後ろ足に関する感覚を刺激するマッサージ

今日はハワイでドッグトレーナーをしておられるTNさんから頂いたおたよりを紹介します。

 

私が今、一番知りたいのは、足、特に後ろ足に対するbody awarnessをあげる/キープするマッサージです。

私が見た感じだと、自分の手足に対する意識がはっきりしている犬、後ろ足の蹴りが良い犬は、前足もしっかり上がり、引きずることなく、歩き方も比較的しっかりしています。

さらに爪切りや手足を拭くことに対して、好きではなくてもパニックしてしまうことが少ないように見受けられます。

また、クライアントさんの都合で毎日、お散歩に行けないシニア犬も多く(行っても、おトイレのみで、歩くのはコンクリート。歩くのもゆっくりなので、あまり距離を歩く時間がない。特に今の時期は暑いので余計に。)そういう犬たちに出来るマッサージがあれば知りたいです。

TMさんのおっしゃる通り、四足歩行の犬たちにとって前肢付近にかかる負担は大きく後肢に関する意識は薄れがちです。

今日はリラックス効果のあるマッサージとは逆に、筋肉に刺激を与え、体に関する意識が活性化される「叩打法」を紹介します

 

叩打法

やり方はこちら ↓ ↓

 

 

Body awareness(体に関する感覚)を錆びつかせずにキープするには、マッサージだけでなく、

 

①自分の体のサイズ、向きを意識する感覚

②関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚

 

を普段から継続的に刺激してあげる必要があります。

 

お散歩中にちょっとしたルーティーンを取り入れたり。

家の中で簡単なエクササイズやストレッチをしたり。

 

それらについては、こちらに詳しく書いています。
↓ ↓ ↓

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

【動画】散歩が出来ない時の退屈&運動不足を解消!愛犬のための頭と体の体操

 

 

こちらの 過去の記事も読んでいない方はご参考までにどうぞ。
↓ ↓ ↓

「うちの子の後ろ足って凝っていますか?」

 

うちのドゥーイー(コッカープー♂8才)は体の使い方が決して上手い方ではないのですが、時間をかけてやればやるだけ、後足に関する意識が強まって動きが違ってきます。

 

足の引き上げも屈伸もなかなかいい線いってるでしょ?^^

 

また、テリントンTタッチもご興味があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tタッチはマッサージではありませんが、behavior modification だけでなく、body awarenessにも効果大だと感じています。

「うちの子は元気で走り回っているから大丈夫です」

●「うちの子は元気で走り回っているから大丈夫です」

 

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

沢山の知らないわんちゃん達が集まるドッグパークなどに行くと、いつも複雑な思いで帰ってきます。あせる

歩き方のおかしい、または明らかに痛そうにしているわんちゃんが一杯だからです。

 

久しぶりにガールフレンドのレイアちゃん(右)と。
知らないチワワさんと何やら真剣に対応中のドゥーイー(中央)ウインク

 

走っているから大丈夫?!


よく耳にするのが

「うちの子は元気に走り回っているから大丈夫です。」

...本当にそうでしょうか?

 

 

歩き方の種類

 

3本の足が地に着いている状態を

常足(なみあし) - ウォーク と言います。 これが歩いている状態。

 

前肢を1、2 (右・左) 着いてから、 後肢を同時に蹴るのを

駈足(かけあし) -キャンター と言います。

暴れん坊将軍の馬の足音を思いだしてみてね。

パカパッ パカパッ 馬 っていう歩様です。

 

後肢に違和感・痛みがある時、 速く動きたい時、犬は好んで駈足(かけあし)をします。

 

 

 

駈足(かけあし)したくなる理由


痛いなら、なぜ走るのでしょう?

それは単純に、駈足の方が滞空時間が長いからです。

 

体重をかけると痛い場合、

膝関節を曲げると痛い場合、

後肢を左右、地にしっかり着くより、ホップ、ステップしていた方が楽なのです。

 

...人と一緒ですよね?

 

観察が大事


うちの子は大丈夫、と思いたい(心配させられたくない)という方もいらっしゃいます。 

こんなこともありました。→ 本当に知りたくない!?【膝蓋骨脱臼】

 

でも、見て見ぬふりをしたり、「走っているんだから問題なし」と安直に考えていると、大事なことを見逃しているかもしれません。

あなたの愛犬が辛抱強く、痛みとつきあっているかも!!

 

普段から体の動かす様子をよく観察して、少しでも多く気付いてあげられる飼い主でいましょうね。

 

ビビリちゃんの体はこうサポートする!

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

あなたの周りにビビリちゃんがいますか?

うちにもいるんですよ、興奮しやすい方が...。爆  笑

 

 

犬が興奮している時の体勢

  ギャン ギャン ギャンドンッメラメラ爆弾 (あっちいけーーー)状態の時、

後肢に注目してみて下さい。

こんな風に後肢を大きく広げて踏ん張っていないでしょうかはてなマーク

 

普通に立っている時とは違うのが分かりますか?

頭のポジションも、尻尾の緊張感もね。

 

 

これは、

犬が緊張した時、体重が後肢にシフトするからです。

 後肢にぐっと体重をかけ、いつでもアクションを起こせる状態なのです。

 

こんな風に後肢を強張らせていると、当然ですが筋肉が凝ってしまいます。あせる

毎日長時間PC画面に向かっている人の肩がバリバリに凝ってしまうのと同じですね。

 

「うちの子が正にそうだわ...笑い泣き

という方は普段から少し気を付けてあげるといいかもしれません。

 

筋肉の強張りをこまめにケア

 たとえば...

・ぬるま湯の中でやさしくマッサージする

(シャンプーする時なんかが丁度良いですね。)

 

ヒートパッドを硬い部位(内腿、腰など)に当てる

(暑い時に...と思うかもしれませんが、温めることは痛みの緩和に最適です。)

 

犬に負担をかけないポジティブ・トレーニング

そして、何といっても一番良いのは、

犬が不必要に緊張しないように

普段から人が誘導してあげること

ではないでしょうか

すでに人、犬、音、などに反応し、興奮状態にあるなら...

ワンちゃんを無理やり

「大丈夫だから」

とその場に留まらせたり、叱ったりするのはやめましょうね。

 

右矢印 出来るだけ早くその場を立ち去りましょう。

 

普段からコツコツトレーニングと体のケアをして、犬の心にも体にも負担をかけずに、楽しく過ごさせてやることが出来るようにしたいですねビックリマーク