犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

●犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

これまで、

「何かが起こってから、またはシニア犬になってから、何かをするのではなくて、元気なうちからメンテナンスを続けることで、犬に老後、質の下がらない生活をさせてやることが出来る」

ということをお伝えしたい、と思ってやってきました。

Reactive(事が起こってから)

ではなく、

Proactive(先を見越して)

ニキビケアの話じゃありませんよ~。(笑)

 

この気持ちは今も変わりません。

でも今現在、

  • シニア期を迎えて、色々なことが出来なくなってきた

  • 生涯つきあっていかなければならない疾患がある

こういうわんちゃん達がたくさんいるのも事実です。

 

今すぐ必要な緩和ケア


インスタグラムでちらっと報告しましたが、私、コールド・レーザー(低出力レーザー)をサービスとして取り入れることにしました。

コールド・レーザーは、「今ある問題」を「緩和」する、という意味では非常に効果大だからです。

以前、愛息ドゥーイー(7才♂コッカープー)の調子が悪かった時にやってみて良いと感じましたし、クライアントさんや、カイロプラクターの先生にも勧めらて決心出来ました。

 

主に炎症を抑える目的で使われ、犬に出来ることはかなり広範囲です。

● 前十字靭帯の怪我

● 滑液包炎(関節の酷使)

● 股関節形成不全

● 肢端舐性肉芽種(舐めグゼ→脱毛→細菌感染)

● 関節炎

● 腱鞘炎

●老年性の関節の硬直

● 腰痛

● 術後の細胞再生

● ホット・スポット(痒みを伴う表在性膿皮症)

● 中耳炎

● 腎不全

ざっと挙げてみただけでもこんなにあります。

代謝を高める、という点ではマッサージと同じですが、深層筋肉まで早く到達出来るのでとっても効率的。

だからこんなわんちゃん↓↓↓にはぴったりです。

  • 体を触られるのが苦手

  • じっとしているのが苦手

  • 体力が落ちているためマッサージが負担になる老犬

 

また、ホット・スポットなど痒みがある時、マッサージは適当とは言えません。

血行が良くなるとますます痒みが増してしまうから。

でもコールド・レーザーなら皮膚を刺激することなく炎症を抑えられます。

 

あまり期待していなかったのに、予想以上に効果的だったのが腎不全の症状。

うちの愛娘、エンジェル(この秋16才♀)

最近は食が細くなり、あれはイヤ、これもダメとなかなか難しいお嬢さん。

スプーンで口に持って行くとやっと食べる感じでした。

ところが、レーザーを始めてから自分でごはんを催促するようになりました!

腎臓の萎縮してしまった部分が元に戻ることはないだろうと思いますが、毎日食べて遊んでくれるのが嬉しいです。

 

 

まとめ


という訳で、

今問題のあるシニア犬や疾患のあるわんちゃんのために効果的な緩和ケアを、

そして、

今は元気なパピーや成犬のために将来を見越して今から始める予防・未病ケア

提供・提案していきますね。

両方必要ですものね。

よろしくお願いします。おねがい

犬はいくつになっても学べる(^_^)v

●犬はいくつになっても学べる(^_^)v

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

英語の古い言い回しに

You can’t teach an old dog new tricks

(老いた犬に新しいトリックは教えられない)

というものがあります。

これは犬のことだけを言っているのではなくて、一般的に

「長い間ずっと独自の方法で何かをやり続けてきた人に、新しいやり方に変えさせるのは非常に困難だ」

ということを言っているのだと思います。

私達は年を取れば取るほどそういう傾向はあるかもしれません...。

その点、犬は私達よりずっと素直に様々なことを受け入れたり、

挑戦したりする気がします。

 

 

犬はいくつになっても学べる


うちのドゥーイー(♂7才コッカープー)。

これまで自分と似たようなタイプのわんちゃんとしか絡みませんでした。

同じようなスピード感で、同じような年恰好のわんちゃんのみ。(笑)

それが最近、7才にしてブルドッグのハワード君と大の仲良しに!

↓ ↓ ↓

短頭種のワンちゃん達(特にフレブルやパグなど)はわりとみんなスピードがあり、ドゥーイーはついて行けない感じ。(笑)

これまでずっと敬遠していました。

でも波長の合う子も中にはいる!と

いつしか理解してくれました。

相手を知ろうとしてくれたことが、とっても嬉しいです。

パピーもイヤで、これまで相手が存在すらしないかのように無視してきました。(笑)

それがいつしか、8ヶ月のパピーちゃんとも向き合えるように...。

↓ ↓ ↓

何だかとっても楽しそう。

 

出来ないと決めつけない


犬は人よりずっと素直です。

うちの子は~が嫌い、~は食べない、と決めつけずに自然に色々なことに挑戦させてみましょう。

すると今まで気づかなかったわんちゃんの一面が見れると思います。

ドゥーイーって私が思っていたよりずっと社交的で、遊びのアイデアもいっぱいみたいなのです。

うちの場合は日頃からマッサージ以外に以下のことをしています。

  • 体幹トレーニング

  • ストレッチ

  • 散歩の行先を選ばせる

 

こういう積み重ねが新しいことを学んだり、相手を受け入れようとする意欲にもつながっているような気がします。 (ただの親の欲目かも。笑)

 

 

 

まとめ


犬は人と同じくいくつになっても学ぶことが出来る存在です。

 犬の年齢や、これまでの状況などから、変えることは無理と判断せずに、色々なことに挑戦させてみましょう。

 いくつになってもちょっとした工夫、励ましで、犬は大きく変わります。

体の不自由な愛犬・老犬の励まし方【チャレンジ&報酬】

体の不自由な愛犬・老犬の励まし方【チャレンジ&報酬】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

犬の体だけでなく、心もケア

 「愛犬が自由に歩けない」という状態はもちろん理想的ではありません。

でも現実にはそのような状態のわんこさんは沢山いるかと思います。

生まれつきの肢体不自由、事故や病気、老化など理由は様々なはず。

思うように体が動かないと気が滅入ったり、イライラするのは動物も同じです。

犬の方が私達よりずっと忍耐深いですけれどね。

 

そんな時...

ほんの些細なことでもチャレンジさせて自信をつけさせてやると、

犬の目力が全然違ってきます。

 

犬の気持ち、やる気を引き出すことって生命力に大きく関わってくるんです。

 

 

 

 

チャレンジさせて、いっぱい褒める

 

  • 自分で立ち上がれなくても肩、首、頭を持ち上げられる

  •  シニア期に前庭疾患を患い、首の傾き(捻転斜頸)などの後遺症がある

こんなわんちゃんにストレッチをさせてみましょう。

 

【やり方】

  1.  大好きなおやつ・おもちゃなどを顔の近くに持ってきてまずそれを認識させる
  2.  それをゆっくり右に動かす
  3.  追うように首を右へ曲げることが出来たら、大げさ過ぎるぐらい褒めてそのおやつ・おもちゃ(報酬)を与える
  4.  左も同様に
  5.  上下も同様に

 

沢山喜んであげるのを忘れずに。

犬は私達が嬉しいと一緒に嬉しいと感じてくれますから。

フードボールを持って食事や飲水のサポートをしているなら、そのボールを同じ要領で左右にゆっくり動す、のもいいでしょう。

わんちゃんが気付かないうちにストレッチが出来ます。

この場合も一杯褒めて、喜んであげて下さい。

理由は分からなくても泣いているより喜んでいるあなたを見る方が、わんちゃんも嬉しいのです。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

私はクライアントさんによく

❝You have to be an actress (actor) ❞「女優(男優)になって下さい。」

と言います。

 

多少無理をしてでも、あなたが笑顔で楽しそうに、嬉しそうにすることで、あなたの愛犬も嬉しくなる。

それを見てあなたも本当に嬉しくなる。

そんなふうに犬達を励ましてあげましょう。

 

全部あなたがやってあげる = 愛犬は何も出来ない
小さなことにチャレンジさせる + 褒める = 愛犬に自信・やる気が出る 

 

 

 

【犬の末期ケアにおけるマッサージ】外に出て一人でおしっこ出来ました!

【犬の末期ケアにおけるマッサージ】外に出て一人でおしっこ出来ました!

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

 

目的に応じて効果的なマッサージ

「普段からマッサージで体をメンテナンスして、怪我予防をしていくこと」

をお勧めしていますが、シニア犬の状態が芳しくない時にだってマッサージは大きな味方です。

 

 

S君は推定16才。

ヘルニア手術後のリハビリでマッサージをするようになってから、もう2年半が過ぎました。

隔週でマッサージさせていただいてきましたが、わんちゃんにとっての2年半というのはやはり大きいですね。

ここ半年ほどは目に見えてすべてが衰えてきました。

去年の夏頃のS君

 

金曜日、いつものように「ハーイ」と入っていくと、パパさんが目を真っ赤に腫らしていました。

 

 

それを見て、思っていたよりずっと早く老衰が進んでいるのだと悟りました。

 

食べても食べても痩せていくS君。

くっきりと浮き出た肋骨。

腿には筋肉はほとんど残っていない。

 

筋肉を揉んだり、緩めたり、といったスポーツ・マッサージはもうすることが出来ません。

負担にならないように循環系の動きを刺激するように努めました。

 

 

すると終わってから、S君、生まれたての小鹿のようでしたが、一人で立ち上がれました!!

そして、外に出ておしっこも出来ました!!

 

パパさんがそれを見てとても喜んでくれました。

 

「実は昨日からおしっこが出なかったんだ。」と...。

 

「もう前のようにはならないと分かっていても、こんな風に楽にしてやれることが嬉しい。」 

とも仰っていました。

 

全てのわんちゃんに...

その時の犬の状態に合わせてアプローチを変えれば、マッサージはその犬に必要な効果をもたらしてくれます。

 運動量の多いパピーやスポーツ・ドッグにも。

 慢性痛のあるわんちゃんにも。

 今まさに命を終わろうとしているわんちゃんにも。

 

是非マッサージをしてあげて下さい。

 

 

 

「舐めさせない」ことに集中するより...

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

●舐めさせないことに集中するより...

 

舐める理由


犬がある部位を舐め続けるのにはいくつか理由があると思います。

傷口が気になって...

退屈で...

痒くて...

負のストレスで...

強迫性障害(OCD)で...

 

でもね、「舐めさせない」ことに集中するより、その原因を出来るだけ取り去るようにしてあげたいなぁ、と思うんですよ。

 

それに舐めることって「悪い」ことではないんじゃないかな?

 

それを見て人間が色々なことに気付いてあげられるんですから。

 

 

これまでシニア犬を沢山マッサージしてきました。

気分が乗らない時、落ち着かない時、関節炎のある部位を舐めだすわんちゃんはよくいます。

 

私達も慢性の肩こりとか、ついそこへ手が伸びるし、どうしても気になりますよね。

 

16才のQ君も最近、手根管関節を舐めることが多くなってきています。

 

なので今日は温灸をしました。

 

手根管を直接温めたかったけれど、

 

顔に近いので、煙過ぎるのです。あせる (やり方考えなきゃ…)

少しやっては場所を移動...を繰り返しました。

腰椎周辺に違和感があるわんちゃんも背中を丸めてペロペロしているのをよく見ます。

 

行動を制限するだけではなく原因を探る


「原因を取り除く」とは言っても楽なことではないのは分かるんですよ。

 

舐めさせておけばそのうち毛が抜け落ちて、傷となって口内細菌に感染してしまうことだってありますしね。

Lick Granuloma(肢端舐性肉芽種)と言われるのがそれです。

 

 

 

でも...

 

...そういう可能性もふまえた上で、

 

エリカラや薬に頼り過ぎず、

「舐めちゃダメむかっ」と叱るだけじゃない、

犬に寄り添った対応をしてあげたいなぁと思うのです。