犬の体幹を鍛える理由

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

犬も体幹を鍛える必要がある。

その理由はズバリ、怪我予防です。

 

 

なぜ体幹を鍛えると怪我予防になるのか?

犬の体幹とは、人間と同じく、字の通り「体の幹」ですね。

四肢を除いた体の中心部分のことです。

コア・マッスルとか、インナー・マッスルとも言われます。

 

背中、お腹、肩、腰の周りの筋肉は、

表層筋(手で届く筋肉)と、

深層筋(手で届きにくい、または届かない)

に分かれます。

 

表層筋は身体を動かす筋肉。

深層筋は身体の中心を支える筋肉。

 

体幹と呼んでいるのは、体を支える筋肉(深層筋)の方です。

 

四足で歩くわんちゃんは、普段深層筋を使わなくても簡単に大抵のことは出来てしまいます。^^

逆に言うと、関節周りの表層筋ばかり酷使しているので、沢山コリがあるわんちゃんが多いんです。

関節周りが凝っているため動かしにくく、身体を支える力に欠けると一体どうなるでしょう??

後ろ足でぴょんぴょんしてはしゃいだり…

ジャンプして空中でボールをキャッチしたり…

ベッドから飛び降りたり…

床で滑って転んだり…

 

毎日のこうした積み重ねで疲れてコリ固まった筋肉は柔軟性がないので、とっさの場合、身体を守れません。

体幹(体を支える筋肉)が弱ければなおのこと体勢を崩しやすくそれが大怪我に繋がりやすいんです。

激しいワンプロにも体を支える筋肉がないとね…

だから体幹(体を支える筋肉)を鍛えれば怪我予防になるというわけです。

 

 

怪我は普段のケアで防げる

 脊椎損傷、椎間板ヘルニア、前十字靱帯損傷などをするわんちゃんは多いですが、日頃から気をつけてあげることで予防出来ることも沢山あります。

以下の二点を考えてみて下さいね。

  • 怪我をしないような環境作り
  • 体幹トレーニングによる強い体作り(とっさの場合の怪我の軽減)

 

あなたのわんちゃんは大丈夫ですか?

 

犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

●犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

これまで、

「何かが起こってから、またはシニア犬になってから、何かをするのではなくて、元気なうちからメンテナンスを続けることで、犬に老後、質の下がらない生活をさせてやることが出来る」

ということをお伝えしたい、と思ってやってきました。

Reactive(事が起こってから)

ではなく、

Proactive(先を見越して)

ニキビケアの話じゃありませんよ~。(笑)

 

この気持ちは今も変わりません。

でも今現在、

  • シニア期を迎えて、色々なことが出来なくなってきた

  • 生涯つきあっていかなければならない疾患がある

こういうわんちゃん達がたくさんいるのも事実です。

 

今すぐ必要な緩和ケア


インスタグラムでちらっと報告しましたが、私、コールド・レーザー(低出力レーザー)をサービスとして取り入れることにしました。

コールド・レーザーは、「今ある問題」を「緩和」する、という意味では非常に効果大だからです。

以前、愛息ドゥーイー(7才♂コッカープー)の調子が悪かった時にやってみて良いと感じましたし、クライアントさんや、カイロプラクターの先生にも勧めらて決心出来ました。

 

主に炎症を抑える目的で使われ、犬に出来ることはかなり広範囲です。

● 前十字靭帯の怪我

● 滑液包炎(関節の酷使)

● 股関節形成不全

● 肢端舐性肉芽種(舐めグゼ→脱毛→細菌感染)

● 関節炎

● 腱鞘炎

●老年性の関節の硬直

● 腰痛

● 術後の細胞再生

● ホット・スポット(痒みを伴う表在性膿皮症)

● 中耳炎

● 腎不全

ざっと挙げてみただけでもこんなにあります。

代謝を高める、という点ではマッサージと同じですが、深層筋肉まで早く到達出来るのでとっても効率的。

だからこんなわんちゃん↓↓↓にはぴったりです。

  • 体を触られるのが苦手

  • じっとしているのが苦手

  • 体力が落ちているためマッサージが負担になる老犬

 

また、ホット・スポットなど痒みがある時、マッサージは適当とは言えません。

血行が良くなるとますます痒みが増してしまうから。

でもコールド・レーザーなら皮膚を刺激することなく炎症を抑えられます。

 

あまり期待していなかったのに、予想以上に効果的だったのが腎不全の症状。

うちの愛娘、エンジェル(この秋16才♀)

最近は食が細くなり、あれはイヤ、これもダメとなかなか難しいお嬢さん。

スプーンで口に持って行くとやっと食べる感じでした。

ところが、レーザーを始めてから自分でごはんを催促するようになりました!

腎臓の萎縮してしまった部分が元に戻ることはないだろうと思いますが、毎日食べて遊んでくれるのが嬉しいです。

 

 

まとめ


という訳で、

今問題のあるシニア犬や疾患のあるわんちゃんのために効果的な緩和ケアを、

そして、

今は元気なパピーや成犬のために将来を見越して今から始める予防・未病ケア

提供・提案していきますね。

両方必要ですものね。

よろしくお願いします。おねがい