【犬の靭帯の怪我や痛み早期発見ポイント】つま先

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

先日、左後肢の靱帯結合手術をしたパドマちゃんのマッサージをしました。

おうちの方がこんなことを仰っていたのが印象的でした。

 

家に迎えてからずっと左の後ろ足が小さいなぁ、と思ってました。

「えええぇー」と思うと同時に「なるほどー」となんだか納得してしまった私。^^;





パドマちゃんを家に迎えてから約9ヶ月。

元気で散歩の時も全く変わった様子もなく、いくらでも歩きたがったそうです。

でもひとつ、ぼんやり覚えているのが左の後ろ足が小さいなぁ、ということ。

そしてある日突然、左後肢を全く着けなくなり、診断の結果、靱帯が完全に断裂していたそうです。

これを聞く限り、パドマちゃんを引き取った時にはすでに怪我をしていたのではないかと思います。

左後肢のつま先が小さく見えたのは、

その肢に体重をかけていなかった

せいでしょう。

 

 

日頃からつま先を観察する

犬が普通に立っている時のつま先とはどんなふうでしょう?

イメージできますか?

しっかり5つの肉球が地に着いています。

体重をかけられない理由がある場合は、ほんの先だけ地に着いています。

また、肉球側から見て、その擦り切れ具合によって、どこに体重をかけているかが分かります。

ほんの数秒なら別ですが、

継続的に特定の肢に体重をかけていないのなら、その肢に痛みがあると予想できます。

靱帯は小さな亀裂が入った状態であれば、自然に傷が治るのを待つのが一般的です。

でも毎日の運動の積み重ねで、その亀裂が少しずつ大きなっていき、パツンと完全に切れてしまうと手術するしかありません。(≧д≦)

ですからなるべく早く気付いてあげたいのです。

でもパドマちゃんのように痛みを隠すのが上手で、元気にいくらでも遊びたがると、見逃してしまうのも無理はない気がします。

彼女は特に痛みに強いようでした。

 

「どうにでもしてぇ~」なパドマちゃん。^^

この日マッサージするのがこのわんちゃんとは知らずに病院の待合室で既に仲良しになっていた私達。*^^*

 

手術後のわんこさんはとーーってもセンシティブになっていますから、触られるのを拒むものですが、大らかでとっても優しいパドマちゃん。

こんなパドマちゃんだから、多少の靱帯の亀裂も我慢してしまい、ご家族も事の重大さに気が付かなかったのでしょう。

 

 

怪我や痛みをすぐに発見するために

  •  散歩の時にあらゆる角度から歩く様子をチェックしましょう。(足を引きずっている?うさぎのようにピョンピョン跳ねる?)

  • どの肢に体重をかけているのか、いないのか、つま先を見て考えてみましょう。

  • 犬がどんなに元気で、走り回れたとしても、痛みの程度を知る判断材料にはならないことを覚えておきましょう。(犬は痛みを隠すのが上手です。)

 

 

参考

スタンス・アナライザー(Stance analyzer)というものがあります。

これは犬が体重を四肢のどの部分にどれだけ分散しているかを数値化してくれる機械なんですよ。

↓ ↓

このわんちゃんは、左前肢に前体重の24%、右後肢に21%、右前肢に38%、そして左後肢に17%を分散しています。

このデータからどういうことが言えるでしょうか?

左後肢に17%しか体重をかけていないということは痛みがあるのでしょう。

そしてそれを庇うため、右前肢に38%もの体重がかかっています。

左前肢と右後肢にほぼ均等(24%、21%)に体重が分散されているのと対照的です。

こんなふうに痛みの場所が絞られると、レントゲンやMRIなども特定の部位のみ限定して依頼できるので、経済的でもあります。^^;

スタンス・アナライザーを導入している獣医さんもいらっしゃいますので、愛犬の様子で気になることがある場合は一度聞いてみるといいと思います。

 

【ゴール達成♪】関節炎で楽しめなかったピットブルが今では...

【ゴール達成♪】関節炎で楽しめなかったピットブルが今では...

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

Jちゃんを覚えていますか? ↓

痛いとベッドの下へ潜って出てこなかったピットブルがアクティブ・ガールに大変身♪

 

えーん まだ6才なのに腰椎に重度の関節炎があり、すぐに座り込んでしまい、散歩は少ししか出来ませんでした

えーん 痛みや不快感があると、ベッドの下へ潜ってしまうのが常でした。

ご家族が望んでいたことは、

  • 薬に頼り過ぎずに痛みをなくしてやりたい
  • たとえ他の2頭のように沢山歩けなくても、Jちゃんが毎日楽しく過ごせるようにしてやりたい

 

でした。

 

今年の一月末、月x1のセッションを始めてから早7ヶ月!

痛みの緩和ケアストレッチ&筋トレ体に関する感覚の刺激

を同時進行で地道に続けてきました。

その結果、

 

爆  笑 ベッドの下へ潜らなくなりました

爆  笑 散歩で歩ける距離が伸びました

爆  笑 痛み止め薬を常時使わなくなりました

(軟骨保護剤をプラスしました)

ゴール達成♪

これからもワークを続けて行くことで、Jちゃんも楽しく、ゆっくりと年を重ねていけるはずです

 

あっそうそう、ご家族がインスタ

「遊ぶのも好きになったのよ」

って仰ってました。

 

というわけで、フォローアップはありますが、ひとまず病院での定期セッションは卒業しても良さそうです。

Jちゃん、よくやったグッ

ご家族もご苦労様OK

良かったねビックリマーク

 

愛犬6才時の選択で毎日がグンと楽しくなったご家族の例

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのことでは

何かが起こってから対処するのではなくて、

今からコツコツ始めることで愛犬の老後の生活の質(QOL)が上がりますよビックリマークビックリマーク

というメッセージを伝えています。

 

今日はそれを実践されて、愛犬の毎日が変わった、とおっしゃる飼い主さんの例をご紹介しますね。

 

腰椎に関節炎がある元保護犬のジェニー(6才♀ピットブル)

ご家族は、今年の2月に動物病院でマッサージを取り入れることを勧められます。

それ以来毎月一回のセッションを続け、自宅では地道にワークをこなしています。

なぜだと思いますか?

それはご家族が、ジェニーの将来を見越して、

「今、出来る事を始めておけば、シニアになった時に幸せ度がきっと違う」

と考え決心されたからです。

 

ジェニーの未来に投資して行動を起こしたんです。アップ

 

すると、どうなったか。

 

痛いとベッドの下へ潜って出てこなかったピットブルがアクティブ・ガールに大変身♪

 

 

もし抗炎剤、痛み止めを与えるだけでアクションを起こさなかったとしたら、数年後にどうなっているか想像してみましょう。

【これまで】

  • 痛いとベッドの下へ潜って出てこなかった

  • 長く歩けないので、同居犬たちと一緒に散歩を楽しめない

【数年後...】

  • 正しく使えていない筋肉が衰え、庇って酷使している筋肉、靭帯を痛めているかもしれません

  • 運動量の低下、加齢でますます歩行がぎこちなくなっているかもしれません

  • 自分だけ楽しく走ったり、遊んだり出来ないので、自身を失い、ますますベッドの下で孤立しているかもしれません

でも6才の現在、ご家族が決心し、行動に出たことで、ほんの数ヶ月の間にジェニーには成果が表れていますアップ

長年の流し座りも、だいたい3割ぐらいの確率で正しく座れるようになってきました。

ディスクの上でも体幹を使い、何とかおしりを着かずに座ってバランスを取っていますチョキ

 

自信が出てきて、毎日が楽しくなったジェニー。

 

あなたも今から始める決心をしてみて下さいね。

数年後、あなたの愛犬も若々しく素敵に年を重ねているはずです。

もうシニアのわんちゃんも、あなた次第で変えてあげられることが沢山ありますよ。