後ろ足に関する感覚を刺激するマッサージ

今日はハワイでドッグトレーナーをしておられるTNさんから頂いたおたよりを紹介します。

 

私が今、一番知りたいのは、足、特に後ろ足に対するbody awarnessをあげる/キープするマッサージです。

私が見た感じだと、自分の手足に対する意識がはっきりしている犬、後ろ足の蹴りが良い犬は、前足もしっかり上がり、引きずることなく、歩き方も比較的しっかりしています。

さらに爪切りや手足を拭くことに対して、好きではなくてもパニックしてしまうことが少ないように見受けられます。

また、クライアントさんの都合で毎日、お散歩に行けないシニア犬も多く(行っても、おトイレのみで、歩くのはコンクリート。歩くのもゆっくりなので、あまり距離を歩く時間がない。特に今の時期は暑いので余計に。)そういう犬たちに出来るマッサージがあれば知りたいです。

TMさんのおっしゃる通り、四足歩行の犬たちにとって前肢付近にかかる負担は大きく後肢に関する意識は薄れがちです。

今日はリラックス効果のあるマッサージとは逆に、筋肉に刺激を与え、体に関する意識が活性化される「叩打法」を紹介します

 

叩打法

やり方はこちら ↓ ↓

 

 

Body awareness(体に関する感覚)を錆びつかせずにキープするには、マッサージだけでなく、

 

①自分の体のサイズ、向きを意識する感覚

②関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚

 

を普段から継続的に刺激してあげる必要があります。

 

お散歩中にちょっとしたルーティーンを取り入れたり。

家の中で簡単なエクササイズやストレッチをしたり。

 

それらについては、こちらに詳しく書いています。
↓ ↓ ↓

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

【動画】散歩が出来ない時の退屈&運動不足を解消!愛犬のための頭と体の体操

 

 

こちらの 過去の記事も読んでいない方はご参考までにどうぞ。
↓ ↓ ↓

「うちの子の後ろ足って凝っていますか?」

 

うちのドゥーイー(コッカープー♂8才)は体の使い方が決して上手い方ではないのですが、時間をかけてやればやるだけ、後足に関する意識が強まって動きが違ってきます。

 

足の引き上げも屈伸もなかなかいい線いってるでしょ?^^

 

また、テリントンTタッチもご興味があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tタッチはマッサージではありませんが、behavior modification だけでなく、body awarenessにも効果大だと感じています。

【膝蓋骨脱臼】内股の犬の腿を緩めるマッサージ

ニュースレター読者さんのMGさんからのメールをご紹介します。

普通に立っている時の後ろ足はまっすぐなのですが、散歩中は内側に入って歩き続けてます。腰もなんとなく振っているような感じなので、足が動かしにくいんだろうか?(...続く)

後足の歩幅が狭い状態ですね?

「立っている時は後足は真っ直ぐ」ということですが、皆さんもチェックしてみて下さい。

尻尾の両端付近に出っ張った骨が犬の座骨です。

座骨から真っ直ぐ線を引いた時、↓ 足先が内側に入る場合を通常O脚(内股)と呼びます。

「O脚・内股で歩幅が狭い」というのは、膝蓋骨脱臼のある、または手術をすでにしたわんちゃんによく見られる症状です。

なぜかというと、犬は膝が(内側に)外れないように後ろ足の外側に体重をかけ、膝を曲げないように歩きがちなので、

腿の外側が常に引っ張られている状態=腿の外側の筋肉が凝っている状態

というわけです。

 

また、すでに手術済みで膝が固定されていても、痛さや不快感を防ごうと自らあみ出した自分なりの歩き方をそのまま続けてしまう場合もあります。

 

腿の筋肉が凝っているか凝っていないかはちょっと触っただけでは分からないかもしれませんが、O脚ぎみで歩幅が狭いようなら、こちらのマッサージを試してみて下さいね。

 

↓ ↓ ↓

 

 

歩けないわんちゃんのマッサージ

「愛犬のためにどんな時、またはどんな状態に効果的なマッサージのしかたを知りたいですか?」

という質問に寄せられましたニュースレター読者さんからのコメントにお答えしています。

今回は、前庭疾患が引き金となって歩けなくなったわんちゃんのケースです。

 

すでに衰えてしまった筋肉を持つ車いすのわんちゃんに、通常のマッサージをしても大きな効果は見られにくいので、今すぐにおうちで始めていただきたいことを三つ紹介しています。

 

よかったらご参考になさってみて下さい。↓ ↓

米国ドッグ・マッサージの3タイプ

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

ドッグ・マッサージにも色々な手法があって、目的に合わせた使い方をします。

アメリカではCanine massage(ドッグ・マッサージ)をさらに詳しく説明する場合、以下の三つの名称で呼ばれることが多いです。。

 

Therapeutic massage
(セラピューティック・マッサージ)
リラックス、鎮静が目的

 

Maintenance massage
(メンテナンス・マッサージ)
日々の疲れや歪みを元に戻す・調整するのが目的

 

Performance massage
(パフォーマンス・マッサージ)
やる気や瞬発力を引き出し、高揚感を高めると共に運動能力を高めるのが目的

 

セラピューティック・マッサージ

マッサージをしていると何が体の中から出てくるでしょう?

何が出てくるって...^^

幸せ感、満足感を支配するホルモン物質、セロトニンです。

それでわんちゃんは鎮静状態に入りやすくなるんですね。

いいですよね~。

ふぅ~~~~っと大きなため息が漏れる…そんなリラックス感。^^

2年前に天国に旅立ったリリーちゃんの「ふぅ~~~~」がこの動画に入っています。
↓ ↓
https://youtu.be/XpNCWMfYfe4

マッサージ・セッションでそんな脱力状態になるわんこさん達、沢山いるんですよ。

 

潜在的に休憩が必要だと分かっているみたいにリラックスして、時には爆睡します。

 

 

セラピューティック・マッサージの力は偉大で、特に末期の弱った犬、心も体も傷ついてシャットダウンしている犬たちにそれは素晴らしい効果をもたらします。

 

 

メンテナンス・マッサージ

 日々の疲れや歪みを元に戻す・調整するのが目的のメンテナンス。マッサージ。

車がメンテナンスが必要なのと全く同じですね。^^

定期的にご予約いただいているわんちゃん達に一番一般的なのがこのタイプのマッサージです。

例えば、今は亡きセイラー君(写真下)はお膝に関節炎があり、膝を曲げて座るのが苦手でした。

でも筋膜がきちんと緩んで筋肉の長さが元に戻ると、膝を曲げて座りやすくなります。

こんな感じ。 ↓ ↓

   

完璧ではないけれど、きれいに座れてますよね。(^_^)v

 

 

 

パフォーマンス・マッサージ

体を動かすことが何より大好き。

今は亡きジグザグ(写真下)もそんなわんちゃんでした。

大会前にマッサージでコンディションを整え、生涯アジリティを楽しみました。

運動量が多いと、どうしても筋肉疲労が蓄積するし、ちょっとした怪我もしがちです。

そんなわんちゃんの疲れや歪みをふだんから調整し、大会直前にはさらにやる気や瞬発力を引き出すように高揚させてあげると...パフォーマンスもがぜん上がります!

これはジグザグみたいなアスリートわんちゃんにはとても大切なこと。

 

まとめ

 アメリカで一般的な目的・用途に応じた3つのマッサージ

  • セラピューティック・マッサージ

  • メンテナンス・マッサージ

  • パフォーマンス・マッサージ

の紹介でした。

マッサージって、リラックス~♪ だけが目的ではないことがお分かりいただけたでしょうか?

愛犬が一番必要としているマッサージをしてあげることで、ますますQOLが上がります!

 

疲労で足を引きずる犬のマッサージ【ビフォー&アフター】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

犬も人と同じく、筋肉痛は翌日以降に表れます。

週末にビーチへ。ハイキングへ。

長時間のボール遊び、お友達とレスリング…などなど。

ちょっとぐらい無理をしてもわんちゃんは平気で遊び続けることが多いですが、体は正直です。

 

あなたのわんちゃんは遊んだ翌日、足を引きずるように歩いていたり、自ら散歩を短めにして家に帰りたがる…ということはありませんか?

 

「疲れただけなら、休めば治るでしょ」

と思うかもしれませんが、

マッサージで日々の小さな疲れや不調をこまめにケアする事ってとても大切です。

定期的に疲れて強張った筋肉を緩めておくと、大きな怪我が防げるからです。

 

 

こちらのウィンストン。

10才のチベタン・テリアです。

この日は来るなりおうちの方が

前足も後足も変な動かし方してるの。

 

とおっしゃってました。

確かに、足を引きずるようにして歩いていました。

左の後ろ足が特にですが、膝を曲げた時に痛みがあるようでした。

 

でもマッサージの後は歩き方が改善しましたよ。

↓ ↓ ↓

 

犬の歩き方を普段から見ていないと、違いが分かりづらいかな💦

愛犬の日々の疲れのケアに、マッサージを是非お勧めします。