【CBDオイル&低出力レーザー】ペットの痛み-副作用のない選択で乗り切る!

ふと気づくと、

愛犬が部屋の隅でブルブル震えて立ちすくんでいた...

そんな経験はないでしょうか?

 

 

犬の出す痛みのサインは色々あります。

  • ハーハーと荒く息をしている(パンティング)
  • 体を動かしたがらない
  • 食欲がない
  • 寝ていないが目を閉じている
  • 一人になりたがる

痛みの程度や犬の性格によっても様々です。

参考→「犬が痛い時のサイン」

数日前の朝、ドゥーイー(♂コッカープー9才)もそんな感じでした。

...やっちゃったね💦

 

ここ数年落ち着いていたのですが、来るべくして来たな、という気がしました。

なぜかというと...

 

 

 

調子を崩す・体を痛める前兆

2週間ほど日本に帰る用事があり、ドゥーイーは友人宅で見てもらっていました。

ドゥーイーの大好きなガールフレンド、レイアちゃんのお宅です。

ビビリで内弁慶な彼は、緊張と寂しさで最初の晩はかなりご迷惑をかけたようです。💦

そして、朝晩楽しくレスリング。

楽しくて何よりでしたが、通常の運動量よりは多めです。

 

私の帰国後すぐは散歩も行きたがらず、ただただ寝ていましたが、一週間ほどして、徐々にいつもの内弁慶のドゥーイーに戻っていきました。

 

すると、

  • エンジェル(三毛猫17才)を普段以上に追いかけまわす

  • カウチから勢いよく飛び降りる(本来はカウチが低いのでジャンプしなくても階段を下りるように下りれる)

  • ベッドに乗り降りする時に使っているステップを使わず派手にジャンプし、私を遊びに誘ったり、エンジェルを怖がらせたりする

 

...明らかに調子に乗っています。

こんな状況の中、ある朝起きると切なそうな顔をしてブルブル震えているドゥーイーがいたのでした。

 

 

鎮痛剤を与える?それとも...

飼い主がまず一番悩むのは

「どこが痛いのか?」

ということではないでしょうか?

 

動きを見て明らかな場合もありますが、全く動きたがらず、無表情・無反応になる場合もあります。

取りあえず病院へ行った場合、いずれかの筋肉、靭帯、腱を痛めたとして、アメリカで一般的に処方されるのが消炎性の鎮静剤トラマドール(Tramadol)です。

 

中度~重度の痛み、またはがん治療にも使われるこのお薬、「とにかく早く痛みをとってやりたい」という時には便利ですし、私は与えます。

でも製薬には副作用が必ずあります。

 

今回のドゥーイーは、絶えず鳴き声を上げていたり、瞳孔が開いている...といった重度の痛みではなさそうです。

 

そこで、以下のような対処をしました。

    1. CBDオイルを通常量より多く与える

    2. 熱を持っていると思われる、または心当たりのある部位にコールドレーザーを施術する

 

 

 

CBDオイルを与える

CBDは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略で、大麻草に含まれる化合物のことです。

アメリカでは多くの飼い主がペットにCEDオイルやオイル入りのビスケットなどを与えています。

その一番の理由が、

抗炎作用、抗不安作用、鎮痛作用があり、しかも副作用がない

ということではないでしょうか?

以前配信したニュースレター「愛犬にCBDオイルを使うという選択」で詳しく書いていますのでよかったら読んでみて下さい。

 

 

 

コールドレーザーを施術する

クライアントさんにも使用しているコールドレーザー(低出力レーザー)を日に3回ほど施術しました。

コールドレーザーも炎症を抑える働きに優れており、痛みのある動物にも負担をかけずに使えます

ドゥーイーの場合は右側の胸椎( T10-13)から腰椎(L1)に重点を置いて照射しました。

レーザーについては、こちらを参考にどうぞ。→「犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア」

 

 

 

2日目の夜には回復

今回は、1と2の方法で二日目の夜には回復しました。

 

  • 病院でのストレスを与えずに済んだ

  • 薬を与えずに済んだ

この二つ ↑ は私にはとても嬉しいことです。

ドゥーイーは甲状腺ホルモンの薬を常用しているので、肝臓・腎臓へ負担がかかるため、出来るだけ薬を与えずに済めばそれに越したことはないのです。

 

 

もちろん、獣医師による定期的な診断は必須です。

しかし場合によっては、

犬の精神的、身体的な負担にならない選択をすることが出来る、

ということを覚えておいていただけたらと思います。

 

 

 

ようやく落ち着いた日常が戻りつつある我が家です。

愛犬のデトックスを促す4つのポイント

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。
 

最近では

デトックス=ダイエット

の手段のように謳われることも多いですよね。

そんな中、デトックスは医学的に何の根拠もない、という意見もあるようです。

だから、デトックスを促すためのダイエット商品は意味がないと…。^^;

 

では犬の場合はどうでしょうか?

 

 

犬にデトックスって必要?

私は必要だと思います。

意味がないという意見の理由の一つは、

「体はもともと有害物質を取り除いて排出する機能を持っている」

というものです。

体の中で有害物質をろ過して、排出するのは腎臓ですね。

その腎臓が弱っていたらどうでしょう?

そもそも臓器は高齢になっても若かった頃と同じように働くのでしょうか?

体が自然にデトックス出来たら理想的ですが、いつもそう出来るとは限りません。

それを促す、あるいは毒素をなるべく蓄積させないようにすることは、愛犬の健康を管理する上で必要なのです。

 

 

なぜ有害物質が体内に蓄積される?

犬の場合で考えてみます。

 

  • ワクチン、痛み止め、抗生物質など

  • 殺虫剤ベースのノミ・ダニ駆除商品

  • ドッグフードやスナックに含まれる添加物、保存料

  • 野菜、果物、穀物に残っている農薬

  • 魚介類に蓄積された水銀

 

これらの合成物質は体内で完全に分解されないので、「残りカス」が毒素・老廃物として少しずつですが着実に体内に留まっていくのです。

さらに大気汚染や、疲れ、負のストレスなども併せて考えると...。

デトックスする必要性が感じられませんか?(>_<)

では愛犬のデトックスを促す、あるいは毒素をなるべく蓄積させないようにするにはどうすれはいいのでしょうか

 

 

 

愛犬のデトックスを促す4つのポイント

1.代謝を上げる
2.おなかの調子を整える
3.適量の水分摂取とまめな排泄
4.合成薬や添加物を避ける

 

 

1.代謝を上げる

  • 体を動かす時間を増やす

必ずしも激しい運動を取り入れる、ということではありません。

足腰の弱ったシニアさんに体を動かせ!と言っても難しいですよね。

そんな場合はマッサージがとっても良いんですよ。

血行が改善されるので、運動しているのと同じ効果が望めます。

  • 日常の中でちょこちょこ遊びを取り入れてみる

  • 一日中ずっと留守番している代わりに、週に一、二度はデイケア(犬の幼稚園)のような所を利用してみる

...などいくらでも自分の愛犬に合った方法が工夫出来そうです。

 

 

2.おなかの調子を整える

下痢や便秘の繰り返しで腸内環境が安定していないと代謝も下がります。

便秘の場合、それだけ長く体内に毒素や老廃物が留まってしまうということですから、デトックスは難しくなります。

発酵食品や食物繊維を食事に取り入れたり、プロバイオティックス、プリバイオティックスなどのサプリを試してみるのもいいでしょう。

でも個体によって効果はそれぞれ。

みーんな体質が違います。

時間はかかるかもしれないですけれど、愛犬に一番合うものを探してあげたいですね。

うちのドゥーイー(コッカープー♂7才)はおなかが弱い方です。

これまで沢山のハーブのサプリを試してきました。

まあまあ、と思うものから、全く違いが見えないものまで、さまざま。^^;

ドゥーイーの場合、うん〇が素晴らしく改善するのはビーフ・トライプ(牛の第四胃)です。

トライプの消化酵素の中にはドゥーイーの腸内が特に必要としているものがあるみたいです。

愛犬のおなかが「今一つ安定しないなぁ」と感じるようであれば、一定の商品、食材等にこだわらずに色々試してみるといいかもしれませんね。

(2018年3月追記:8才を迎えた現在では動物性タンパク質の量が多過ぎると便が緩くなります。グレイン・フリーがポピュラーですが、ドゥーイーの場合は、穀物・野菜の割合が高い方が便の状態が良いです。)

 

3.適当な水分補給をし、頻繁に排尿させる

運動量の減る冬場はそれほど水分摂取に神経質になることはないでしょうが、もしドライ・タイプのフードがメインのわんこさんでしたら、ほんの少し気を付けてみましょう。

「健康診断で軽い脱水症状有りと言われた~」とおっしゃる方は結構多いんですよ。

 

  • 鰹節のお出汁や、肉・魚類のゆで汁を冷ましたものを、フードにかけたり、またはそのまま与える

ただの水を飲ませようとするより、抵抗なく自然に水分が摂れると思います。

冷蔵庫から取り出したばかりの冷えたものより、生温かい方が喜ぶみたいです。

温かい = 狩ったばかりの新鮮なもの

というイメージでしょうか。

適量の水分摂取が出来ていると尿の色もほとんど色がありません。

 

  • 頻繁に排泄させる

冬は寒い・眠いで、おトイレに行くのをおっくうがる、ということはありませんか?

外でおトイレするわんこさんで、雨がキライだとなかなか外に出たがらず我慢してしまったり...。

水分たっぷりの食事

遊び、軽い運動

トイレを促す

ご褒美(おやつや遊びなど愛犬が喜ぶもの・こと)

というだいたいの流れを作ってやると、ちょくちょくおトイレに行くことがルーティーン化しやすいようです。

 

4.合成薬や添加物を避ける

どうしても薬を使わなければならない場合はもちろんあります。

ですが、もし選択肢があるとしたら、なるべく自然のものを選びたいですね。

体内に蓄積されるゴミは少なければ、少ないほどいいわけですから。

 

例えば、非常にナーバスになりやすいわんちゃんが長時間飛行機に乗るとします。

獣医師から処方される薬を使う代わりに、

  • レスキュー・レメディ(バッチ・フラワー・レメディ)

  • 精油

  • サンダー・シャツ

  • 犬用人工フェロモン(スプレー、首輪など)

このような副作用のないものを選択することも出来ます。

 

また、ドッグフードやおやつ、サプリも意識して添加物、保存料、着色料などがないか、比較的少ないものを選びましょう。

繰り返しになりますが、出来るだけ最初からゴミは体に入れない!つもりで。

 

 

デトックス出来ている犬とは?

 ではデトックスを心がけている方のわんちゃんは、していない方のわんちゃんに比べて

どのように違うでしょうか?

 

【代謝が活発】
代謝の良いわんちゃんは、触れると指がなめらかに滑ります。

撫でていてある部分にくると指がつっかえるような感じがしたことはありませんか?

一般的に、老廃物、毒素、リンパ液が停滞していたり、コリになってしまっている所がそうです。

また、代謝が活発なわんちゃんはエネルギーを燃焼しやすくなるので、体重が増えにくい、または体重を落としやすいです。^^

 

【おなかの調子が良い】
腸内環境の安定したわんちゃんは、きれいな姿勢を保てるので体が歪みにくいです。

おなかの調子が冴えないわんちゃんは、背中を丸めて歩きがちです。

背中を丸め、お尻を下げて、膝を曲げずに動き続けていると、体全体のバランスが崩れ、やがて関節だけでなく内臓にも影響します。

おなかが元気だと免疫力もアップするので、活気ややる気が感じられます。

 

【適量の水分摂取とマメな排泄が出来ている】
水分が十分取れているわんちゃんは体がしなやかで、そうでない子に比べて痛みがありません。

「脱水症状気味」と言われた経験のある飼い主さんは結構多い、と先に書きました。

わんちゃんの額や背中の皮膚が簡単につまめて、耳周りも自由に動かせるのが理想です。

老廃物や毒素の停滞・蓄積

乳酸(疲れ成分)のような老廃物が蓄積されてくると体は、痛い、だるい、しんどい、状態です。

軟骨

脱水状態では軟骨が正常な状態を保てず、すり減ってしまい、関節周辺に痛みが発症しやすくなります。

ヒスタミン

水分が足りていないと、大事な脳内神経伝達物質であるヒスタミン値が高くなります。

体内の水分調整をしてくれるのがヒスタミンなのですが、高値な状態が長く続くと、やがて免疫系の働きが抑制され、あらゆる病気のリスクが高まります。

 

【薬や添加物の摂取量が少ない】
そんなわんちゃんは肝臓・腎臓が健康で、アレルギー発症のリスクも低いです

薬や食品添加物などの化学物質は肝臓やその他の臓器の負担になります。

また完全に消化することが出来ないので老廃物として体に蓄積されていきます。

老廃物が体に蓄積されていくとどういう状態になるかはすでにお話ししましたね。

また、アレルギーが疑われる場合、アレルゲンを検査で特定して、それを避ける方法は残念ながら一時的な対処法に過ぎません。

まずは口から入る薬・食品添加物を減らすことから始めてみましょう。

サプリは「体に良いもの」という印象を受けやすいですが、添加物の沢山入ったサプリもありますのでご注意を。

 

 

まとめ

 デトックスする(体に溜まったゴミを捨てる)ことはわんちゃんにとっても大切だと感じていただけたでしょうか?

運動不足

毎日添加物たっぷりのドライフード

水分不足

というわんちゃんがいたとしたら…

体の中でどんなことが起こっているか想像してみて下さい。(>_<)

 

反対に定期的にデトックスを心がけてあげると...

 

無駄のない、しなやかな体で
背中もピーンと伸びて姿勢も美しく
元気で活発、快食・快便 (^^♪
たとえシニアでも痛みは軽く
免疫もバッチリ
内臓も全て正常値で
アレルギー・フリー

こんな快適ライフが目指せます。

是非、少しづつでも出来ることから始めてみて下さいね。

最後にもう一度、デトックスの4ポイントを。

1.代謝を上げる
2.おなかの調子を整える
3.適量の水分摂取とまめな排泄
4.合成薬や添加物を避ける

 

ドゥーイーのお誕生日♬わんこカップケーキでお祝い

ドゥーイーのお誕生日♬わんこカップケーキでお祝い

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

 

ついに8才

うちの坊ちゃん、ドゥーイー(♂コッカープー)が

先日18日に、ついに8才になりました。

体いつの間にそんな時間が流れたのでしょう...。

 

もっとゆっくり年をしてくれていいのにね。

今年は、8才にちなんで(?)8個のカップケーキにしてみました。

 

 

ブルーベリー・パップ・ケーキ

カジュアルな英語で犬のことを年齢に関わらずパピーPuppyとか、パップPupと言います。

なので、カップケーキにかけて「パップケーキ」!

 

生地:

小麦粉、ベーキングパウダー、

フラックスシード・ミルク

トッピング:

アーモンド・ヨーグルト、ブルーベリー

 

 

フラックスシード・ミルク

フラックスシード・オイル(亜麻仁油)をお使いの方は多いかもしれません。

フラックスシード・ミルクも同様に犬の体に優しい食材です。

栄養の消化・吸収を助けるなど優れものですが、一つ特記するとしたら、

 植物性のオメガ3を豊富に含む、ということです。

オメガ3には自己免疫力を高め、

甲状腺機能低下の症状改善に効果があると言われています。

ドゥーイーは甲状腺機能低下症なんです。

またオメガ3には消炎作用もあるので、怪我、関節炎、胃腸炎、などの場合に特に良いと思います。

 

 

 

アーモンド・ヨーグルト

ブラジルナッツ、カシュ―ナッツ、アーモンド、

かぼちゃの種などのナッツ類は多くの鉄分を含んでいます。

鉄分だけでなく、セレン(セレニアム)という

甲状腺ホルモンを活性化する酵素も含んでいるので、

ドゥーイーにはなるべくあげたい食材です。

甲状腺機能低下症のわんちゃんと暮らす方は、

意識して

  • フラックスシードミルク(またはオイル)

  • アーモンドなどのナッツ類

を取り入れてみて下さいね。

 

 

不思議なことに、なぜか自分がもらえるものは

すぐにわかるんですよねぇ。(笑)

 

何て悪そうな顔!!!(笑)

 

 

あーん。

 

この一年も元気に楽しく過ごせますように。

 

 

犬はいくつになっても学べる(^_^)v

●犬はいくつになっても学べる(^_^)v

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

英語の古い言い回しに

You can’t teach an old dog new tricks

(老いた犬に新しいトリックは教えられない)

というものがあります。

これは犬のことだけを言っているのではなくて、一般的に

「長い間ずっと独自の方法で何かをやり続けてきた人に、新しいやり方に変えさせるのは非常に困難だ」

ということを言っているのだと思います。

私達は年を取れば取るほどそういう傾向はあるかもしれません...。

その点、犬は私達よりずっと素直に様々なことを受け入れたり、

挑戦したりする気がします。

 

 

犬はいくつになっても学べる


うちのドゥーイー(♂7才コッカープー)。

これまで自分と似たようなタイプのわんちゃんとしか絡みませんでした。

同じようなスピード感で、同じような年恰好のわんちゃんのみ。(笑)

それが最近、7才にしてブルドッグのハワード君と大の仲良しに!

↓ ↓ ↓

短頭種のワンちゃん達(特にフレブルやパグなど)はわりとみんなスピードがあり、ドゥーイーはついて行けない感じ。(笑)

これまでずっと敬遠していました。

でも波長の合う子も中にはいる!と

いつしか理解してくれました。

相手を知ろうとしてくれたことが、とっても嬉しいです。

パピーもイヤで、これまで相手が存在すらしないかのように無視してきました。(笑)

それがいつしか、8ヶ月のパピーちゃんとも向き合えるように...。

↓ ↓ ↓

何だかとっても楽しそう。

 

出来ないと決めつけない


犬は人よりずっと素直です。

うちの子は~が嫌い、~は食べない、と決めつけずに自然に色々なことに挑戦させてみましょう。

すると今まで気づかなかったわんちゃんの一面が見れると思います。

ドゥーイーって私が思っていたよりずっと社交的で、遊びのアイデアもいっぱいみたいなのです。

うちの場合は日頃からマッサージ以外に以下のことをしています。

  • 体幹トレーニング

  • ストレッチ

  • 散歩の行先を選ばせる

 

こういう積み重ねが新しいことを学んだり、相手を受け入れようとする意欲にもつながっているような気がします。 (ただの親の欲目かも。笑)

 

 

 

まとめ


犬は人と同じくいくつになっても学ぶことが出来る存在です。

 犬の年齢や、これまでの状況などから、変えることは無理と判断せずに、色々なことに挑戦させてみましょう。

 いくつになってもちょっとした工夫、励ましで、犬は大きく変わります。

犬が痛い時のサイン

●犬が痛い時のサイン

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

 

痛みがある時の犬の様子


皆さんの愛犬が

「何かがおかしい」

「どこか痛いの?」

と思う時、わんちゃんはどんな様子ですか?

これは一年半前のうちのドゥーイー(コッカープー♂7才)です。

  • パンティング

  • あくび

  • 震え

  • 無表情

  • 横になるのを躊躇する

こんな時は切なくて、話せたらいいのにと思ってしまいます。あせる

 

 

犬のペイン・スケール


わんちゃんの性格などによっても多少違いはありますが、一般的に犬に痛みがある場合のサインがあります。

こちら↓を参考にしてみて下さいね。

「犬の急性痛ペイン・スケール」 動物のいたみ研究会

 

愛犬の弱いところ、痛い場合の様子などがだいたい頭に入っていると、慌てずに対処出来ますね。