体の不自由な愛犬・老犬の励まし方【チャレンジ&報酬】

体の不自由な愛犬・老犬の励まし方【チャレンジ&報酬】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

犬の体だけでなく、心もケア

 「愛犬が自由に歩けない」という状態はもちろん理想的ではありません。

でも現実にはそのような状態のわんこさんは沢山いるかと思います。

生まれつきの肢体不自由、事故や病気、老化など理由は様々なはず。

思うように体が動かないと気が滅入ったり、イライラするのは動物も同じです。

犬の方が私達よりずっと忍耐深いですけれどね。

 

そんな時...

ほんの些細なことでもチャレンジさせて自信をつけさせてやると、

犬の目力が全然違ってきます。

 

犬の気持ち、やる気を引き出すことって生命力に大きく関わってくるんです。

 

 

 

 

チャレンジさせて、いっぱい褒める

 

  • 自分で立ち上がれなくても肩、首、頭を持ち上げられる

  •  シニア期に前庭疾患を患い、首の傾き(捻転斜頸)などの後遺症がある

こんなわんちゃんにストレッチをさせてみましょう。

 

【やり方】

  1.  大好きなおやつ・おもちゃなどを顔の近くに持ってきてまずそれを認識させる
  2.  それをゆっくり右に動かす
  3.  追うように首を右へ曲げることが出来たら、大げさ過ぎるぐらい褒めてそのおやつ・おもちゃ(報酬)を与える
  4.  左も同様に
  5.  上下も同様に

 

沢山喜んであげるのを忘れずに。

犬は私達が嬉しいと一緒に嬉しいと感じてくれますから。

フードボールを持って食事や飲水のサポートをしているなら、そのボールを同じ要領で左右にゆっくり動す、のもいいでしょう。

わんちゃんが気付かないうちにストレッチが出来ます。

この場合も一杯褒めて、喜んであげて下さい。

理由は分からなくても泣いているより喜んでいるあなたを見る方が、わんちゃんも嬉しいのです。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

私はクライアントさんによく

❝You have to be an actress (actor) ❞「女優(男優)になって下さい。」

と言います。

 

多少無理をしてでも、あなたが笑顔で楽しそうに、嬉しそうにすることで、あなたの愛犬も嬉しくなる。

それを見てあなたも本当に嬉しくなる。

そんなふうに犬達を励ましてあげましょう。

 

全部あなたがやってあげる = 愛犬は何も出来ない
小さなことにチャレンジさせる + 褒める = 愛犬に自信・やる気が出る 

 

 

 

【犬の末期ケアにおけるマッサージ】外に出て一人でおしっこ出来ました!

【犬の末期ケアにおけるマッサージ】外に出て一人でおしっこ出来ました!

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

 

目的に応じて効果的なマッサージ

「普段からマッサージで体をメンテナンスして、怪我予防をしていくこと」

をお勧めしていますが、シニア犬の状態が芳しくない時にだってマッサージは大きな味方です。

 

 

S君は推定16才。

ヘルニア手術後のリハビリでマッサージをするようになってから、もう2年半が過ぎました。

隔週でマッサージさせていただいてきましたが、わんちゃんにとっての2年半というのはやはり大きいですね。

ここ半年ほどは目に見えてすべてが衰えてきました。

去年の夏頃のS君

 

金曜日、いつものように「ハーイ」と入っていくと、パパさんが目を真っ赤に腫らしていました。

 

 

それを見て、思っていたよりずっと早く老衰が進んでいるのだと悟りました。

 

食べても食べても痩せていくS君。

くっきりと浮き出た肋骨。

腿には筋肉はほとんど残っていない。

 

筋肉を揉んだり、緩めたり、といったスポーツ・マッサージはもうすることが出来ません。

負担にならないように循環系の動きを刺激するように努めました。

 

 

すると終わってから、S君、生まれたての小鹿のようでしたが、一人で立ち上がれました!!

そして、外に出ておしっこも出来ました!!

 

パパさんがそれを見てとても喜んでくれました。

 

「実は昨日からおしっこが出なかったんだ。」と...。

 

「もう前のようにはならないと分かっていても、こんな風に楽にしてやれることが嬉しい。」 

とも仰っていました。

 

全てのわんちゃんに...

その時の犬の状態に合わせてアプローチを変えれば、マッサージはその犬に必要な効果をもたらしてくれます。

 運動量の多いパピーやスポーツ・ドッグにも。

 慢性痛のあるわんちゃんにも。

 今まさに命を終わろうとしているわんちゃんにも。

 

是非マッサージをしてあげて下さい。

 

 

 

「舐めさせない」ことに集中するより...

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

●舐めさせないことに集中するより...

 

舐める理由


犬がある部位を舐め続けるのにはいくつか理由があると思います。

傷口が気になって...

退屈で...

痒くて...

負のストレスで...

強迫性障害(OCD)で...

 

でもね、「舐めさせない」ことに集中するより、その原因を出来るだけ取り去るようにしてあげたいなぁ、と思うんですよ。

 

それに舐めることって「悪い」ことではないんじゃないかな?

 

それを見て人間が色々なことに気付いてあげられるんですから。

 

 

これまでシニア犬を沢山マッサージしてきました。

気分が乗らない時、落ち着かない時、関節炎のある部位を舐めだすわんちゃんはよくいます。

 

私達も慢性の肩こりとか、ついそこへ手が伸びるし、どうしても気になりますよね。

 

16才のQ君も最近、手根管関節を舐めることが多くなってきています。

 

なので今日は温灸をしました。

 

手根管を直接温めたかったけれど、

 

顔に近いので、煙過ぎるのです。あせる (やり方考えなきゃ…)

少しやっては場所を移動...を繰り返しました。

腰椎周辺に違和感があるわんちゃんも背中を丸めてペロペロしているのをよく見ます。

 

行動を制限するだけではなく原因を探る


「原因を取り除く」とは言っても楽なことではないのは分かるんですよ。

 

舐めさせておけばそのうち毛が抜け落ちて、傷となって口内細菌に感染してしまうことだってありますしね。

Lick Granuloma(肢端舐性肉芽種)と言われるのがそれです。

 

 

 

でも...

 

...そういう可能性もふまえた上で、

 

エリカラや薬に頼り過ぎず、

「舐めちゃダメむかっ」と叱るだけじゃない、

犬に寄り添った対応をしてあげたいなぁと思うのです。