散歩で出来る犬のアンチエイジング

毎日行く愛犬の散歩。

どうせならその時間にアンチエイジング・エクササイスも出来たらいいと思いませんか?

犬の足腰を鍛えればいいんだろうけど…やり方がよく分からない。

器具も揃えないといけないんでしょ?

 

そんな方のために、散歩の合間に出来る6種類のエクササイズを紹介します。

 

 

①四肢の使い方を意識させるエクササイズ(8の字歩行)

②後肢と体幹の強化エクササイズ(段差で後肢に負荷→スクワット)

③四肢と体幹の強化エクササイズ(段差で前肢に負荷)

⓸後肢と体の感覚を刺激するエクササイズ(後肢に負荷をかけて横歩き)

⑤体の感覚を刺激するエクササイズ(後ろ歩き)

⑥集中力を高めるエクササイズ(遠隔からすでに知っているコマンドを入れる)

 

 

皆さんの愛犬と過ごす時間がより意味のあるものになりますように。

ユーチューブでどんどんお勧めしたいことをシェアしていきますので、良かったらチャンネル登録をお願いします。

↓ ↓ ↓

Cockapoo Mom

 

散歩をしているのに犬の体幹を鍛える必要ってあるの?

 

という方はこちらの記事「犬の体幹を鍛える理由」も併せて読んでみて下さい。

愛犬と楽しむホットストーンの夜会♬いい感じでした

金曜日の夜会ウインク

週末に突入する前に、人も犬も一緒にまず一息入れたらいいんじゃないか..

じんわり温かなホットストーンを試してもらいながら…

そんな企画でした。

Trader Joe’s のスパークリングワインで乾杯♬

 

意外にも自分ではホットストーンマッサージを試したことがない、という方達ばかり。

 

でも愛犬の体が楽になるなら是非やってみたいという犬バカ…親心ですねウインク

 

器具を購入しなくても簡単におうちでホットストーンを用意する方法をお話し、

基本の使い方2種類を紹介。

 

大型のシニア犬の慢性痛の緩和にもホットストーンは理想的です。

 

 

 

ピンポイントで温めると効果的な7つの部位も皆さんに実際に試してもらいました。

 

小さなわんちゃんはやはり面積が小さいので石の当て方の角度など結構難しいんです。😅

 

マルチーズのEggiちゃんには最小サイズの石を使ってもらいました。

 

 

ポパイもまんざらでもないお顔だね。

 

もうすぐ10才になるToppyもホットストーンの気持ち良さに思わずニンマリ照れ

 

ライラ(チワワミックス)は ↓ Sue(写真右)が気に入ったようで...

 

終始アプローチ(笑)。

牛乳を使わないチーズやクリームチーズも美味しいとかなり好評でした。

 

皆んなでまったりしながら様々な話題に花が咲き…

 

ホットストーンの夜会は予定の終了時間をだいぶ過ぎてやっとお開きになりました。爆笑

 

次回は4月下旬の予定です。

【20% OFF】電子書籍クリスマス・セール

● 【20% OFF】電子書籍クリスマス・セール

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

今年も残りあと1ヶ月を切りましたね。💦

やり残したことは沢山ありますが、

それは一旦忘れて(笑)、

12月ですもの。

クリスマス・セールのお知らせです。

 

12月3日~28日
(日本時間)
電子書籍20%オフ

 

元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

8、500円 6,800円 

 

 

老犬の関節痛を和らげる温活マニュアル

1,900円 1,520円

 

 

どうぞこの機会にご検討下さいね。

 

 

犬に砂の上を歩かせると良い理由

●犬に砂の上を歩かせると良い理由

 

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

今年の夏はいかがでしたか?

愛犬と海に出かけて楽しい時間を過ごした方も多いのではないでしょうか。

 

海辺を歩いたり、走ったり、泳いだり、遊んだり...

わんちゃんにとって良い気分転換ですよね。

でも実はただ遊んでいるだけではないのです。(笑)

 

砂の上を歩く、ということ


平らなコンクリートの上を歩く時、わんちゃんはそれほど肢を使わなくてもチョイチョイっと歩けてしまいます。

でも砂の上では、嫌でも四肢をしっかり引き上げなくてはなりません。

この時、自然に膝の屈伸が出来るのです。

 

膝のゆるいわんちゃんに最適


膝がゆるい(膝蓋骨脱臼)わんちゃんは特に、

膝関節を曲げずに歩く習慣が出来ています。

「肢を棒みたいに真っ直ぐ伸ばしたまま歩いているなぁ。」

と思ったことはないでしょうか?

膝の靭帯が外れないように庇っているのでそんな歩き方になるのです。

 ですから砂の上を歩かせて、より深く膝の曲げ伸ばしが出来るととても良いトレーニングになります。

※膝蓋骨脱臼グレード3、または4と診断されている場合は無理に運動させないで下さいね。

 

膝のゆるいわんちゃんだけでなく、普段から運動量の少ないわんちゃんにも良いですよ。

膝の屈伸を普段からしていないと、腿の筋肉も衰えやすいからです。

 

休息はしっかりと


砂の上を沢山歩いた日は、いつもよりしっかり筋肉を使っているので体も疲れています。

様子を見て、翌日の散歩はごく短めにするか、なしにするかして、しっかり休ませて下さいね。

疲労物質が体に充満している状態で運動させ続けても、疲れが蓄積するだけです。

 

まとめとして


  • 砂の上を歩かせることで、自然により深く膝の屈伸運動をさせることが出来る

  • 膝の屈伸運動は、腿の筋肉の衰えを防いでくれる

 

愛犬と浜辺を歩きたくなってきましたか~?(笑)

「そう簡単に出かけられないのよね」

という方は、近所の少し背の伸びすぎた芝生の上を歩かせてみて下さい。

同様の効果がありますよ。

 

 

 

愛犬6才時の選択で毎日がグンと楽しくなったご家族の例

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのことでは

何かが起こってから対処するのではなくて、

今からコツコツ始めることで愛犬の老後の生活の質(QOL)が上がりますよビックリマークビックリマーク

というメッセージを伝えています。

 

今日はそれを実践されて、愛犬の毎日が変わった、とおっしゃる飼い主さんの例をご紹介しますね。

 

腰椎に関節炎がある元保護犬のジェニー(6才♀ピットブル)

ご家族は、今年の2月に動物病院でマッサージを取り入れることを勧められます。

それ以来毎月一回のセッションを続け、自宅では地道にワークをこなしています。

なぜだと思いますか?

それはご家族が、ジェニーの将来を見越して、

「今、出来る事を始めておけば、シニアになった時に幸せ度がきっと違う」

と考え決心されたからです。

 

ジェニーの未来に投資して行動を起こしたんです。アップ

 

すると、どうなったか。

 

痛いとベッドの下へ潜って出てこなかったピットブルがアクティブ・ガールに大変身♪

 

 

もし抗炎剤、痛み止めを与えるだけでアクションを起こさなかったとしたら、数年後にどうなっているか想像してみましょう。

【これまで】

  • 痛いとベッドの下へ潜って出てこなかった

  • 長く歩けないので、同居犬たちと一緒に散歩を楽しめない

【数年後...】

  • 正しく使えていない筋肉が衰え、庇って酷使している筋肉、靭帯を痛めているかもしれません

  • 運動量の低下、加齢でますます歩行がぎこちなくなっているかもしれません

  • 自分だけ楽しく走ったり、遊んだり出来ないので、自身を失い、ますますベッドの下で孤立しているかもしれません

でも6才の現在、ご家族が決心し、行動に出たことで、ほんの数ヶ月の間にジェニーには成果が表れていますアップ

長年の流し座りも、だいたい3割ぐらいの確率で正しく座れるようになってきました。

ディスクの上でも体幹を使い、何とかおしりを着かずに座ってバランスを取っていますチョキ

 

自信が出てきて、毎日が楽しくなったジェニー。

 

あなたも今から始める決心をしてみて下さいね。

数年後、あなたの愛犬も若々しく素敵に年を重ねているはずです。

もうシニアのわんちゃんも、あなた次第で変えてあげられることが沢山ありますよ。