愛犬の心と体を楽にする方法

最後まで犬らしく自分で歩けるように、心と体をケアしていくためのヒントをお伝えしています。

後ろ足に関する感覚を刺激するマッサージ

今日はハワイでドッグトレーナーをしておられるTNさんから頂いたおたよりを紹介します。

 

私が今、一番知りたいのは、足、特に後ろ足に対するbody awarnessをあげる/キープするマッサージです。

私が見た感じだと、自分の手足に対する意識がはっきりしている犬、後ろ足の蹴りが良い犬は、前足もしっかり上がり、引きずることなく、歩き方も比較的しっかりしています。

さらに爪切りや手足を拭くことに対して、好きではなくてもパニックしてしまうことが少ないように見受けられます。

また、クライアントさんの都合で毎日、お散歩に行けないシニア犬も多く(行っても、おトイレのみで、歩くのはコンクリート。歩くのもゆっくりなので、あまり距離を歩く時間がない。特に今の時期は暑いので余計に。)そういう犬たちに出来るマッサージがあれば知りたいです。

TMさんのおっしゃる通り、四足歩行の犬たちにとって前肢付近にかかる負担は大きく後肢に関する意識は薄れがちです。

今日はリラックス効果のあるマッサージとは逆に、筋肉に刺激を与え、体に関する意識が活性化される「叩打法」を紹介します

 

叩打法

やり方はこちら ↓ ↓

 

 

Body awareness(体に関する感覚)を錆びつかせずにキープするには、マッサージだけでなく、

 

①自分の体のサイズ、向きを意識する感覚

②関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚

 

を普段から継続的に刺激してあげる必要があります。

 

お散歩中にちょっとしたルーティーンを取り入れたり。

家の中で簡単なエクササイズやストレッチをしたり。

 

それらについては、こちらに詳しく書いています。
↓ ↓ ↓

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

【動画】散歩が出来ない時の退屈&運動不足を解消!愛犬のための頭と体の体操

 

 

こちらの 過去の記事も読んでいない方はご参考までにどうぞ。
↓ ↓ ↓

「うちの子の後ろ足って凝っていますか?」

 

うちのドゥーイー(コッカープー♂8才)は体の使い方が決して上手い方ではないのですが、時間をかけてやればやるだけ、後足に関する意識が強まって動きが違ってきます。

 

足の引き上げも屈伸もなかなかいい線いってるでしょ?^^

 

また、テリントンTタッチもご興味があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tタッチはマッサージではありませんが、behavior modification だけでなく、body awarenessにも効果大だと感じています。

熱がこもりやすいわんちゃんのケア

ニュースレター読者さんからのおたよりです。

 

…てんかんの発作を起こしました。熱が抜けにくい、と言われました。

確かにハアハアが他のワンコ (雑種 15歳、バーニーズマウンテンドッグ 2歳) よりすごいです。

熱が抜けるようなマッサージとハアハアで疲れたところへのマッサージが知りたいです。

 

 

 

 

 

熱が抜けにくい状態とは?

一般的に熱が抜けにくい、ということは、

体の温度調整が上手く働いていない状態、と言えます。

犬の体温は人のそれより高く、平均38.6Cほどで、37.7C~38.8Cは正常値内とされています。

体温調節が上手くいかない(上がった体温を下げずらい)というのは、東洋医学的には「体に熱がこもっている状態(陽熱)」と捉えることが出来ます。

またバーニーズ・マウンテン・ドッグという寒い気候に適した「犬種の持って生まれた体質」とも捉えることも出来ます。

 

Q.実際に体温が正常値より上回るのか?

Q.体温は正常だが運動後などに上がった体温が下がるのに時間がかかるのか?

Q.体温は正常値だがパンティングがおさまりにくい状態なのか?

 

「熱が抜けにくい」、「ハーハーがすごい」と言っても色々な状況が考えられますので、まず改善できるかもしれない点を多角的にチェック↓ ↓しておきましょう。

 

★甲状腺ホルモンの異常(亢進症)はないか?
体温が特別高い状態ではないのに、パンティングだけがが続く場合は一度調べてみるといいと思います。

★呼吸器系の問題はないか?
何らかの原因で主要臓器に負担・影響が出て、呼吸しづらい場合もパンティングが増えます。

★ストレスが多くなっていないか?
ストレスが無さ過ぎて副交感神経が優位になり過ぎている状態もよくありませんが、ストレスが過剰な場合もよくありません。そのような場合に体に熱がこもりがちです。

★脂肪分の多い食事になっていないか?
脂肪が多くカロリーの高い食事が続くと体に熱がこもりやすく、血液や消化器全般にもダメージを与えがちです。

 

これらの点に問題がなければ、体温が下がりにくい、という場合に人が介助してあげられる点を見ていきましょう。 ↓ ↓ ↓

 

 

冷やす

 バーニーズ、サモエド、ハスキー、セント・バーナードなど大型でダブル・コートを持つ寒さに強い犬たちにとっては、近年の日本の夏をやり過ごすこと自体、かなりな負担・ストレスだと思います。

これからは過ごしやすい季節に入りますが、それでもパンティングがなかなか収まらない、体が熱を帯びている、という場合はアイス・カップ・マッサージをまずお試し下さい。

効率的に体温を下げるために耳と肉球から始めて下さい。

 

リンパを流す

 アイスカップマッサージの後、全身のリンパを流していきます。

過剰なパンティングで自律神経の緊張状態が続くと、体液やリンパ液の運搬が停滞しやすいためです。

やり方はこちらを↓ ↓ ↓ご覧ください。

 

食事

 体の熱を冷ます作用のある食材をフードに加えたり、おやつに与えたりするといいでしょう。

 

お勧め食材:

きゅうり、トマト、緑豆(緑豆春雨なども)、とうがん、苦瓜、スイカ、柿、キウイなど

※牛肉、鶏肉、レバーなど与えている場合は量や頻度を減らして、白身の魚やアサリなどを加えてあげると良い。

 

さまざまな角度から愛犬の健康をケアしてみましょうね。

【膝蓋骨脱臼】がに股の犬の内腿を緩めるマッサージ

あなたのわんちゃんはがに股ですか?

がに股とはどういう状態かというと...

前回お話しした内股・O脚気味のわんちゃんの真逆の状態です。

座骨から直線を引いて、足先が直線上より外側に出ている場合、がに股(cow-hooked) と呼ばれます。

 

犬種によってはこれが正常とされることもありますが(ボーダー・コリーなど)、今日は膝を庇うことで習慣化したがに股さんのためのマッサージを紹介しますね。

 

なぜがに股になるのか?

膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんは、膝を曲げた時に靭帯(とお皿)が体の内側にズレてしまいます

程度によって、キャンと言って痛がる場合もあり、声を上げるほどではなく、2、3歩スキップするだけの場合もあります。

これを何度も経験するうちに...

膝を曲げないように足を広げて踏ん張る習慣が出来てきてしまうのです。

(※全てのわんちゃんがそうというわけではありません。)

相変わらず絵が下手過ぎますが(笑)、

こんな風に ↓ ↓ 靭帯や、筋肉が外側へねじれている状態です。

 

この場合、酷使されているのは、腿の後ろと内側です。

↓ ↓ ↓

というわけで、

腿の後ろと内側を緩めるマッサージ

こちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓

内股のわんちゃんの腿の外側が酷使されるのと対照的ですね。膝蓋骨脱臼】足が内側に入るわんちゃんのマッサージ

※内側にも外側にも外れる場合は、腿の内側も外側も、さらに複雑な凝りがある場合もあります。

あなたのわんちゃんがどんな歩き方をしているか、どこが硬くなっているのか、チェックしてみて下さいね。

【膝蓋骨脱臼】内股の犬の腿を緩めるマッサージ

ニュースレター読者さんのMGさんからのメールをご紹介します。

普通に立っている時の後ろ足はまっすぐなのですが、散歩中は内側に入って歩き続けてます。腰もなんとなく振っているような感じなので、足が動かしにくいんだろうか?(...続く)

後足の歩幅が狭い状態ですね?

「立っている時は後足は真っ直ぐ」ということですが、皆さんもチェックしてみて下さい。

尻尾の両端付近に出っ張った骨が犬の座骨です。

座骨から真っ直ぐ線を引いた時、↓ 足先が内側に入る場合を通常O脚(内股)と呼びます。

「O脚・内股で歩幅が狭い」というのは、膝蓋骨脱臼のある、または手術をすでにしたわんちゃんによく見られる症状です。

なぜかというと、犬は膝が(内側に)外れないように後ろ足の外側に体重をかけ、膝を曲げないように歩きがちなので、

腿の外側が常に引っ張られている状態=腿の外側の筋肉が凝っている状態

というわけです。

 

また、すでに手術済みで膝が固定されていても、痛さや不快感を防ごうと自らあみ出した自分なりの歩き方をそのまま続けてしまう場合もあります。

 

腿の筋肉が凝っているか凝っていないかはちょっと触っただけでは分からないかもしれませんが、O脚ぎみで歩幅が狭いようなら、こちらのマッサージを試してみて下さいね。

 

↓ ↓ ↓

 

 

がんと戦うわんちゃんのためのケア

引き続き、

「愛犬のためにどんな状態に効果的なマッサージのしかたを知りたいですか?」

という質問に寄せられましたニュースレター読者さんからのコメントにお答えしていきます。

(前回はこちら→前庭疾患が引き金となって歩けなくなったわんちゃん

今回はがんと診断されたわんちゃんのケースです。

↓ ↓ ↓

 

先日も肝臓がんと診断されたわんちゃんのお宅を訪問しました。

ミコは元保護犬のシニアさん。

ホスピス患者さんを訪問したり、図書館で子供の音読のパートナーをしたり、これまで1000時間以上ボランティアをしてきたベテランです。

セッション後、ママさんからメールをいただきました。

Thank you so much for a lovely afternoon for our special boy, Miko. He did well after you left and I’m sure felt the tenderness of your therapy. He is relaxed and seems to enjoy his short walks better.

(私達の大切な子、ミコのために素敵な午後をありがとう。あなたが帰った後、ミコは調子が良さそうで、優しいセラピーの効果を実感しました。リラックスして短い散歩も楽しんでいるようです。)

 

皆さんも、がんと戦っているわんちゃん、弱っているシニア犬に是非、温かい手を当ててみてく下さいね。