犬の体幹を鍛える理由

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

犬も体幹を鍛える必要がある。

その理由はズバリ、怪我予防です。

 

 

なぜ体幹を鍛えると怪我予防になるのか?

犬の体幹とは、人間と同じく、字の通り「体の幹」ですね。

四肢を除いた体の中心部分のことです。

コア・マッスルとか、インナー・マッスルとも言われます。

 

背中、お腹、肩、腰の周りの筋肉は、

表層筋(手で届く筋肉)と、

深層筋(手で届きにくい、または届かない)

に分かれます。

 

表層筋は身体を動かす筋肉。

深層筋は身体の中心を支える筋肉。

 

体幹と呼んでいるのは、体を支える筋肉(深層筋)の方です。

 

四足で歩くわんちゃんは、普段深層筋を使わなくても簡単に大抵のことは出来てしまいます。^^

逆に言うと、関節周りの表層筋ばかり酷使しているので、沢山コリがあるわんちゃんが多いんです。

関節周りが凝っているため動かしにくく、身体を支える力に欠けると一体どうなるでしょう??

後ろ足でぴょんぴょんしてはしゃいだり…

ジャンプして空中でボールをキャッチしたり…

ベッドから飛び降りたり…

床で滑って転んだり…

 

毎日のこうした積み重ねで疲れてコリ固まった筋肉は柔軟性がないので、とっさの場合、身体を守れません。

体幹(体を支える筋肉)が弱ければなおのこと体勢を崩しやすくそれが大怪我に繋がりやすいんです。

激しいワンプロにも体を支える筋肉がないとね…

だから体幹(体を支える筋肉)を鍛えれば怪我予防になるというわけです。

 

 

怪我は普段のケアで防げる

 脊椎損傷、椎間板ヘルニア、前十字靱帯損傷などをするわんちゃんは多いですが、日頃から気をつけてあげることで予防出来ることも沢山あります。

以下の二点を考えてみて下さいね。

  • 怪我をしないような環境作り
  • 体幹トレーニングによる強い体作り(とっさの場合の怪我の軽減)

 

あなたのわんちゃんは大丈夫ですか?

 

犬のジャンプによる怪我を防ぐ3つのポイント

●犬のジャンプによる怪我を防ぐ5つのポイント

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

最近は「ツルツルの床は犬の足腰に良くない」という認識もかなり浸透してきて、滑り止めマットやカーペットをお使いの方もたくさんいらっしゃいます。

とても良いことですよね!

今日はそれに加えて、「ジャンプによる怪我」を防ぐための3つのポイントをまとめておきますね。

 

ジャンプによる怪我を防ぐ3つのポイント


1.ボールなどを高く投げて、空中でキャッチ→着地させない

 

ジャンプ、特に飛び降りることは、関節に体重をかけて酷使することです。

それを長年繰り返していると、滑液包(関節周りにある組織を守る袋状のクッション)が炎症を起こしたり、靭帯を痛める原因になります。

 

ボールは低めに投げて高くジャンプせずにキャッチできるようにしてみましょう。

ディスクをするわんちゃんは日頃からのケアと、練習と練習の合間に十分な休息が必要です。

 

2.段差にはステップやスロープを

ソファやベッドにステップを置いている方は多いですが、それ以外にも段差は結構あるかもしれません。

日本は「家の中から庭へ出る際に段差がある」お宅が多いのではないのでしょうか。

外へ出る度にジャンプを繰り返しているなら、こんなスロープ(またはステップ)を取り付けてあげるといいでしょう。

↓ ↓ ↓

 

 

3.興奮時の垂直飛びには「伏せ」させる

 

食事の前や、遊んでいる時など、興奮すると高く何度もジャンプを繰り返すわんちゃんも多いですよね。

ジャンプし始めたら、すぐに「伏せ」のコマンドを入れてみましょう。

「伏せ」を知らないわんちゃんが、あなたにアプローチする形でジャンプしているなら、後ろ向きになって無視して興奮を収めてみましょう。

外でフリーで遊んでいる時なら、一旦リードをつけて落ち着かせましょう。

 

 

まとめ


ジャンプによる怪我を防ぐには、

 

* ボールを高く投げて空中でキャッチさせない

* 家周り(庭も含め)段差がある所にはスロープかステップを設置する

* 興奮して垂直飛びをする場合は、「伏せ」、「顔を背けて無視」、または「リードを付ける」ことで落ち着かせる

 

滑るのも関節に負担になりますが、ジャンプも同様です。

あなたのわんちゃんのためにも改善出来る点がありそうですか?