうなものがありますか?

このようなわんちゃんは特にストレッチを必要としていますよ。

【備考】

神経が麻痺していても、細胞は生きています。

麻痺した部位も動く部位と同じように温め、血流を上げていきましょう。

 

 

まとめ

犬安全に犬をストレッチするための注意点として、今日お伝えしたかったのは…

ストレッチは運動の前ではなくて、後にする、ということ。

犬が自らする伸びと、人が介助して行うストレッチは違うので、安全にストレッチするためには、必ず犬の体が温まった状態でする、ということ。

そして、運動で体を温められない犬の温め方の例でした。

次回はいよいよ実際のストレッチ法に入っていきます。

まずは「首」から。

お楽しみに♪

 

【20% OFF】電子書籍クリスマス・セール

● 【20% OFF】電子書籍クリスマス・セール

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

今年も残りあと1ヶ月を切りましたね。💦

やり残したことは沢山ありますが、

それは一旦忘れて(笑)、

12月ですもの。

クリスマス・セールのお知らせです。

 

12月3日~28日
(日本時間)
電子書籍20%オフ

 

元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

8、500円 6,800円 

 

 

老犬の関節痛を和らげる温活マニュアル

1,900円 1,520円

 

 

どうぞこの機会にご検討下さいね。

 

 

【電子書籍】老犬の関節痛を和らげる温活マニュアル‐発売開始

【電子書籍】老犬の関節痛を和らげる温活マニュアル発売開始

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

ポカポカに温まったベッドの上でのマッサージとか、

岩盤浴、サウナ...などなど

じわ~っとくる温かさ。

気持ちいいですよね~。

肩や腰がガチガチな方なら、共感していただけるはず!

 

温かいのは、犬だって同じように気持ちがいいのです。

 

...特に痛い所のあるわんちゃんは。

関節痛・慢性痛持ちの老犬と暮らすご家族に是非お読みいただきたい電子書籍の販売を開始しました。↓ ↓ ↓

長いことシニア犬さん達をマッサージしてきた私にとって、「痛みの緩和」は大事に思っていることの一つです。

痛みを抱えて生活するのは誰でも気分が滅入るものですよね。

 

「うちの子、最近足がおぼつかなくなってきて心配...。」

という方は、「年だから」とあきらめないで下さい。

 

痛みなく関節が動かせれば、シニアだってもっと快適に動けるのです!

まだまだ愛犬と一緒のお出かけを楽しみましょう!!

 

シニア犬の体の負担を軽くするアイデア

●シニア犬の体の負担を軽くするアイデア

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

高齢のわんこさんと暮らすクライアントさんから一番よく聞くのがこちらの二点。

最近どんどん痩せてきて、一生懸命食べさせても太らない

なかなか同じポジションで落ち着いて休むことが出来ない。

あなたのお宅のわんちゃんはいかがですか?

 

今日はそんな場合にお試しいただきたいアイデアを紹介しますね。

 

 

最近どんどん痩せてきて、食べさせても太らない


筋肉量が減る、栄養が吸収されにくくなる(=痩せる)、というのは悲しいかな老いていく過程で自然なことです。

そんな愛犬を心配して、少しでもカロリーの高いものを、とステーキを半ば半強制的に(笑)与える方は多いです。

私も、先代犬が17才の時に悪性リンパ腫になり、食欲0の状態になった時に同じことをしようとしました。

みんな、「いっぱい食べて」、「元気になって」と必死になってしまうんですよね。

でも、

食べ物を消化するには多くのエネルギーを消費する

ということを覚えておきましょう。

体が弱っている時には、

消化・吸収にエネルギーを使うより、体力温存が最善の場合もあります。

犬は本能的にそのことを分かっているような気がしますよ。

犬が食べたがらない時は「今は食べない方が良い時」なのかもしれません。

 

 

カロリーが高いものより、消化吸収されやすいもの


つい太らせたくて、

カロリーの高いもの=もっと栄養が摂れる 

と考えてしまいがちですが、高齢犬の消化機能に負担のかからないものが、結果的には体に優しいと言えます。

低カロリーで疲労回復に必要なビタミンB1、2、6、12をバランス良く含んでいます。

柔らかく煮た鱈と野菜でおじやなんていかがでしょう?

 

また、脂肪分の高い肉類はひかえて、

  • プレーン・ヨーグルト

  • バナナ

  • ささみや魚介類のゆで汁(そのまま、またはゼリーや寒天で固まらせる)

などもお試し下さいね。

 

 

なかなか同じポジションで落ち着いて休むことが出来ない


落ち着けない原因は、思考力の低下も含めて色々あるかと思います。

が、

関節周りが痛くて、何度も寝るポジションを変えている

のだとしたら、これをやってみましょう。

わんちゃんが横向きになっている時に、
腕と腿の下に、タオル、クッションなどを挿み
関節を平らに固定してやる

サイズが合えば、柔らかいおもちゃ(ぬいぐるみ)でもいいです。

※ポイントは、腕も腿も体に平行になるように高さを調節すること。

そうすることによって、関節にかかる体重が軽減されます。

高すぎても、低すぎても効果がありません。

枕を両足の間に挟んで横になると、股関節が楽ですよね?

それと同じです。

 

これからの寒い季節は、ヒート・パッド(温熱パック)などをタオルに包めば、さらに効果的です。

 

 

まとめ


  • 消化吸収されやすい食事をこころがける

  • 腕と股の下にタオルやクッションを固定して関節周りの負担を軽減する

以上、シニア犬の体の負担を軽くするためのアイデア、2点の紹介でした。

 

老犬の歩行補助の際のポイント

●老犬の歩行補助の際のポイント

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

今年もあと90日で終わり???

ホントですか...。滝汗

これからの寒い季節、慢性痛のあるシニア犬にとっては厳しくなりますね。

今日は、ちょっと気になった老犬の歩行補助について。

 

drsfosterandsmith.com(Comfort Lift Carrier)

 

愛犬に必要な力加減を見極める


1人で立ち上がれなくなったわんちゃんの飼い主さんがしてしまいがちなこと。

それは、

「もう後肢は動かないから」と、歩行補助ハーネスを付けて、

後肢を100%支えてしまうこと。

可愛そうに思って、出来るだけ負担を軽くしてやろうと、しっかり持ち上げてやる飼い主さん。

でも、そんなに助けてあげないで下さい💦

 

特に

  • ゆっくりでも動けるるわんちゃん

  • よろけてしまうけれど、歩こうとする意志のあるわんちゃん

なら、ハーネスのハンドルに手をかけているだけで十分です。

どれくらいの介助が今のあなたのわんちゃんにとって最善か、考えてみましょう。

 

やり過ぎはダメ


後肢が地面に着かないほど支えてしまうと...

  • 肢の筋肉がますます使われずに衰えが加速します

  • 後肢が前肢より高く持ち上げられるとますます前肢に体重がかかり、前肢の靭帯・腱の怪我の原因になります

そして何より可哀想だと思うのが、犬としての自然な四足歩行が出来ないストレスと、自信喪失です。

 

まとめ


犬の状態を考えて、どの程度の補助が犬にとって良いのかを見極めることがポイント。

 助け過ぎになっていないでしょうか?

 寝たきりにさせないためにも、少しでも、ゆっくりでも、

 「犬が自分で体を動かそうとする力」

を引き出してあげませんか?