熱がこもりやすいわんちゃんのケア

ニュースレター読者さんからのおたよりです。

 

…てんかんの発作を起こしました。熱が抜けにくい、と言われました。

確かにハアハアが他のワンコ (雑種 15歳、バーニーズマウンテンドッグ 2歳) よりすごいです。

熱が抜けるようなマッサージとハアハアで疲れたところへのマッサージが知りたいです。

 

 

 

 

 

熱が抜けにくい状態とは?

一般的に熱が抜けにくい、ということは、

体の温度調整が上手く働いていない状態、と言えます。

犬の体温は人のそれより高く、平均38.6Cほどで、37.7C~38.8Cは正常値内とされています。

体温調節が上手くいかない(上がった体温を下げずらい)というのは、東洋医学的には「体に熱がこもっている状態(陽熱)」と捉えることが出来ます。

またバーニーズ・マウンテン・ドッグという寒い気候に適した「犬種の持って生まれた体質」とも捉えることも出来ます。

 

Q.実際に体温が正常値より上回るのか?

Q.体温は正常だが運動後などに上がった体温が下がるのに時間がかかるのか?

Q.体温は正常値だがパンティングがおさまりにくい状態なのか?

 

「熱が抜けにくい」、「ハーハーがすごい」と言っても色々な状況が考えられますので、まず改善できるかもしれない点を多角的にチェック↓ ↓しておきましょう。

 

★甲状腺ホルモンの異常(亢進症)はないか?
体温が特別高い状態ではないのに、パンティングだけがが続く場合は一度調べてみるといいと思います。

★呼吸器系の問題はないか?
何らかの原因で主要臓器に負担・影響が出て、呼吸しづらい場合もパンティングが増えます。

★ストレスが多くなっていないか?
ストレスが無さ過ぎて副交感神経が優位になり過ぎている状態もよくありませんが、ストレスが過剰な場合もよくありません。そのような場合に体に熱がこもりがちです。

★脂肪分の多い食事になっていないか?
脂肪が多くカロリーの高い食事が続くと体に熱がこもりやすく、血液や消化器全般にもダメージを与えがちです。

 

これらの点に問題がなければ、体温が下がりにくい、という場合に人が介助してあげられる点を見ていきましょう。 ↓ ↓ ↓

 

 

冷やす

 バーニーズ、サモエド、ハスキー、セント・バーナードなど大型でダブル・コートを持つ寒さに強い犬たちにとっては、近年の日本の夏をやり過ごすこと自体、かなりな負担・ストレスだと思います。

これからは過ごしやすい季節に入りますが、それでもパンティングがなかなか収まらない、体が熱を帯びている、という場合はアイス・カップ・マッサージをまずお試し下さい。

効率的に体温を下げるために耳と肉球から始めて下さい。

 

リンパを流す

 アイスカップマッサージの後、全身のリンパを流していきます。

過剰なパンティングで自律神経の緊張状態が続くと、体液やリンパ液の運搬が停滞しやすいためです。

やり方はこちらを↓ ↓ ↓ご覧ください。

 

食事

 体の熱を冷ます作用のある食材をフードに加えたり、おやつに与えたりするといいでしょう。

 

お勧め食材:

きゅうり、トマト、緑豆(緑豆春雨なども)、とうがん、苦瓜、スイカ、柿、キウイなど

※牛肉、鶏肉、レバーなど与えている場合は量や頻度を減らして、白身の魚やアサリなどを加えてあげると良い。

 

さまざまな角度から愛犬の健康をケアしてみましょうね。

コメントする