後ろ足に関する感覚を刺激するマッサージ

今日はハワイでドッグトレーナーをしておられるTNさんから頂いたおたよりを紹介します。

 

私が今、一番知りたいのは、足、特に後ろ足に対するbody awarnessをあげる/キープするマッサージです。

私が見た感じだと、自分の手足に対する意識がはっきりしている犬、後ろ足の蹴りが良い犬は、前足もしっかり上がり、引きずることなく、歩き方も比較的しっかりしています。

さらに爪切りや手足を拭くことに対して、好きではなくてもパニックしてしまうことが少ないように見受けられます。

また、クライアントさんの都合で毎日、お散歩に行けないシニア犬も多く(行っても、おトイレのみで、歩くのはコンクリート。歩くのもゆっくりなので、あまり距離を歩く時間がない。特に今の時期は暑いので余計に。)そういう犬たちに出来るマッサージがあれば知りたいです。

TMさんのおっしゃる通り、四足歩行の犬たちにとって前肢付近にかかる負担は大きく後肢に関する意識は薄れがちです。

今日はリラックス効果のあるマッサージとは逆に、筋肉に刺激を与え、体に関する意識が活性化される「叩打法」を紹介します

 

叩打法

やり方はこちら ↓ ↓

 

 

Body awareness(体に関する感覚)を錆びつかせずにキープするには、マッサージだけでなく、

 

①自分の体のサイズ、向きを意識する感覚

②関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚

 

を普段から継続的に刺激してあげる必要があります。

 

お散歩中にちょっとしたルーティーンを取り入れたり。

家の中で簡単なエクササイズやストレッチをしたり。

 

それらについては、こちらに詳しく書いています。
↓ ↓ ↓

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

【動画】散歩が出来ない時の退屈&運動不足を解消!愛犬のための頭と体の体操

 

 

こちらの 過去の記事も読んでいない方はご参考までにどうぞ。
↓ ↓ ↓

「うちの子の後ろ足って凝っていますか?」

 

うちのドゥーイー(コッカープー♂8才)は体の使い方が決して上手い方ではないのですが、時間をかけてやればやるだけ、後足に関する意識が強まって動きが違ってきます。

 

足の引き上げも屈伸もなかなかいい線いってるでしょ?^^

 

また、テリントンTタッチもご興味があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tタッチはマッサージではありませんが、behavior modification だけでなく、body awarenessにも効果大だと感じています。

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【前肢・後肢】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

今日は

「犬が横になった状態でする前肢・後肢のストレッチ」

を紹介しますね。

 

まずはこちらの動画からご覧ください。
↓ ↓ ↓

 

 

肩関節と股関節のストレッチ

 「オスワリした状態でさせる前肢のストレッチ」

の時と同じく、

肘と手首は無理をせず、肩関節だけにフォーカスしています。

以前も書きました通り、

  • ご家庭で怪我予防のためにするストレッチであること

  • 前肢を触られるのが苦手なわんちゃんが多いこと

が、その理由です。

フィジカルセラピーでは、

肩→肘→手首→つま先

股→膝→踵→つま先

と全てストレッチをします。

各部位がどのくらい動く(開く)のが正常範囲か知る目安として、

「可動域のチャート」

というものがありますが、

犬種、年齢、健康状態によってかなり個体差があるため、ご家庭で適当にぐい~っと犬の体をストレッチさせることは、お勧め出来ません。

そこで、簡単に出来る肩関節、股関節のみに重点を置いたストレッチ法を紹介している次第です。

 

無理せず少しづつ、でも確実にストレッチする習慣が出来てくると良いですね!

筋肉や靭帯をしなやかに保つことが怪我予防に繋がります。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【前肢】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法シリーズ。

前回は、

首のストレッチ

↓ ↓ ↓

https://k9therapeutics.com/jp/2018/01/01/health-benefit-of-stretching-for-dogs-neck/

でした。

今日は

前肢のストレッチ

です。

こちらからご覧下さい。

↓ ↓ ↓

 

この方法を考えた理由

マッサージをする際に前肢を触られるのを

嫌がるわんちゃんはかなりいます。

これには、いくつかの説がありますが、一般的なのが

「犬の前肢は急所」説です。

四足歩行の動物は、人と違って背骨が平行ですから、

自然と体重が上体にかかります。

前肢は上体を支えるにも、走るにも

なくてはならない重要な部位なのです。

そこで、犬同士が戦う場合、犬は相手の前肢に噛みつき、まず相手の歩行を阻止しようとする、といいます。

それで、前肢に近づいたり、触られたりするのを

嫌がる習性がある、というのです。

私は専門家ではないので、その説が正しいのかどうかは

分かりませんが、

「触られるのが苦手な犬は多い」と、

個人的な経験から思います。

 

「犬に負担を与えずにボディワークをする」

ことは私の信条ですので、

 

「オテ」という慣れた行為を自分の意志でさせ →

→ そこからストレッチに持って行く

という流れにしてみたのです。

 

 

 

今回は肩関節のみ

 フィジカル・セラピーの現場で行うストレッチは通常、肩だけでなく、肘と手首も同時に行います。

が、

  • ご家庭で怪我予防のためにするストレッチであること

  • 前肢を触られるのが苦手なわんちゃんが多いこと

を考慮して、肩関節だけにフォーカスしています。

犬の肩は非常に重要なので、ここをマメにストレッチする習慣がつくと、将来の愛犬の歩きに大きなプラスになります!

是非お試し下さい。

 

次回は、

③背中のストレッチ

です。

お楽しみに。

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【首】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法シリーズ。

前回は、

安全に犬をストレッチするための注意点

https://k9therapeutics.com/jp/2017/12/30/safety-protocols-for-stretching-your-dog/

をお伝えしました。

 

今日から実際のストレッチを紹介していきます。

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

①首のストレッチ
↓ ↓ ↓

ポイントは、

  • 犬を誘導する手の動きはゆっくり

  • やり過ぎない

これに尽きます。

 

犬を誘導する手の動きはゆっくり

 

一般的に犬は、早い動きには興奮しやすいものです。

筋肉と靭帯を安全にストレッチさせるためには、動きは遅ければ遅いほどいいのです。

※じっとしていない、興奮しやすい場合は声のトーン、ボリューム、話す速さ、体の動きもぐっと下げてあげると落ち着きやすいです。

 

 

やり過ぎない

これは、ストレッチさせる範囲(動きの角度)にも、ストレッチをホールドさせる長さ(時間)にも言えることです。

無理せずゲーム感覚で継続出来ることが理想です。

 

次回は、

前肢のストレッチ

です。

どうぞお楽しみに♬

安全に犬をストレッチするための注意点

  • 安全に犬をストレッチするための注意点

 

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

「愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法」シリーズの第二回目。

「安全に犬をストレッチするための注意点」です。

 

 

ストレッチをさせるタイミング

 

ストレッチは体が温まった状態でさせます。

 

 以前は運動する前にストレッチを、という考え方が主流でした。

学校でも言われませんでしたか?

「運動する前には必ずストレッチや準備運動をしましょう」


それも状況によっては間違いではないのですよ。

しかし、怪我の原因になることも多く、現在では一般的に

「運動後のクールダウンとしてストレッチをするのが理想的」とされています。

 

人も動物も自分で自ら体を伸ばす、という行為をするのであれば、それほど危ないこともありません。

どこまで伸ばすのが限界か、十分自分で分かりますから。

が、ここで皆さんにご紹介していくのは、「人がストレッチを介助する場合」

ですので、「無理をさせない」

ということが最重要になります。

 

ですから必ず、

体が温まった状態で愛犬にストレッチをさせましょう。

 

散歩の後に毎日ストレッチする習慣をつけると、

「今日は嫌がるな。」とか

「今日は右より左の方が伸ばしにくいな。」

というような気付きがあります。

すると異変に早く気付けたり、痛みの箇所を特定しやすくなりますね。

 

 

 

運動出来ない場合

  • 後肢が弱り、歩行が不自由

  • 最近手術をし、歩かせることは出来ないが筋肉が衰えるのが心配

  • 過去の怪我で体の一部に麻痺が残っている

このようなわんちゃんには特に時間をかけて体を温めてからにします。

 

温め方の例としては、

  • 入浴(体が冷える前に毛を完全に乾かす)

  • マッサージ

  • 温熱パック

  • 温灸

  • ホットストーン

などがあります。

取り入れられそうなものがありますか?

このようなわんちゃんは特にストレッチを必要としていますよ。

【備考】

神経が麻痺していても、細胞は生きています。

麻痺した部位も動く部位と同じように温め、血流を上げていきましょう。

 

 

まとめ

犬安全に犬をストレッチするための注意点として、今日お伝えしたかったのは…

ストレッチは運動の前ではなくて、後にする、ということ。

犬が自らする伸びと、人が介助して行うストレッチは違うので、安全にストレッチするためには、必ず犬の体が温まった状態でする、ということ。

そして、運動で体を温められない犬の温め方の例でした。

次回はいよいよ実際のストレッチ法に入っていきます。

まずは「首」から。

お楽しみに♪