愛犬の心と体を楽にする方法

最後まで犬らしく自分で歩けるように、心と体をケアしていくためのヒントをお伝えしています。

【CBDオイル&低出力レーザー】ペットの痛み-副作用のない選択で乗り切る!

ふと気づくと、

愛犬が部屋の隅でブルブル震えて立ちすくんでいた...

そんな経験はないでしょうか?

 

 

犬の出す痛みのサインは色々あります。

  • ハーハーと荒く息をしている(パンティング)
  • 体を動かしたがらない
  • 食欲がない
  • 寝ていないが目を閉じている
  • 一人になりたがる

痛みの程度や犬の性格によっても様々です。

参考→「犬が痛い時のサイン」

数日前の朝、ドゥーイー(♂コッカープー9才)もそんな感じでした。

...やっちゃったね💦

 

ここ数年落ち着いていたのですが、来るべくして来たな、という気がしました。

なぜかというと...

 

 

 

調子を崩す・体を痛める前兆

2週間ほど日本に帰る用事があり、ドゥーイーは友人宅で見てもらっていました。

ドゥーイーの大好きなガールフレンド、レイアちゃんのお宅です。

ビビリで内弁慶な彼は、緊張と寂しさで最初の晩はかなりご迷惑をかけたようです。💦

そして、朝晩楽しくレスリング。

楽しくて何よりでしたが、通常の運動量よりは多めです。

 

私の帰国後すぐは散歩も行きたがらず、ただただ寝ていましたが、一週間ほどして、徐々にいつもの内弁慶のドゥーイーに戻っていきました。

 

すると、

  • エンジェル(三毛猫17才)を普段以上に追いかけまわす

  • カウチから勢いよく飛び降りる(本来はカウチが低いのでジャンプしなくても階段を下りるように下りれる)

  • ベッドに乗り降りする時に使っているステップを使わず派手にジャンプし、私を遊びに誘ったり、エンジェルを怖がらせたりする

 

...明らかに調子に乗っています。

こんな状況の中、ある朝起きると切なそうな顔をしてブルブル震えているドゥーイーがいたのでした。

 

 

鎮痛剤を与える?それとも...

飼い主がまず一番悩むのは

「どこが痛いのか?」

ということではないでしょうか?

 

動きを見て明らかな場合もありますが、全く動きたがらず、無表情・無反応になる場合もあります。

取りあえず病院へ行った場合、いずれかの筋肉、靭帯、腱を痛めたとして、アメリカで一般的に処方されるのが消炎性の鎮静剤トラマドール(Tramadol)です。

 

中度~重度の痛み、またはがん治療にも使われるこのお薬、「とにかく早く痛みをとってやりたい」という時には便利ですし、私は与えます。

でも製薬には副作用が必ずあります。

 

今回のドゥーイーは、絶えず鳴き声を上げていたり、瞳孔が開いている...といった重度の痛みではなさそうです。

 

そこで、以下のような対処をしました。

    1. CBDオイルを通常量より多く与える

    2. 熱を持っていると思われる、または心当たりのある部位にコールドレーザーを施術する

 

 

 

CBDオイルを与える

CBDは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略で、大麻草に含まれる化合物のことです。

アメリカでは多くの飼い主がペットにCEDオイルやオイル入りのビスケットなどを与えています。

その一番の理由が、

抗炎作用、抗不安作用、鎮痛作用があり、しかも副作用がない

ということではないでしょうか?

以前配信したニュースレター「愛犬にCBDオイルを使うという選択」で詳しく書いていますのでよかったら読んでみて下さい。

 

 

 

コールドレーザーを施術する

クライアントさんにも使用しているコールドレーザー(低出力レーザー)を日に3回ほど施術しました。

コールドレーザーも炎症を抑える働きに優れており、痛みのある動物にも負担をかけずに使えます

ドゥーイーの場合は右側の胸椎( T10-13)から腰椎(L1)に重点を置いて照射しました。

レーザーについては、こちらを参考にどうぞ。→「犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア」

 

 

 

2日目の夜には回復

今回は、1と2の方法で二日目の夜には回復しました。

 

  • 病院でのストレスを与えずに済んだ

  • 薬を与えずに済んだ

この二つ ↑ は私にはとても嬉しいことです。

ドゥーイーは甲状腺ホルモンの薬を常用しているので、肝臓・腎臓へ負担がかかるため、出来るだけ薬を与えずに済めばそれに越したことはないのです。

 

 

もちろん、獣医師による定期的な診断は必須です。

しかし場合によっては、

犬の精神的、身体的な負担にならない選択をすることが出来る、

ということを覚えておいていただけたらと思います。

 

 

 

ようやく落ち着いた日常が戻りつつある我が家です。

愛犬と楽しむホットストーンの夜会♬いい感じでした

金曜日の夜会ウインク

週末に突入する前に、人も犬も一緒にまず一息入れたらいいんじゃないか..

じんわり温かなホットストーンを試してもらいながら…

そんな企画でした。

Trader Joe’s のスパークリングワインで乾杯♬

 

意外にも自分ではホットストーンマッサージを試したことがない、という方達ばかり。

 

でも愛犬の体が楽になるなら是非やってみたいという犬バカ…親心ですねウインク

 

器具を購入しなくても簡単におうちでホットストーンを用意する方法をお話し、

基本の使い方2種類を紹介。

 

大型のシニア犬の慢性痛の緩和にもホットストーンは理想的です。

 

 

 

ピンポイントで温めると効果的な7つの部位も皆さんに実際に試してもらいました。

 

小さなわんちゃんはやはり面積が小さいので石の当て方の角度など結構難しいんです。😅

 

マルチーズのEggiちゃんには最小サイズの石を使ってもらいました。

 

 

ポパイもまんざらでもないお顔だね。

 

もうすぐ10才になるToppyもホットストーンの気持ち良さに思わずニンマリ照れ

 

ライラ(チワワミックス)は ↓ Sue(写真右)が気に入ったようで...

 

終始アプローチ(笑)。

牛乳を使わないチーズやクリームチーズも美味しいとかなり好評でした。

 

皆んなでまったりしながら様々な話題に花が咲き…

 

ホットストーンの夜会は予定の終了時間をだいぶ過ぎてやっとお開きになりました。爆笑

 

次回は4月下旬の予定です。

犬にストレスを与えないハーネスの装着法

あなたのわんちゃんは、ハーネスを装着する時、嫌がりますか?

 

毎日のことですから、わんちゃんのストレスにならないようにスムーズにいきたいですよね?

「うちの犬は、ハーネスを手に取ると逃げようとします~💦」

という方は、これから紹介する方法を試してみて下さい。

 

ハーネスの装着法

  1. ハーネスを広げて床に置く

  2. 腕を通す両方の穴におやつを置き、犬を招く

  3. 犬がおやつを食べ始めるのを待ち、食べている間に足を片足づつハーネスに入れて行く

 

 

こんな感じです。↓

 

 

ハーネス装着のポイント

 ハーネスの種類によっても多少違いはあるでしょうが、ポイントは、

 

  • 頭の上から覆うようなかたちで着せない

  • おやつを咀嚼中に装着を行う(食べる前でも後でもなく)

この二つです。

 

頭の上からハーネスを装着しようとすると、怖がる犬は多いです。

人よりずっと小さい犬にとって、頭の上から覆われるような動きは、とても恐ろしいであろうと想像出来ますね。

洋服を着せる、頭を撫でる、なども同じ理由で苦手な犬が多いです。

 

 

皆さんのわんちゃんが毎日ストレスなくスムーズにハーネスを付けて、楽しく散歩が出来ますように!

 

 

後ろ足に関する感覚を刺激するマッサージ

今日はハワイでドッグトレーナーをしておられるTNさんから頂いたおたよりを紹介します。

 

私が今、一番知りたいのは、足、特に後ろ足に対するbody awarnessをあげる/キープするマッサージです。

私が見た感じだと、自分の手足に対する意識がはっきりしている犬、後ろ足の蹴りが良い犬は、前足もしっかり上がり、引きずることなく、歩き方も比較的しっかりしています。

さらに爪切りや手足を拭くことに対して、好きではなくてもパニックしてしまうことが少ないように見受けられます。

また、クライアントさんの都合で毎日、お散歩に行けないシニア犬も多く(行っても、おトイレのみで、歩くのはコンクリート。歩くのもゆっくりなので、あまり距離を歩く時間がない。特に今の時期は暑いので余計に。)そういう犬たちに出来るマッサージがあれば知りたいです。

TMさんのおっしゃる通り、四足歩行の犬たちにとって前肢付近にかかる負担は大きく後肢に関する意識は薄れがちです。

今日はリラックス効果のあるマッサージとは逆に、筋肉に刺激を与え、体に関する意識が活性化される「叩打法」を紹介します

 

叩打法

やり方はこちら ↓ ↓

 

 

Body awareness(体に関する感覚)を錆びつかせずにキープするには、マッサージだけでなく、

 

①自分の体のサイズ、向きを意識する感覚

②関節を曲げ伸ばしした時に生じる感覚

 

を普段から継続的に刺激してあげる必要があります。

 

お散歩中にちょっとしたルーティーンを取り入れたり。

家の中で簡単なエクササイズやストレッチをしたり。

 

それらについては、こちらに詳しく書いています。
↓ ↓ ↓

【電子書籍】元気に歩けるシニア犬を目指して今始める7つのこと

【動画】散歩が出来ない時の退屈&運動不足を解消!愛犬のための頭と体の体操

 

 

こちらの 過去の記事も読んでいない方はご参考までにどうぞ。
↓ ↓ ↓

「うちの子の後ろ足って凝っていますか?」

 

うちのドゥーイー(コッカープー♂8才)は体の使い方が決して上手い方ではないのですが、時間をかけてやればやるだけ、後足に関する意識が強まって動きが違ってきます。

 

足の引き上げも屈伸もなかなかいい線いってるでしょ?^^

 

また、テリントンTタッチもご興味があれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

Tタッチはマッサージではありませんが、behavior modification だけでなく、body awarenessにも効果大だと感じています。

熱がこもりやすいわんちゃんのケア

ニュースレター読者さんからのおたよりです。

 

…てんかんの発作を起こしました。熱が抜けにくい、と言われました。

確かにハアハアが他のワンコ (雑種 15歳、バーニーズマウンテンドッグ 2歳) よりすごいです。

熱が抜けるようなマッサージとハアハアで疲れたところへのマッサージが知りたいです。

 

 

 

 

 

熱が抜けにくい状態とは?

一般的に熱が抜けにくい、ということは、

体の温度調整が上手く働いていない状態、と言えます。

犬の体温は人のそれより高く、平均38.6Cほどで、37.7C~38.8Cは正常値内とされています。

体温調節が上手くいかない(上がった体温を下げずらい)というのは、東洋医学的には「体に熱がこもっている状態(陽熱)」と捉えることが出来ます。

またバーニーズ・マウンテン・ドッグという寒い気候に適した「犬種の持って生まれた体質」とも捉えることも出来ます。

 

Q.実際に体温が正常値より上回るのか?

Q.体温は正常だが運動後などに上がった体温が下がるのに時間がかかるのか?

Q.体温は正常値だがパンティングがおさまりにくい状態なのか?

 

「熱が抜けにくい」、「ハーハーがすごい」と言っても色々な状況が考えられますので、まず改善できるかもしれない点を多角的にチェック↓ ↓しておきましょう。

 

★甲状腺ホルモンの異常(亢進症)はないか?
体温が特別高い状態ではないのに、パンティングだけがが続く場合は一度調べてみるといいと思います。

★呼吸器系の問題はないか?
何らかの原因で主要臓器に負担・影響が出て、呼吸しづらい場合もパンティングが増えます。

★ストレスが多くなっていないか?
ストレスが無さ過ぎて副交感神経が優位になり過ぎている状態もよくありませんが、ストレスが過剰な場合もよくありません。そのような場合に体に熱がこもりがちです。

★脂肪分の多い食事になっていないか?
脂肪が多くカロリーの高い食事が続くと体に熱がこもりやすく、血液や消化器全般にもダメージを与えがちです。

 

これらの点に問題がなければ、体温が下がりにくい、という場合に人が介助してあげられる点を見ていきましょう。 ↓ ↓ ↓

 

 

冷やす

 バーニーズ、サモエド、ハスキー、セント・バーナードなど大型でダブル・コートを持つ寒さに強い犬たちにとっては、近年の日本の夏をやり過ごすこと自体、かなりな負担・ストレスだと思います。

これからは過ごしやすい季節に入りますが、それでもパンティングがなかなか収まらない、体が熱を帯びている、という場合はアイス・カップ・マッサージをまずお試し下さい。

効率的に体温を下げるために耳と肉球から始めて下さい。

 

リンパを流す

 アイスカップマッサージの後、全身のリンパを流していきます。

過剰なパンティングで自律神経の緊張状態が続くと、体液やリンパ液の運搬が停滞しやすいためです。

やり方はこちらを↓ ↓ ↓ご覧ください。

 

食事

 体の熱を冷ます作用のある食材をフードに加えたり、おやつに与えたりするといいでしょう。

 

お勧め食材:

きゅうり、トマト、緑豆(緑豆春雨なども)、とうがん、苦瓜、スイカ、柿、キウイなど

※牛肉、鶏肉、レバーなど与えている場合は量や頻度を減らして、白身の魚やアサリなどを加えてあげると良い。

 

さまざまな角度から愛犬の健康をケアしてみましょうね。