後ろ足に関する感覚を刺激するマッサージ

今日はハワイでドッグトレーナーをしておられるTNさんから頂いたおたよりを紹介します。

 

私が今、一番知りたいのは、足、特に後ろ足に対するbody awarnessをあげる/キープするマッサージです。

私が見た感じだと、自分の手足に対する意識がはっきりしている犬、後ろ足の蹴りが良い犬は、前足もしっかり上がり、引きずることなく、歩き方も比較的しっかりしています。

さらに爪切りや手足を拭くことに対して、好きではなくてもパニックしてしまうことが少ないように見受けられます。

また、クライアントさんの都合で毎日、お散歩に行けないシニア犬も多く(行っても、おトイレのみで、歩くのはコンクリート。歩くのもゆっくりなので、あまり距離を歩く時間がない。特に今の時期は暑いので余計に。)そういう犬たちに出来るマッサージがあれば知りたいです。

TMさんのおっしゃる通り、四足歩行の犬たちにとって前肢付近にかかる負担は大きく後肢に関する意識は薄れがちです。

今日はリラックス効果のあるマッサージとは逆に、筋肉に刺激を与え、体に関する意識が活性化される「叩打法」を紹介します

 

叩打法

やり方はこちら ↓ ↓

 

 

Body awareness(体に関する感覚)を錆びつかせずにキープするには、マッサージだけでなく、

 

①自分の体のサイズ、向きを意識する感覚

②関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚

 

を普段から継続的に刺激してあげる必要があります。

 

お散歩中にちょっとしたルーティーンを取り入れたり。

家の中で簡単なエクササイズやストレッチをしたり。

 

それらについては、こちらに詳しく書いています。
↓ ↓ ↓

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

【動画】散歩が出来ない時の退屈&運動不足を解消!愛犬のための頭と体の体操

 

 

こちらの 過去の記事も読んでいない方はご参考までにどうぞ。
↓ ↓ ↓

「うちの子の後ろ足って凝っていますか?」

 

うちのドゥーイー(コッカープー♂8才)は体の使い方が決して上手い方ではないのですが、時間をかけてやればやるだけ、後足に関する意識が強まって動きが違ってきます。

 

足の引き上げも屈伸もなかなかいい線いってるでしょ?^^

 

また、テリントンTタッチもご興味があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tタッチはマッサージではありませんが、behavior modification だけでなく、body awarenessにも効果大だと感じています。

がんと戦うわんちゃんのためのケア

引き続き、

「愛犬のためにどんな状態に効果的なマッサージのしかたを知りたいですか?」

という質問に寄せられましたニュースレター読者さんからのコメントにお答えしていきます。

(前回はこちら→前庭疾患が引き金となって歩けなくなったわんちゃん

今回はがんと診断されたわんちゃんのケースです。

↓ ↓ ↓

 

先日も肝臓がんと診断されたわんちゃんのお宅を訪問しました。

ミコは元保護犬のシニアさん。

ホスピス患者さんを訪問したり、図書館で子供の音読のパートナーをしたり、これまで1000時間以上ボランティアをしてきたベテランです。

セッション後、ママさんからメールをいただきました。

Thank you so much for a lovely afternoon for our special boy, Miko. He did well after you left and I’m sure felt the tenderness of your therapy. He is relaxed and seems to enjoy his short walks better.

(私達の大切な子、ミコのために素敵な午後をありがとう。あなたが帰った後、ミコは調子が良さそうで、優しいセラピーの効果を実感しました。リラックスして短い散歩も楽しんでいるようです。)

 

皆さんも、がんと戦っているわんちゃん、弱っているシニア犬に是非、温かい手を当ててみてく下さいね。

愛犬6才時の選択で毎日がグンと楽しくなったご家族の例

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのことでは

何かが起こってから対処するのではなくて、

今からコツコツ始めることで愛犬の老後の生活の質(QOL)が上がりますよビックリマークビックリマーク

というメッセージを伝えています。

 

今日はそれを実践されて、愛犬の毎日が変わった、とおっしゃる飼い主さんの例をご紹介しますね。

 

腰椎に関節炎がある元保護犬のジェニー(6才♀ピットブル)

ご家族は、今年の2月に動物病院でマッサージを取り入れることを勧められます。

それ以来毎月一回のセッションを続け、自宅では地道にワークをこなしています。

なぜだと思いますか?

それはご家族が、ジェニーの将来を見越して、

「今、出来る事を始めておけば、シニアになった時に幸せ度がきっと違う」

と考え決心されたからです。

 

ジェニーの未来に投資して行動を起こしたんです。アップ

 

すると、どうなったか。

 

痛いとベッドの下へ潜って出てこなかったピットブルがアクティブ・ガールに大変身♪

 

 

もし抗炎剤、痛み止めを与えるだけでアクションを起こさなかったとしたら、数年後にどうなっているか想像してみましょう。

【これまで】

  • 痛いとベッドの下へ潜って出てこなかった

  • 長く歩けないので、同居犬たちと一緒に散歩を楽しめない

【数年後...】

  • 正しく使えていない筋肉が衰え、庇って酷使している筋肉、靭帯を痛めているかもしれません

  • 運動量の低下、加齢でますます歩行がぎこちなくなっているかもしれません

  • 自分だけ楽しく走ったり、遊んだり出来ないので、自身を失い、ますますベッドの下で孤立しているかもしれません

でも6才の現在、ご家族が決心し、行動に出たことで、ほんの数ヶ月の間にジェニーには成果が表れていますアップ

長年の流し座りも、だいたい3割ぐらいの確率で正しく座れるようになってきました。

ディスクの上でも体幹を使い、何とかおしりを着かずに座ってバランスを取っていますチョキ

 

自信が出てきて、毎日が楽しくなったジェニー。

 

あなたも今から始める決心をしてみて下さいね。

数年後、あなたの愛犬も若々しく素敵に年を重ねているはずです。

もうシニアのわんちゃんも、あなた次第で変えてあげられることが沢山ありますよ。

犬を畏れる(おそれる)ということ

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

今週末は新しいクライアントさんのお宅へ。


ベルジャン・マリノアのクイン(♂12才)のマッサージでした。

タービュレンのリデルさんを思わせる風貌。

初対面では相手にしてもらえないだろうと腹をくくって出かけました。

知能も高いですし、たぶん警戒されるか、見下されるか、だろうなぁ、と。






そうしたら、信じられないくらいフレンドリーでした。(爆)

ベルジャン・シェパードにお詳しいおうちの方曰く、彼はマリノアの中では異質な存在だとか。

マッサージもスムーズに進み、

 

今日はとってもよく歩いています。

と先程メールをいただき、嬉しかったです。

 


「ドコイクノ?」

ウトウトしていてもママさんの動きを常に意識していて、すぐに起きるクイン。

彼はたぶん変性性脊椎症のようで、そのため酷使している前肢には関節炎が見られます。

体中、痛みや違和感のあるところや、力の入らないところだらけなんです。

だから、してあげたいことは沢山あります。

彼は穏やかでフレンドリー。

なんでもさせてくれそう。

 

...ですよね?

でも私は、彼が思い通りにさせてくれるからといって、やりたい事をやりたい時に全部しません。

「人がしたいこと」

より

「犬がしてほしくない、と感じること」

を優先したいからです。

 

マッサージのお仕事をするようになってから犬に対する接し方がずいぶん変わりました。

「畏れる」ようになったっていうか..。

「恐れる」じゃなくて、リスペクトするっていう感じかな。

犬の存在、気持ちを尊重することの大切さをひしひしと感じているんです。

そうすると見えてくる色々な表情があります。

例えば犬たちの遠慮深さ、礼儀正しさ。

そこは触られたくない。ちょっと怖い。 --そんな時、

いきなりガウっていっちゃう時もあるでしょうが、

大抵は辛抱強くがまんしていて、やんわりとその気持ちを伝えてくれています。

その気持ちに気付かない、あるいは無視しちゃう(人の都合優先)のはあまりに勿体ない。

 

クインも何度か

「.........

っていう表情を見せましたが、とても落ち着いて受け入れようとしてくれていました。

そこですかさず

「了解」して、

一緒に落ち着き、

「彼の負担にならないアプローチに切り替える」

ということを繰り返しました。

 

すると、お互いに暗黙の了解でバウンドリーが確立されるんです。

気高くて、それでいて大らかでフレンドリーなクインに触れて、犬を畏れることの大切さを改めて思い出させてもらいました。

...クイン、カッコ良過ぎる  私を緊張させるタイプです。 いひっ。

 

 

ポーカーフェイスのウィンストン