犬のがに股には二種類ある

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

人も犬も、体の形っていろいろですね。

愛犬と暮らす方にとって犬の後ろ足というのは、気になるところではないでしょうか?

今日は犬のがに股には二通りあるというお話。

ちなみに「がに股」ってこんな感じ ↓ 

(下手くそな絵でごめんなさい。)

 

生まれつきのがに股

生まれ持った足つきががに股の場合があります。

例えば、牧羊犬などにはがに股が多く見られます。

高スピードで回り込む動きにはがに股でなくては...

という説を唱えるブリーダーもいますが、本当のところはどうなんでしょうか。

個人的にはAKC(アメリカン・ケンネル・クラブ)やJKC(ジャパン・ケンネル・クラブ)の定める「正しいカタチ」というものには興味がありませんが、これらの団体では、「ガニ股」ってUnattractive(見てくれがよろしくない)とジャッジされます。

※ちなみにO脚もダックス、バセットハウンド、コーギーに限ってはスタンダートと認められていますが、それ以外の犬種はNGです。

ではもう一つのがに股とは・・・?

 

生活習慣によるがに股

 例えば、膝のゆるい(膝蓋骨脱臼)わんちゃんで、靭帯が内側にずれるのを防ぐことがクセになってしまっていると、ガニ股になることが多いです。

ドゥーイー(コッカープー♂8才)も若い頃、膝の使い方が弱く、膝蓋骨脱臼グレード1ぐらい?と言われていました。

結局6才の時の検診で靭帯がしっかり固定したことが分かったのですが、それでも体の使い方のクセはまだあり、右足ががに股になりがちなんです。

これは5才ぐらいの時ですが、 ↓ 右後ろ足がずいぶんガニ股になっているでしょ?

 

病気、または体の使い方のクセによって足の向きが変わった状態が、生活習慣によるがに股です。

 

あなたのわんちゃんはどっち?

生まれつきがに股で、痛みがあるわけでもなく、生活に何の支障もなければ勿論そのままでいいんです。

でも...

生まれつきのがに股なのか?

生活習慣によるガニ股なのか?

その違いは見極めておいた方がいいと思います。

 

膝蓋骨脱臼の例で言えば、靭帯が内側へずれるのを防ごうとするために足が外を向き、内腿の筋肉が引っ張られている状態なのであれば、筋肉の強張りをとってあげる、ということが出来るからです。

あなたのわんちゃんががに股なら、どちらか考えてみて下さいね。

 

がに股で、腿の内側の筋肉が凝っているなら、こちらも読んでみて下さい。

【膝蓋骨脱臼】がに股の犬の内腿を緩めるマッサージ