【膝蓋骨脱臼】犬の体が楽になる3つの習慣

今回提案していることは、膝蓋骨が脱臼する肢に直接何かをする、というものではなく、

膝を庇って生活するうちに歪んでくる愛犬の体のバランスを整える

ために、皆さんがおうちで出来ることです。

 

何でもそうですが、一回きりではなくて、習慣になるといいんですよね(^^♪

 

 

 

 

ご興味ある方のために、膝蓋骨脱臼に関する他の動画もまとめておきます。↓

 

 

膝蓋骨脱臼のある犬に屈伸運動が良いのか?

 

【膝蓋骨脱臼】軽度の犬のための運動療法

 

 

【膝蓋骨脱臼】がに股の犬の内腿を緩めるマッサージ

 

【膝蓋骨脱臼】内股の犬の腿を緩めるマッサージ

【膝蓋骨脱臼】軽度の犬のための運動療法

【膝蓋骨脱臼】軽度の犬のための運動療法

残念ながら、膝蓋骨脱臼という症状を抱える犬は多いです。

比較的小型犬に多くみられる症状なので、小型犬の多い日本では特に多くの方のわんちゃんに見られると思います。

程度もそれぞれ違いますが、今日紹介するのは

膝蓋骨脱臼軽度(グレード1~2)で、手術なしで生活する犬のための運動療法

になります。

 

 

 

膝が外れてしまう頻度が低くなれば、犬も快適だし、毎日の散歩もぐんと楽しくなるはずです。

チャレンジしてみて下さいね。

 

膝蓋骨脱臼のある犬に屈伸が良いのか?

日本では膝蓋骨脱臼のある犬に屈伸運動が良いとされているようですが、アメリカでもそうでしょうか?

とインスタグラムで質問いただいたので、それについてまとめてみました。

↓ ↓ ↓

※音声のみの作業用・移動中聞き流しシリーズです。

 

何事にも言えることですが、

「~には~が良い」

と安直な言葉に惑わされずに、その「良い」とされる理由を考えて、それが

「自分の愛犬にとってはどうなのか」

 

を考えるようにしたいですね。

...良いものは全て与えたいという親心もすごーく分かります。自分もそうなので。^^

 

 

愛犬の膝蓋骨脱臼でお悩みの方は、こちらもご参考までにどうぞ。

【膝蓋骨脱臼】がに股の犬の内腿を緩めるマッサージ

【膝蓋骨脱臼】内股のわんちゃんの腿を緩めるマッサージ

【膝蓋骨脱臼】がに股の犬の内腿を緩めるマッサージ

あなたのわんちゃんはがに股ですか?

がに股とはどういう状態かというと...

前回お話しした内股・O脚気味のわんちゃんの真逆の状態です。

座骨から直線を引いて、足先が直線上より外側に出ている場合、がに股(cow-hooked) と呼ばれます。

 

犬種によってはこれが正常とされることもありますが(ボーダー・コリーなど)、今日は膝を庇うことで習慣化したがに股さんのためのマッサージを紹介しますね。

 

なぜがに股になるのか?

膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんは、膝を曲げた時に靭帯(とお皿)が体の内側にズレてしまいます

程度によって、キャンと言って痛がる場合もあり、声を上げるほどではなく、2、3歩スキップするだけの場合もあります。

これを何度も経験するうちに...

膝を曲げないように足を広げて踏ん張る習慣が出来てきてしまうのです。

(※全てのわんちゃんがそうというわけではありません。)

相変わらず絵が下手過ぎますが(笑)、

こんな風に ↓ ↓ 靭帯や、筋肉が外側へねじれている状態です。

 

この場合、酷使されているのは、腿の後ろと内側です。

↓ ↓ ↓

というわけで、

腿の後ろと内側を緩めるマッサージ

こちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

内股のわんちゃんの腿の外側が酷使されるのと対照的ですね。膝蓋骨脱臼】足が内側に入るわんちゃんのマッサージ

※内側にも外側にも外れる場合は、腿の内側も外側も、さらに複雑な凝りがある場合もあります。

あなたのわんちゃんがどんな歩き方をしているか、どこが硬くなっているのか、チェックしてみて下さいね。

【膝蓋骨脱臼】内股の犬の腿を緩めるマッサージ

ニュースレター読者さんのMGさんからのメールをご紹介します。

普通に立っている時の後ろ足はまっすぐなのですが、散歩中は内側に入って歩き続けてます。腰もなんとなく振っているような感じなので、足が動かしにくいんだろうか?(...続く)

後足の歩幅が狭い状態ですね?

「立っている時は後足は真っ直ぐ」ということですが、皆さんもチェックしてみて下さい。

尻尾の両端付近に出っ張った骨が犬の座骨です。

座骨から真っ直ぐ線を引いた時、↓ 足先が内側に入る場合を通常O脚(内股)と呼びます。

「O脚・内股で歩幅が狭い」というのは、膝蓋骨脱臼のある、または手術をすでにしたわんちゃんによく見られる症状です。

なぜかというと、犬は膝が(内側に)外れないように後ろ足の外側に体重をかけ、膝を曲げないように歩きがちなので、

腿の外側が常に引っ張られている状態=腿の外側の筋肉が凝っている状態

というわけです。

 

また、すでに手術済みで膝が固定されていても、痛さや不快感を防ごうと自らあみ出した自分なりの歩き方をそのまま続けてしまう場合もあります。

 

腿の筋肉が凝っているか凝っていないかはちょっと触っただけでは分からないかもしれませんが、O脚ぎみで歩幅が狭いようなら、こちらのマッサージを試してみて下さいね。

 

↓ ↓ ↓