アメリカ発最新ペットフード情報【これからの食肉】

食べるために動物を殺さなくていい時代が
もうそこまでやってきています。

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

最近髪を切ったのでアバターも変えてみました。^^

 

今日はマッサージや体のメンテナンスに関することから離れて、

どんどん進化しつつあるペット・フードの情報をお届けしようと思います。

しばらくおつきあい下さいね。

 

 

人とペットの食を変える「クリーン・ミート」

 「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」

とはガンジーの言葉ですが、世界中の多くの国の酪農動物達はひどい環境の中、苦しむだけ苦しめられて殺されているのをご存知でしょうか。

コスパだけを重視し、動物の痛みも苦しみも考慮に入れない飼育・屠殺が世界中でされているからです。

2016‐PreetiRang Sanctuary(北米の酪農動物の保護施設)にて

 

また酪農・畜産業は世界的に深刻な環境問題も引き起こしていますね。

酪農動物の排泄物による温室効果ガスの排出量(米)は全体の50%にも及ぶと言われています。

温室効果ガスが地球の温暖化や、近年の異常気象の原因なのはすでにご存じだと思います。

 

 

心ある科学者達が立ち上がった!

 この状況を懸念する科学者達が取り組んでいるもの。

それが、

自己再生細胞を食肉の細胞組織に培養して食肉を生産する

という技術です。

それが可能になったら...

食肉は酪農動物を飼育・屠殺する必要がなく、ラボラトリーで生産可能になるのです!

 

すごくないですか??

個人的には動物に辛い思いをさせてまで肉を食べたくないし、食べなくても健康に生きています。^^

でもどうしてもお肉が食べたいという方達も多いでしょうから、この自己再生細胞技術による食肉生産は世界的に偉大な発明と言えるのではないでしょうか。

 

 2016‐PreetiRang Sanctuary(北米の酪農動物の保護施設)にて

 

 

自己再生細胞技術でペットフードも変わる!

 コロラド州にあるボンド・ペット・フーズ(Bond pet Foods)という会社が、この次世代食肉生産技術を使用したペットフードの開発に乗り出しました。

これによって、これまでのペットフード業界の不透明で危険な部分(品質、衛生、感染など)も、大幅に改善されることになるわけです。

地球も汚さない、動物も虐めない、クリーンな食肉が「クリーン・ミート」と言われる所以です。

ヴィーガンのドッグフードも市販されていますが、もし動物性タンパク質を与えないのは不安という方は、この次世代ドッグフード、または人用の食肉が使えますね。

 

 

クリーン・ミートが市場に出回るのも間近

なんと、人用の加工肉は年内中にもペットフードは2~3年内に市場に出回るとのことです。

日本での発売についての情報はまだ分かりませんが、期待して待ちたいです。

もともと本物の肉から造られるとはいえ、不気味に感じる方もいるかもしれません。

しかし...。

 

地球環境にも動物にもダメージを与えるばかりの酪農・畜産業だけれど、

人は肉を食べることをどうしてもやめたくない。

 

だとしたら、この技術はとても意味があると思いませんか?

このまま動物たちを犠牲にし続けることなく、

一刻も早くこれが世界中で生産・販売されるようになり、

消費者もそれを直ちに受け入れてほしいと願っている私です。

あなたははどう感じますか?

 

 

私達に今、出来ること

私達に出来ること、それはまず、

  1. 酪農動物の過酷な現実を知る

  2. 地球にも動物にも優しい選択を考える

ことではないでしょうか。 

 

もしアメリカ国民が一年間、週にたった一日、肉を食べない日を設けるだけで、7.6億台の車の排気ガスに相当する温室効果ガスの排出を抑えることが出来るそうです。

一個人に出来ることは小さくても、みんなが出来る範囲で「買わない」、「食べる日を減らす」という行動を起こせば、酪農・畜産業界に対しても意思表示となります。

消費者パワーは偉大です!!

 

「知りたくない」、「食べるためにはしょうがない」とは思わないでほしいな。💦

これをお読み下さっているあなたは、きっと犬が大好きな方だと思います。

あなたの愛犬が酪農動物のような扱いを受けると想像してみて下さい。

彼らはたまたまペットとされなかっただけで、同じ感情を持つ生きものです。

 2016‐PreetiRang Sanctuary(北米の酪農動物の保護施設)にて
大きなうんPは私のじゃなくて、牛さんの。(笑)

 

ペロペロが止まらない~♬牛も犬と同じで遊ぶのが大好き。

どうぞ彼らのために出来る範囲で何かを始めてみませんか?

そして、食べるために動物を殺す必要がなくなる日を期待して待ち望みましょう。

 

 

あなたは知っていますか?

牛乳の真実
https://www.youtube.com/watch?v=BsEZhVo1x2M

生んだのがバレないように双子の一頭を隠した牛の話
https://ameblo.jp/kei-osaka/entry-11415897713.html

殺されそうな仲間を助ける勇敢な豚
https://ameblo.jp/vegblog/entry-12349582315.html

肉・乳製品を使わなくても美味しいレシピが沢山!
http://www.recipe-blog.jp/search/recipe?keyword=ヴィーガン

【怪我・手術後】こんなサポートも必要です

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

「いってきまーす。」

ドゥーイー(7才♂コッカープー)。

ふだんなら私が行かないと大騒ぎなのですが、余裕の笑顔。

娘とビーチへ出かけて行きました。

よっぽどノロノロ歩きの短いお散歩に辟易していたようです。笑い泣き





 

こんなことになっているので。

(お見苦しい写真でごめんなさい。あせる

 

 

痛いのは右足ですが、二日もするとそれを庇っている左足が筋肉痛になります。

また右足の股関節を使わずに動いているので腰が痛くて、痛くてあせる

 

これと全く同じことを怪我をしたわんちゃんのいるクライアントさん達にどれだけ説明してきたことでしょう。

四足歩行と直立二足歩行では全くメカニズムは違いますが、似ているところもあるのです。

 

例えば、急性の痛みというのはギャー!って思わず声がでちゃうような、ショッキングなものですよね?

肩こりのような慢性痛は、いつも痛いけれど体を動かすことさえ躊躇していまうようなものではありません。

 

わんちゃんが急性の痛みを経験すると、あっと言う間にそれを学習して、次は痛くないように動こうとします。

私達と一緒ですよね?

私も小指側に体重を乗せたら思わず意味不明な声が出てしまうほど痛かったので、無意識に親指側の踵を使って動くようになりました。

 

痛みが治まってくるのは少しずつ感じます。

でもね、なかなか正常な歩き方をしてみようとは思わないのです。

......だって痛いの怖いから。あせる

 

膝の靭帯を痛めた後、3ヶ月経ってもなかなか左肢に体重をのせることが出来なかったH君を思い出しました。

 

怪我・手術後って、思うより簡単ではないのです。

治った(治っている)とはいえ、痛みの経験があるので、なかなか自分から正しい体の使い方に戻ろう!とは思いません。

 

わんちゃんは特にです。

もともと体の隅々にまで意識が届いていることが少ないので、良く言えば痛みに強い、とも言えます。

痛かった部位を頭から切り捨てる、というか、なかったものとして動くことが出来るんです。

 

だからもう一度、正しい体の使い方を思い出すようなリハビリ・ワークをしてあげることが必要です。

 

全部のわんちゃんが何もしなくても普通に歩けるようになるわけではありませんので、かかりつけの獣医師さんにリハビリのセラピストや施設を紹介してもらって下さいね。

日本で出会ったかわいこちゃん達(^^♪

●日本で出会ったかわいこちゃん達(^^♪

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストのスザキエリです。

5月の日本を3週間ほど満喫しました。

ぼけーっとしている私にしては濃い時間を過ごせました。

どうまとめて良いのかわからない💦ので

出会ったわんこさん達だけ中心に紹介しちゃおうっと

 

姪のアメリ恋の矢

なんていう可愛さですかっ!

ちょこっとだけ

初めてお会いできた方が3人もいました。おねがい

繰り返しますが、全てのことをどうまとめていいか分からない状態ーー💦笑い泣き

マッサージね。

なので

素敵な思い出が作れたエピソードはこちらに丸投げてへぺろ

そうです。

私の中では芸能人的位置付けのベネニナチャコさんちへ。

「誰だろうこのおばちゃん💦」 ドキドキのベーネさん(左)

 

...なので気を取り直して二人で自撮り。(笑)

 

 

 

 

五色沼湖の看板犬のポコ君。

猪苗代湖で遭遇したわんこさん。(お名前忘れちゃった💦)

可愛いお顔が全く見えていない写真ばかりでした。

唯一はっきり写っていたおちりを載せちゃおうっと。てへぺろ

このほかにも中学の恩師に手打ちそば(実演&講義付き!)をふるまっていただいたり。

 

 

古い友人達と会う時間もとれて...。

5月の長野は暖かく過ごしやすくて、

それでいて山に残る雪がまだまだ綺麗でした。

 

...こんなとりとめもない感じで終わります...口笛

 

 

 

 

【帰国中】生体販売の辛い現実

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストのスザキエリです。
2年半ぶりの日本滞在中です。

久ぶりに会ったり、初めてお会いしたり….
楽しんでいます。
現在、実家のある長野にいます。
駅前町すぐ近くに最近オープンしたというペットショップ。

衣類やアクセサリー類の店が入った小さなデパートの中に一店舗としてそれはあります。

あまりにも痛々しく、近寄れませんでした。

閉店後はどうしているのか?

外の空気を吸っているのか?

散歩は?

遊んだり、優しく撫でてもらったりすることはあるのか?

知りたいことはいくらでもあります。

 

 

が、そもそも何故これだけ殺処分について取り立たされているのに、ショップがオープンするのでしょうか。

 

 

地域もどうして受け入れるんでしょうか。

 

 

地元に戻ってみて、地方都市ではまだまだ生体販売に関する認識が低いのだということを実感しました。

 

 

長野は新しいビジネスが立ち上がりにくい閉鎖的な土地柄と言われています。

 

 

新しいことを受け入れたり、何かを変えるということはエネルギーが要るものです。それは分かる。

 

でも...

 

勇気を持たなければならない時だって在るよね。

 

長野県の皆さん、私はここに住んではいないけれど、何の力もなけれど、何か始めたいと思います。

 

 

同じように感じている方、いらっしゃいますか...?