犬の首の痛みが疑われたらすぐにすること

●犬の首の痛みが疑われたらすぐにすること

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

「愛犬の様子がどうもおかしい。

どこか痛めた?

もしかして首?

よく分からないけど首の辺りな気がする...」

 

こんなふうに感じたことはありませんか?

 

もしあなたの愛犬に ↓ こんな様子が見られたら...

* 動きがぎこちない、または動こうとしない

* 顔を上げない(恥ずかしがっているような、
  落ち込んでいるような違和感のある動き)

* 首の動きによっては(方向転換など)
  キャンと悲鳴を上げる

まずすべきポイントをまとめておきますね。


異変に気付いたらすぐにすること

1.首輪を外す

※首が腫れていて、ヘビや虫などに噛まれた可能性がある場合はすぐに病院へ(ヘビに噛まれた可能性がある場合はなるべく血流が上がるのを避けるため歩かせないでクレート等で移動する。)

 

2.症状が重いとみられる場合
(全く動こうとしない・動けない)は、
患部を冷やしながらその日のうちに病院へ

保冷パックなどがない場合は、ビニール袋に氷を入れたものや、冷凍のベジタブル・ミックス(未開封のもの。笑)が便利です。

例えば椎間板が陥没、または間隔が狭くなり神経を圧迫している場合などは、緊急処置が必要です。頸椎、腰椎ともにヘルニアの処置は遅れると麻痺が残ることもあるので、早急に受診しましょう。

 

3.症状がそれほど重くない場合
(動きは緩慢だが動けて、食欲もほぼ普通)
は冷やす 

1回10分~30分ほど、1日2~3回冷やします。最初に異変い気付いてから約48時間までは冷やします。

二日経っても症状が改善しなければ受診して下さい。

状態が落ち着いているようなら、それ以降は温めて下さい。温める場合も同様に、1回10分~30分、一日2~3回を目安に。


 普段から注意すること

愛犬が首に痛みがある場合の2大理由は

  • 筋肉の酷使、または無理な動きで筋を違えた

  • 脊椎に損傷がある

です。

体をしっかり休ませる、怪我予防をすることが大事なのです。

 

  • スポーツをするわんちゃん

  • ぴょんぴょん跳ねることが多いわんちゃん

  • 階段の上り下りを多くするわんちゃん

  • いつも飼い主さんを見上げているわんちゃん(またはスポーツ等で見上げる動きを多くさせる)

こういう場合 ↑ は特に普段から注意してあげて下さいね。

 

 

 

 

 

愛犬にハーネス使ってますか?

●愛犬にハーネス使ってますか?

 

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

立ち寄ったペットショップでパピーを連れた方を見かけました。

そのパピーちゃん、嬉しそうに何度も何度も飼い主さんの顔を見上げて微笑んでいました。ラブ

その飼い主さんは残念ながらそれに全く気付かず...汗

もったいないなぁ~~~、そういうの。

まだ幼い犬がこんなにも愛情を示せるというのも凄いですよねラブラブ

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

さて、お店ではドゥーイー(コッカープー♂7才)のハーネスを衝動買いしました。

New Earth Soy Comfort Wrap

ちょっと地味ですが、体に近い色にしてみました。意味はなしウインク

このハーネス、大豆繊維とオーガニックコットンで出来ていて、軽く柔らかいのです。

 

 

いつも愛用しているのはこちら。↓

Dog Games Original Fleece-Lined Harness

フリースで体に優しく、首周りもV字でゆったり。

フリースラインドハーネス

 

ハーネスをお使いですか?


ハーネスがなぜ必要か、

種類の違い、

選ぶ際の目安について、

電子書籍「元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと」 

の62ページ、

今始めることその⑤「怪我予防を完全にしよう」 

の中でお話ししています。

お読みいただければ嬉しいですビックリマーク

「首輪でないと不便」

と感じる方もまだまだいらっしゃるようですが、ハーネスの着用を是非お勧めします。

犬の首はとても繊細なのです。↓

参考:オーストラリアの身体的フリー・トレーニングに関する学会で

 

 こちらのページもわんちゃんと暮らす方なら是非知っておくべき情報がいっぱい。↓

Harness User’s Technical Supportd Group (HUTSG)

 

もし首輪にリードを付けてお散歩しているなら、是非ご一考下さいね。

 

愛犬の怪我予防していますか?

●愛犬の怪我予防していますか?

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

まだまだ目にする首輪にリードを繋がれているわんちゃん。

伸縮リードをお使いの方もまだまだいらっしゃる。

特に小型犬でそれを見ると居たたまれない。汗

人に引っ張っている、という意識がなくても、

犬が引っ張らなくても、

私達よりずっと体重の少ない犬の首にかかる負担は相当なものです。

 

電子書籍【元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと】の6番目。

怪我予防を完全にしよう。

 

その中でなぜハーネスなのか、ハーネスの種類と目的についても詳しく紹介しています。

※ヘルニア予防が必要なのはダックスだけではありません。

※靭帯を切ってしまうのはスポーツをする大型犬だけではありません。

 

怪我を予防するって具体的にどういうこと!?

という方は是非、

【元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと】

をお読みになって下さいね。

 

あなたのわんちゃんが我を忘れてガーっと追いかけたくなるものは何ですか?

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

 

このリスさん、見て、見て。目

この後、逆さ吊りのまま鳥さんのエサ入れに顔を突っ込んで、ずーっとモグモグしてました爆  笑

この時、私の背後には3頭の大型犬がいましてね、

微動だにせず息を殺して見入っていました。

 

良かった、ガラス戸が閉まってて滝汗

ここ北米ではリスを見ることは珍しいことではありません。

どこの家の庭にも必ずいると言ってもいいくらい。

 

リスの素早い動きに興奮して、狩りモードに突入してしまうわんちゃんはとても多いのです。

興奮のあまり猛ダッシュするため、リスを追いかけて靭帯を切断する...という犬のなんと多いことかあせる

リスは動物病院の経営にかなり貢献してますよ~。爆  笑

 

さて、

あなたのわんちゃんが我を忘れてガーっと追いかけたくなるものは何ですかはてなマーク

アドレナリンを放出して全力ダーーーッシュ!! するのは

鳥を見た時?

猫?

他の犬?

知らない人?

 

そんな時、大きな怪我にならないようにするには、普段からの怪我予防がもちろん必要ですが、

最初から興奮を(する手前で)上手くコントロールしてやることも出来たらさらに良い。

 

そう思いませんか?