【シニア犬】体幹をキープするための習慣

この習慣、犬自身も何かさせられているとは気付かない(!)、実はとっても簡単な体幹エクササイスなんです。

体幹は字のごとく、体の幹。

四肢以外の体の中心部を支える筋肉の総称です。

犬の体幹を鍛える必要性が感じられない??

体幹は、

 

  • 怪我予防

  • 姿勢の改善

  • 四肢の動きの改善

などに直結しています。

 

「愛犬が何才になっても今まで通りの生活をさせてあげたい!」

という方は、この習慣、始めて下さいね。

散歩で出来る犬のアンチエイジング

毎日行く犬の散歩。

どうせならその時間に、アンチエイジング効果のあることが出来たらいいと思いませんか?

 

犬の足腰を鍛えればいいんだろうけど…やり方がよく分からない。

器具も揃えないといけないんでしょ?

 

そんな方は、まずこちらの6種類のエクササイズから始めてみて下さい。

 

①四肢の使い方を意識させるエクササイズ(8の字歩行)

②後肢と体幹の強化エクササイズ(段差で後肢に負荷→スクワット)

③四肢と体幹の強化エクササイズ(段差で前肢に負荷)

⓸後肢と体の感覚を刺激するエクササイズ(後肢に負荷をかけて横歩き)

⑤体の感覚を刺激するエクササイズ(後ろ歩き)

⑥集中力を高めるエクササイズ(遠隔からすでに知っているコマンドを入れる)

 

 

皆さんの愛犬と過ごす時間がより意味のあるものになりますように。

ユーチューブでどんどんお勧めしたいことをシェアしていきますので、良かったらチャンネル登録をお願いします。

↓ ↓ ↓

Cockapoo Mom

 

散歩をしているのに犬の体幹を鍛える必要ってあるの?

 

という方はこちらの記事「犬の体幹を鍛える理由」も併せて読んでみて下さい。

愛犬と楽しむホットストーンの夜会♬いい感じでした

金曜日の夜会ウインク

週末に突入する前に、人も犬も一緒にまず一息入れたらいいんじゃないか..

じんわり温かなホットストーンを試してもらいながら…

そんな企画でした。

Trader Joe’s のスパークリングワインで乾杯♬

 

意外にも自分ではホットストーンマッサージを試したことがない、という方達ばかり。

 

でも愛犬の体が楽になるなら是非やってみたいという犬バカ…親心ですねウインク

 

器具を購入しなくても簡単におうちでホットストーンを用意する方法をお話し、

基本の使い方2種類を紹介。

 

大型のシニア犬の慢性痛の緩和にもホットストーンは理想的です。

 

 

 

ピンポイントで温めると効果的な7つの部位も皆さんに実際に試してもらいました。

 

小さなわんちゃんはやはり面積が小さいので石の当て方の角度など結構難しいんです。😅

 

マルチーズのEggiちゃんには最小サイズの石を使ってもらいました。

 

 

ポパイもまんざらでもないお顔だね。

 

もうすぐ10才になるToppyもホットストーンの気持ち良さに思わずニンマリ照れ

 

ライラ(チワワミックス)は ↓ Sue(写真右)が気に入ったようで...

 

終始アプローチ(笑)。

牛乳を使わないチーズやクリームチーズも美味しいとかなり好評でした。

 

皆んなでまったりしながら様々な話題に花が咲き…

 

ホットストーンの夜会は予定の終了時間をだいぶ過ぎてやっとお開きになりました。爆笑

 

次回は4月下旬の予定です。

がんと戦うわんちゃんのためのケア

今回はがんと診断されたわんちゃんのためのケア。

引き続き、

「愛犬のためにどんな状態に効果的なマッサージのしかたを知りたいですか?」

という質問に寄せられましたニュースレター読者さんからのコメントにお答えしていきます。

(前回はこちら→前庭疾患が引き金となって歩けなくなったわんちゃん

↓ ↓ ↓

 

先日も肝臓がんと診断されたわんちゃんのお宅を訪問しました。

ミコは元保護犬のシニアさん。

ホスピス患者さんを訪問したり、図書館で子供の音読のパートナーをしたり、これまで1000時間以上ボランティアをしてきたベテランです。

セッション後、ママさんからメールをいただきました。

Thank you so much for a lovely afternoon for our special boy, Miko. He did well after you left and I’m sure felt the tenderness of your therapy. He is relaxed and seems to enjoy his short walks better.

(私達の大切な子、ミコのために素敵な午後をありがとう。あなたが帰った後、ミコは調子が良さそうで、優しいセラピーの効果を実感しました。リラックスして短い散歩も楽しんでいるようです。)

 

皆さんも、がんと戦っているわんちゃん、弱っているシニア犬に是非、温かい手を当ててみてく下さいね。