愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【背中】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

怪我予防のための簡単ストレッチ法シリーズ、

これまでに【首】と【前肢】が終わりました。

3回目の今日は、

背中のストレッチ

です。

 

こちらの動画からご覧ください。

 

 

コツを掴もう

このストレッチ法の原理・やり方はとても単純です。

が、力加減に少しだけコツが要ります。

また、犬が

「地に肢を着こうと体を伸ばしている時の感覚」

を覚える必要があります。

一度やってみただけでは実感が湧かないかもしれません。

少しずつでも続けてみて下さいね。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【前肢】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法シリーズ。

前回は、

首のストレッチ

↓ ↓ ↓

https://k9therapeutics.com/jp/2018/01/01/health-benefit-of-stretching-for-dogs-neck/

でした。

今日は

前肢のストレッチ

です。

こちらからご覧下さい。

↓ ↓ ↓

 

この方法を考えた理由

マッサージをする際に前肢を触られるのを

嫌がるわんちゃんはかなりいます。

これには、いくつかの説がありますが、一般的なのが

「犬の前肢は急所」説です。

四足歩行の動物は、人と違って背骨が平行ですから、

自然と体重が上体にかかります。

前肢は上体を支えるにも、走るにも

なくてはならない重要な部位なのです。

そこで、犬同士が戦う場合、犬は相手の前肢に噛みつき、まず相手の歩行を阻止しようとする、といいます。

それで、前肢に近づいたり、触られたりするのを

嫌がる習性がある、というのです。

私は専門家ではないので、その説が正しいのかどうかは

分かりませんが、

「触られるのが苦手な犬は多い」と、

個人的な経験から思います。

 

「犬に負担を与えずにボディワークをする」

ことは私の信条ですので、

 

「オテ」という慣れた行為を自分の意志でさせ →

→ そこからストレッチに持って行く

という流れにしてみたのです。

 

 

 

今回は肩関節のみ

 フィジカル・セラピーの現場で行うストレッチは通常、肩だけでなく、肘と手首も同時に行います。

が、

  • ご家庭で怪我予防のためにするストレッチであること

  • 前肢を触られるのが苦手なわんちゃんが多いこと

を考慮して、肩関節だけにフォーカスしています。

犬の肩は非常に重要なので、ここをマメにストレッチする習慣がつくと、将来の愛犬の歩きに大きなプラスになります!

是非お試し下さい。

 

次回は、

③背中のストレッチ

です。

お楽しみに。

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【首】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法シリーズ。

前回は、

安全に犬をストレッチするための注意点

https://k9therapeutics.com/jp/2017/12/30/safety-protocols-for-stretching-your-dog/

をお伝えしました。

 

今日から実際のストレッチを紹介していきます。

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

①首のストレッチ
↓ ↓ ↓

ポイントは、

  • 犬を誘導する手の動きはゆっくり

  • やり過ぎない

これに尽きます。

 

犬を誘導する手の動きはゆっくり

 

一般的に犬は、早い動きには興奮しやすいものです。

筋肉と靭帯を安全にストレッチさせるためには、動きは遅ければ遅いほどいいのです。

※じっとしていない、興奮しやすい場合は声のトーン、ボリューム、話す速さ、体の動きもぐっと下げてあげると落ち着きやすいです。

 

 

やり過ぎない

これは、ストレッチさせる範囲(動きの角度)にも、ストレッチをホールドさせる長さ(時間)にも言えることです。

無理せずゲーム感覚で継続出来ることが理想です。

 

次回は、

前肢のストレッチ

です。

どうぞお楽しみに♬

犬にストレッチが良い理由

犬にストレッチが良い理由

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

「愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ方法」シリーズ。

今日はその第一回目としまして、

ご家庭でストレッチをすることをお勧めする理由からお話ししていきますね。

 

 

ストレッチの必要性

 

ストレッチは人も動物も無意識にやっている自然な行為です。

皆さんのわんちゃんは、

日常的に前肢を伸ばしたり、

後肢を伸ばしたりしているでしょうか?

 

頭から尻尾の先までプルプルプルっとシェイクすることが出来るでしょうか?

日常的に出来ていれば、理想的です。

でも実際は、犬が十分にストレッチしていない、または自ら出来る状態にない場合が多々あるのです。

例えば...

ー 散歩があまり好きではなくて、長時間同じ格好で丸まって寝ていることが多い。

ー 冬は外に出たがらない。

ー 歩くのが遅くなってきた。(加齢)

ー ヘルニア、靭帯の怪我などのせいで、体の一部を庇っている。(または完治してからも庇うクセがついている。)

ー 胃腸が弱く、背中を丸めていることが多い。

 

などなど。

そのような場合、犬がストレッチ出来る(または自らしようとする)のは体の一部に限られてしまいます。

歩きがままならなくなってきた老犬であれば自分でストレッチするのはほぼ不可能になります。

 

そこで人が介入し、ストレッチするように促す、またはストレッチを介助する必要があるのです。

 

なぜそこまでしてストレッチさせる必要があるのでしょうか?

 

ストレッチの身体的効能

 

身体的な主な効果は以下の4つです。

  • 血管が拡張される
  • 筋肉細胞が強化される
  • 細胞にハリをあたえる
  • 靭帯、軟骨を柔軟にする

血管が拡張されると、血液の流れが良くなり、

血液の流れが良くなれば、体の各部位に必要な栄養がi行き渡り、

怪我・疾患などの早期回復が望めます。

また細胞全体にハリが出て、靭帯、軟骨が柔軟になるということは、

体を動かしやすくなり、

怪我をしにくくなる、ということです

いかがですか?

ストレッチするだけの価値があると思いませんか?

ストレッチは実は体に良いだけではないのです。

 

脳の活性化

自分の体の位置、サイズを意識したり、

関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚のことを

固有受容感覚といいます。

この感覚があるおかげで、わんちゃん達は

どのくらいジャンプすればソファに上がれるか、とか

障害物をまたぐのにどのくらい足を上げればいいか、

などが分かるのです。

常に脳が瞬時に処理していることですが、加齢と共にこの感覚は錆びついてきます。

が、体を曲げ伸ばしする(ストレッチする)ことによって、この固有受容感覚を刺激してあげることが出来るのです。

 

 

脳が活性化され、自分の体のサイズ、位置、関節の曲げ伸ばしに関する感覚がはっきりしている、ということは...、

シニア期になっても

より筋肉を維持することが出来、

認知症を予防・遅らせることが出来る

ということでもあります。

 

まとめ

なぜ皆さんにストレッチをお勧めするのか、お分かりいただけたでしょうか? 

 

まとめると、

●犬が自然にストレッチするのが理想だが、実際には出来ていないことが多いので人の助けが必要

●ストレッチは血管、細胞を丈夫にし、体を柔軟にしてくれ、さらには脳の活性化に繋がる

と、いうことをお伝えしました。

やってみようかな、と思っていただけたでしょうか...?

 

 

次回は、安全にストレッチするための注意点

について書いていきます。

お楽しみに♬