愛犬の心と体を楽にする方法

最後まで犬らしく自分で歩けるように、心と体をケアしていくためのヒントをお伝えしています。

暑さ以外のパンティングの理由を復習してみる

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

これから少しづつ気温が上がってきますね。

そこで今日は、わんちゃんのパンティング(ハーハーいう状態)についてです。

 

 

パンティングの理由

パンティングはどんな時に起きるでしょうか?

  1.暑い時
  2.運動した後
  3.興奮・緊張している時

などが一般的ですよね。

マッサージの最中にハーハーしてくることもありますよ。

それを見て心配されるクライアントさんもいらっしゃいますが、これはマッサージによって血行が良くなり、体が温まってくるためなのです。

あまり歩けないシニア犬でも、マッサージによって運動したのと同じような効果が望めます。

また、外出中に人や犬、状況などに反応してパンティングする(3.興奮・緊張)のは日常的に目にする光景かもしれません。

特にハナペチャさんの場合は呼吸がしづらいことからパンティングも頻繁です。

では、それ以外に考えられるのはどんな時でしょうか?

 

 

他にもあるパンティングの理由

  4.怪我をしている
  5.どこかに痛みがある

痛みがある場合、落ち着かずパンティングすることがあります。

パンティング以外にも痛みのサインは沢山ありますので、こちらを参考にしてみて下さい。

中にはストイックに痛みをひたすら隠すわんちゃんもいます。

何のサインもないからといって痛みがないとも限りません。

普段から気をつけて変化に気付いてあげたいですね。

 

  6.薬を服用している

プレドニゾン(Prednisone) を服用しているシニア犬は多いです。抗炎性の痛み止めで関節炎、呼吸器系の疾患、アレルギー、がんなどに使われることが多いです。

パンティングすることが多く、水をガブ飲みする傾向にあります。

 

  7.疾患がある

心臓機能が低下している場合:
パンティングや咳などが見られます。

クッシング症候群
(副腎皮質機能亢進症)

パンティングの他にも、多飲多尿、おなかがぽっこり張るなどの症状が見られます。

咽頭麻痺、肺炎、肺腫瘍
急にパンティングが始まって、咳がしばらく続く、ということがある場合は獣医師の診断を仰ぎましょう。

 

  8.認知症の不安感・混乱・落ち着きにくさ

悲しいことに犬も人のように年と共に頭の働きが弱ってきます。

なかなか横になる場所が決まらず、行ったり来たり、或いはハーハー言って、ぐるぐる同じところを回り続けているのは認知症の犬によく見られる症状です。

関節痛があれば、同じ姿勢で長く居続けるのが難しい、というのもあります。

私がマッサージさせていただいているシニアさん達の中には、一時間のセッションの間、数回場所変えをするわんちゃんもいます。

全然悪いことではないんですよ!

休憩を入れたり、少しずつポジションを変えながらやっています。

シニア犬の場合は特に、パンティングしていたらすぐに 「暑いせい」と決め付けないことが大切です。

ハーハーしているからとクーラーのついた部屋に24時間、運動量の少ないシニア犬がいると、必要以上に体を冷やしてしまい、関節が動かしにくくなってしまいます。

 

まとめ

犬がハーハーしている=暑い、と決めつけないで下さい。

本当に暑いせいでパンティングしているのか?

緊張、興奮によるパンティングなのか?

体のどこかに痛みや違和感があるのか?

認知症による不安や混乱が起きているのか?

パンティングの理由を様々な角度から検討して見て下さいね。

同時に複数の原因がある場合も少なくありません。

【怪我や痛みの早期発見ポイント】つま先

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

先日、左後肢の靱帯結合手術をしたベルマちゃんのマッサージをしました。

おうちの方がこんなことを仰っていたのが印象的でした。

 

家に迎えてからずっと左の後ろ足が小さいなぁ、と思ってました。

「えええぇー」と思うと同時に「なるほどー」となんだか納得してしまった私。^^;





ベルマちゃんを家に迎えてから約9ヶ月。

元気で散歩の時も全く変わった様子もなく、いくらでも歩きたがったそうです。

でもひとつ、ぼんやり覚えているのが左の足先だというのです。

そしてある日突然、左後肢を全く着けなくなり、診断の結果、靱帯が完全に断裂していたそうです。

これを聞く限り、パドマちゃんを引き取った時にはすでに怪我をしていたのではないかと思います。

左後肢のつま先が小さく見えたのは、

その肢に体重をかけていなかった

せいでしょう。

 

 

日頃からつま先を観察する

犬が普通に立っている時のつま先とはどんなふうでしょう?

イメージできますか?

しっかり5つの肉球が地に着いています。

体重をかけられない理由がある場合は、ほんの先だけ地に着いています。

また、肉球側から見て、その擦り切れ具合によって、どこに体重をかけているかが分かります。

ほんの数秒なら別ですが、

継続的に特定の肢に体重をかけていないのなら、その肢に痛みがあると予想できます。

靱帯は小さな亀裂が入った状態であれば、自然に傷が治るのを待つのが一般的です。

でも毎日の運動の積み重ねで、その亀裂が少しずつ大きなっていき、パツンと完全に切れてしまうと手術するしかありません。(≧д≦)

ですからなるべく早く気付いてあげたいのです。

でもベルマちゃんのように痛みを隠すのが上手で、元気にいくらでも遊びたがると、見逃してしまうのも無理はない気がします。

彼女は特に痛みに強いようでした。

 

「どうにでもしてぇ~」なパドマちゃん。^^

この日マッサージするのがこのわんちゃんとは知らずに病院の待合室で既に仲良しになっていた私達。*^^*

 

手術後のわんこさんはとーーってもセンシティブになっていますから、触られるのを拒むものですが、大らかでとっても優しいパドマちゃん。

こんなパドマちゃんだから、多少の靱帯の亀裂も我慢してしまい、ご家族も事の重大さに気が付かなかったのでしょう。

 

 

怪我や痛みをすぐに発見するために

  •  散歩の時にあらゆる角度から歩く様子をチェックしましょう。(びっこを引いている?うさぎのようにピョンピョン跳ねる?)

  • どの肢に体重をかけているのか、いないのか、つま先を見て考えてみましょう。

  • 犬がどんなに元気で、走り回れたとしても、痛みの程度を知る判断材料にはならないことを覚えておきましょう。

 

 

参考

スタンス・アナライザー(Stance analyzer)というものがあります。

これは犬が体重を四肢のどの部分にどれだけ分散しているかを数値化してくれる機械なんですよ。

↓ ↓

このわんちゃんは、左前肢に前体重の24%、右後肢に21%、右前肢に38%、そして左後肢に17%を分散しています。

このデータからどういうことが言えるでしょうか?

左後肢に17%しか体重をかけていないということは痛みがあるのでしょう。

そしてそれを庇うため、右前肢に38%もの体重がかかっています。

左前肢と右後肢にほぼ均等(24%、21%)に体重が分散されているのと対照的です。

こんなふうに痛みの場所が絞られると、レントゲンやMRIなども特定の部位のみ限定して依頼できるので、経済的でもあります。^^;

スタンス・アナライザーを導入している獣医さんもいらっしゃいますので、愛犬の様子で気になることがある場合は一度聞いてみるといいと思います。

 

愛犬のデトックスを促す4つのポイント

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。
 

最近では

デトックス=ダイエット

の手段のように謳われることも多いですよね。

そんな中、デトックスは医学的に何の根拠もない、という意見もあるようです。

だから、デトックスを促すためのダイエット商品は意味がないと…。^^;

 

では犬の場合はどうでしょうか?

 

 

犬にデトックスって必要?

私は必要だと思います。

意味がないという意見の理由の一つは、

「体はもともと有害物質を取り除いて排出する機能を持っている」

というものです。

体の中で有害物質をろ過して、排出するのは腎臓ですね。

その腎臓が弱っていたらどうでしょう?

そもそも臓器は高齢になっても若かった頃と同じように働くのでしょうか?

体が自然にデトックス出来たら理想的ですが、いつもそう出来るとは限りません。

それを促す、あるいは毒素をなるべく蓄積させないようにすることは、愛犬の健康を管理する上で必要なのです。

 

 

なぜ有害物質が体内に蓄積される?

犬の場合で考えてみます。

 

  • ワクチン、痛み止め、抗生物質など

  • 殺虫剤ベースのノミ・ダニ駆除商品

  • ドッグフードやスナックに含まれる添加物、保存料

  • 野菜、果物、穀物に残っている農薬

  • 魚介類に蓄積された水銀

 

これらの合成物質は体内で完全に分解されないので、「残りカス」が毒素・老廃物として少しずつですが着実に体内に留まっていくのです。

さらに大気汚染や、疲れ、負のストレスなども併せて考えると...。

デトックスする必要性が感じられませんか?(>_<)

では愛犬のデトックスを促す、あるいは毒素をなるべく蓄積させないようにするにはどうすれはいいのでしょうか

 

 

 

愛犬のデトックスを促す4つのポイント

1.代謝を上げる
2.おなかの調子を整える
3.適量の水分摂取とまめな排泄
4.合成薬や添加物を避ける

 

 

1.代謝を上げる

  • 体を動かす時間を増やす

必ずしも激しい運動を取り入れる、ということではありません。

足腰の弱ったシニアさんに体を動かせ!と言っても難しいですよね。

そんな場合はマッサージがとっても良いんですよ。

血行が改善されるので、運動しているのと同じ効果が望めます。

  • 日常の中でちょこちょこ遊びを取り入れてみる

  • 一日中ずっと留守番している代わりに、週に一、二度はデイケア(犬の幼稚園)のような所を利用してみる

...などいくらでも自分の愛犬に合った方法が工夫出来そうです。

 

 

2.おなかの調子を整える

下痢や便秘の繰り返しで腸内環境が安定していないと代謝も下がります。

便秘の場合、それだけ長く体内に毒素や老廃物が留まってしまうということですから、デトックスは難しくなります。

発酵食品や食物繊維を食事に取り入れたり、プロバイオティックス、プリバイオティックスなどのサプリを試してみるのもいいでしょう。

でも個体によって効果はそれぞれ。

みーんな体質が違います。

時間はかかるかもしれないですけれど、愛犬に一番合うものを探してあげたいですね。

うちのドゥーイー(コッカープー♂7才)はおなかが弱い方です。

これまで沢山のハーブのサプリを試してきました。

まあまあ、と思うものから、全く違いが見えないものまで、さまざま。^^;

ドゥーイーの場合、うん〇が素晴らしく改善するのはビーフ・トライプ(牛の第四胃)です。

トライプの消化酵素の中にはドゥーイーの腸内が特に必要としているものがあるみたいです。

愛犬のおなかが「今一つ安定しないなぁ」と感じるようであれば、一定の商品、食材等にこだわらずに色々試してみるといいかもしれませんね。

(2018年3月追記:8才を迎えた現在では動物性タンパク質の量が多過ぎると便が緩くなります。グレイン・フリーがポピュラーですが、ドゥーイーの場合は、穀物・野菜の割合が高い方が便の状態が良いです。)

 

3.適当な水分補給をし、頻繁に排尿させる

運動量の減る冬場はそれほど水分摂取に神経質になることはないでしょうが、もしドライ・タイプのフードがメインのわんこさんでしたら、ほんの少し気を付けてみましょう。

「健康診断で軽い脱水症状有りと言われた~」とおっしゃる方は結構多いんですよ。

 

  • 鰹節のお出汁や、肉・魚類のゆで汁を冷ましたものを、フードにかけたり、またはそのまま与える

ただの水を飲ませようとするより、抵抗なく自然に水分が摂れると思います。

冷蔵庫から取り出したばかりの冷えたものより、生温かい方が喜ぶみたいです。

温かい = 狩ったばかりの新鮮なもの

というイメージでしょうか。

適量の水分摂取が出来ていると尿の色もほとんど色がありません。

 

  • 頻繁に排泄させる

冬は寒い・眠いで、おトイレに行くのをおっくうがる、ということはありませんか?

外でおトイレするわんこさんで、雨がキライだとなかなか外に出たがらず我慢してしまったり...。

水分たっぷりの食事

遊び、軽い運動

トイレを促す

ご褒美(おやつや遊びなど愛犬が喜ぶもの・こと)

というだいたいの流れを作ってやると、ちょくちょくおトイレに行くことがルーティーン化しやすいようです。

 

4.合成薬や添加物を避ける

どうしても薬を使わなければならない場合はもちろんあります。

ですが、もし選択肢があるとしたら、なるべく自然のものを選びたいですね。

体内に蓄積されるゴミは少なければ、少ないほどいいわけですから。

 

例えば、非常にナーバスになりやすいわんちゃんが長時間飛行機に乗るとします。

獣医師から処方される薬を使う代わりに、

  • レスキュー・レメディ(バッチ・フラワー・レメディ)

  • 精油

  • サンダー・シャツ

  • 犬用人工フェロモン(スプレー、首輪など)

このような副作用のないものを選択することも出来ます。

 

また、ドッグフードやおやつ、サプリも意識して添加物、保存料、着色料などがないか、比較的少ないものを選びましょう。

繰り返しになりますが、出来るだけ最初からゴミは体に入れない!つもりで。

 

 

デトックス出来ている犬とは?

 ではデトックスを心がけている方のわんちゃんは、していない方のわんちゃんに比べて

どのように違うでしょうか?

 

【代謝が活発】
代謝の良いわんちゃんは、触れると指がなめらかに滑ります。

撫でていてある部分にくると指がつっかえるような感じがしたことはありませんか?

一般的に、老廃物、毒素、リンパ液が停滞していたり、コリになってしまっている所がそうです。

また、代謝が活発なわんちゃんはエネルギーを燃焼しやすくなるので、体重が増えにくい、または体重を落としやすいです。^^

 

【おなかの調子が良い】
腸内環境の安定したわんちゃんは、きれいな姿勢を保てるので体が歪みにくいです。

おなかの調子が冴えないわんちゃんは、背中を丸めて歩きがちです。

背中を丸め、お尻を下げて、膝を曲げずに動き続けていると、体全体のバランスが崩れ、やがて関節だけでなく内臓にも影響します。

おなかが元気だと免疫力もアップするので、活気ややる気が感じられます。

 

【適量の水分摂取とマメな排泄が出来ている】
水分が十分取れているわんちゃんは体がしなやかで、そうでない子に比べて痛みがありません。

「脱水症状気味」と言われた経験のある飼い主さんは結構多い、と先に書きました。

わんちゃんの額や背中の皮膚が簡単につまめて、耳周りも自由に動かせるのが理想です。

老廃物や毒素の停滞・蓄積

乳酸(疲れ成分)のような老廃物が蓄積されてくると体は、痛い、だるい、しんどい、状態です。

軟骨

脱水状態では軟骨が正常な状態を保てず、すり減ってしまい、関節周辺に痛みが発症しやすくなります。

ヒスタミン

水分が足りていないと、大事な脳内神経伝達物質であるヒスタミン値が高くなります。

体内の水分調整をしてくれるのがヒスタミンなのですが、高値な状態が長く続くと、やがて免疫系の働きが抑制され、あらゆる病気のリスクが高まります。

 

【薬や添加物の摂取量が少ない】
そんなわんちゃんは肝臓・腎臓が健康で、アレルギー発症のリスクも低いです

薬や食品添加物などの化学物質は肝臓やその他の臓器の負担になります。

また完全に消化することが出来ないので老廃物として体に蓄積されていきます。

老廃物が体に蓄積されていくとどういう状態になるかはすでにお話ししましたね。

また、アレルギーが疑われる場合、アレルゲンを検査で特定して、それを避ける方法は残念ながら一時的な対処法に過ぎません。

まずは口から入る薬・食品添加物を減らすことから始めてみましょう。

サプリは「体に良いもの」という印象を受けやすいですが、添加物の沢山入ったサプリもありますのでご注意を。

 

 

まとめ

 デトックスする(体に溜まったゴミを捨てる)ことはわんちゃんにとっても大切だと感じていただけたでしょうか?

運動不足

毎日添加物たっぷりのドライフード

水分不足

というわんちゃんがいたとしたら…

体の中でどんなことが起こっているか想像してみて下さい。(>_<)

 

反対に定期的にデトックスを心がけてあげると...

 

無駄のない、しなやかな体で
背中もピーンと伸びて姿勢も美しく
元気で活発、快食・快便 (^^♪
たとえシニアでも痛みは軽く
免疫もバッチリ
内臓も全て正常値で
アレルギー・フリー

こんな快適ライフが目指せます。

是非、少しづつでも出来ることから始めてみて下さいね。

最後にもう一度、デトックスの4ポイントを。

1.代謝を上げる
2.おなかの調子を整える
3.適量の水分摂取とまめな排泄
4.合成薬や添加物を避ける

 

最新のサービスメニューなどのお知らせ♪(2018)

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

2018年2月時点で提供しているサービスの詳細をまとめておきますね。

 

マッサージ

30分 $37

60分 $60

 2頭で30分ずつシェアするとお得です。

120分 $100

 2頭で60分ずつシェアするとお得です。

 

 

マッサージ&コールドレーザー

30分(トータルで) $62

60分(トータルで) $85

 

コールドレーザーのみ

15分 $50

 

 

体幹トレーニング&マッサージ

 60分(トータルで)$80

 

 

 

お家の方のための講座

愛犬の健康オタクさんのためのフルボディ・マッサージ習得講座

4~5時間ぐらい $228

(犬同伴でお越しください。)

 過去の講座の様子 ↓ ↓ ↓

愛犬の健康オタクさんのためのフルボディ・マッサージ習得講座、終了!

愛犬の健康オタクさんのためのフルボディ・マッサージ習得講座(英語クラス)、終了!

寒い季節の愛犬ケア‐ヒートセラピーの勧め

1.5時間 $60

(犬同伴でなくてもOK)

過去の講座の様子 ↓ ↓ ↓

【寒い季節の愛犬ケア♪】ヒート・セラピーの勧め、終わりました

愛犬の健康寿命を伸ばす‐体幹トレーニング・エクササイズの勧め

1.5時間 $60

(犬同伴でお越しください。)

過去の講座の様子 ↓ ↓ ↓

愛犬と楽しむフィットネス&エクササイズ、やりました

 

 

 

ロケーション

通常のセッション、クラスはこちらです。

15066 Los Gatos-Almaden Rd.
Los Gatos, CA 95032
c/o Yachiyo Wellness

 

例外として、

  • 歩行が不自由な大型犬

  • おうちの方のお体が不自由な場合(※階段があります)

は、これまでの出張サービスを継続しています。

「連れて通うのは難しい」

という方はお気軽にお知らせ下さい。

出張費は$30(サウスベイエリア20マイル内)です。

 

随時変更があるかもしれませんが、2018年は上記の予定です。

ご質問はいつでもお気軽にこちらへどうぞ。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【前肢・後肢】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

今日は

「犬が横になった状態でする前肢・後肢のストレッチ」

を紹介しますね。

 

まずはこちらの動画からご覧ください。
↓ ↓ ↓

 

 

肩関節と股関節のストレッチ

 「オスワリした状態でさせる前肢のストレッチ」

の時と同じく、

肘と手首は無理をせず、肩関節だけにフォーカスしています。

以前も書きました通り、

  • ご家庭で怪我予防のためにするストレッチであること

  • 前肢を触られるのが苦手なわんちゃんが多いこと

が、その理由です。

フィジカルセラピーでは、

肩→肘→手首→つま先

股→膝→踵→つま先

と全てストレッチをします。

各部位がどのくらい動く(開く)のが正常範囲か知る目安として、

「可動域のチャート」

というものがありますが、

犬種、年齢、健康状態によってかなり個体差があるため、ご家庭で適当にぐい~っと犬の体をストレッチさせることは、お勧め出来ません。

そこで、簡単に出来る肩関節、股関節のみに重点を置いたストレッチ法を紹介している次第です。

 

無理せず少しづつ、でも確実にストレッチする習慣が出来てくると良いですね!

筋肉や靭帯をしなやかに保つことが怪我予防に繋がります。