愛犬6才時の選択で毎日がグンと楽しくなったご家族の例

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのことでは

何かが起こってから対処するのではなくて、

今からコツコツ始めることで愛犬の老後の生活の質(QOL)が上がりますよビックリマークビックリマーク

というメッセージを伝えています。

 

今日はそれを実践されて、愛犬の毎日が変わった、とおっしゃる飼い主さんの例をご紹介しますね。

 

腰椎に関節炎がある元保護犬のジェニー(6才♀ピットブル)

ご家族は、今年の2月に動物病院でマッサージを取り入れることを勧められます。

それ以来毎月一回のセッションを続け、自宅では地道にワークをこなしています。

なぜだと思いますか?

それはご家族が、ジェニーの将来を見越して、

「今、出来る事を始めておけば、シニアになった時に幸せ度がきっと違う」

と考え決心されたからです。

 

ジェニーの未来に投資して行動を起こしたんです。アップ

 

すると、どうなったか。

 

痛いとベッドの下へ潜って出てこなかったピットブルがアクティブ・ガールに大変身♪

 

 

もし抗炎剤、痛み止めを与えるだけでアクションを起こさなかったとしたら、数年後にどうなっているか想像してみましょう。

【これまで】

  • 痛いとベッドの下へ潜って出てこなかった

  • 長く歩けないので、同居犬たちと一緒に散歩を楽しめない

【数年後...】

  • 正しく使えていない筋肉が衰え、庇って酷使している筋肉、靭帯を痛めているかもしれません

  • 運動量の低下、加齢でますます歩行がぎこちなくなっているかもしれません

  • 自分だけ楽しく走ったり、遊んだり出来ないので、自身を失い、ますますベッドの下で孤立しているかもしれません

でも6才の現在、ご家族が決心し、行動に出たことで、ほんの数ヶ月の間にジェニーには成果が表れていますアップ

長年の流し座りも、だいたい3割ぐらいの確率で正しく座れるようになってきました。

ディスクの上でも体幹を使い、何とかおしりを着かずに座ってバランスを取っていますチョキ

 

自信が出てきて、毎日が楽しくなったジェニー。

 

あなたも今から始める決心をしてみて下さいね。

数年後、あなたの愛犬も若々しく素敵に年を重ねているはずです。

もうシニアのわんちゃんも、あなた次第で変えてあげられることが沢山ありますよ。

痛いとベッドの下へ潜って出てこなかったピットブルがアクティブ・ガールに大変身♪

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです

早いもので、ジェニー(ピットブル♀6才)の月x1のセッションも4回目。

ユニオン・シティーの動物病院、UNI Pet Clinc での施術です。

とびっきりの笑顔を見せてくれるジェニードキドキ

 

 

ご家族によるジェニーの様子

すぐに座り込んでしまう

・2頭の同居犬たちと一緒に散歩を楽しめない

・痛そうにしていることが多く、ベッドの下へ潜って出てこない

先生のご診断

  • 腰椎に重度の関節炎有り

  • 膝蓋骨脱臼ー現在、症状なし(レスキューされた当時、膝蓋骨脱臼とされていた)

  • 股関節ー異常なし

 

 

ご家族が望んでいること

  • 薬に頼り過ぎずに痛みをなくしてやりたい

  • たとえ他の2頭のように沢山歩けなくても、ジェニーが毎日楽しく過ごせるようにしてやりたい

ということでした。

マッサージで痛みの緩和を助けながら...

 おうちでも痛みのケアをしていただき...

 関節の負担を軽くしていくために体幹トレーニングも取り入れ...

同時に多角的にアプローチする必要がありました。

 

これは匙加減がとっても重要で、

 

  • どれくらいの痛みがどこにあるのか?
  • 本当に現在ある痛みなのか?(それとも経験による痛みの記憶?)
  • どれくらいのトレーニングが適当なのか?

 

ということを慎重に見ていかなければなりません。

トレーニングが適切でない場合も多々ありますから、皆さんも安易に「鍛えなきゃ~」と無理な運動はさせないで下さいねあせる

 

さて、ジェニーですが、食べることに目がないことも手伝ってエクササイズを喜んでしてくれるようになりました。

 

体幹半腱様筋を鍛えているなんてつゆ知らず...

沢山褒められて、このドヤ顔照れ

ご家族も大変熱心で、エクササイズ用器具やその他のケア用品を紹介すると、あっという間にオーダーされます。拍手

そうして現在では、

今まではこの子だけ長い散歩に連れて行けないことが不憫だったけれど、今は室内でするエクササイズをとても楽しんでいます。

ベッドの下へ潜ることもほとんどなくなりました。

と言っていただけています。クラッカー

最近では減量にも成功して、調子もアップなジェニー。

先生によるとお膝が外れる様子はない(膝蓋骨脱臼の症状なし)そうですが、まだ流し座りは残っています。 汗

腰椎の痛みがかなり影響していることは確かですが、クセもあるのではと思っています。

 

痛みや不快感を経験すると、それを庇う動きに慣れてしまって、習慣化してしまいます。

 

これからの課題は、

痛みの緩和ケアを継続するとともに、

 

ジェニーに正しい体の使い方をもう一度思い出させる

ことかな~、と思います。