暑さ以外のパンティングの理由を復習してみる

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

これから少しづつ気温が上がってきますね。

そこで今日は、わんちゃんのパンティング(ハーハーいう状態)についてです。

 

 

パンティングの理由

パンティングはどんな時に起きるでしょうか?

  1.暑い時
  2.運動した後
  3.興奮・緊張している時

などが一般的ですよね。

マッサージの最中にハーハーしてくることもありますよ。

それを見て心配されるクライアントさんもいらっしゃいますが、これはマッサージによって血行が良くなり、体が温まってくるためなのです。

あまり歩けないシニア犬でも、マッサージによって運動したのと同じような効果が望めます。

また、外出中に人や犬、状況などに反応してパンティングする(3.興奮・緊張)のは日常的に目にする光景かもしれません。

特にハナペチャさんの場合は呼吸がしづらいことからパンティングも頻繁です。

では、それ以外に考えられるのはどんな時でしょうか?

 

 

他にもあるパンティングの理由

  4.怪我をしている
  5.どこかに痛みがある

痛みがある場合、落ち着かずパンティングすることがあります。

パンティング以外にも痛みのサインは沢山ありますので、こちらを参考にしてみて下さい。

中にはストイックに痛みをひたすら隠すわんちゃんもいます。

何のサインもないからといって痛みがないとも限りません。

普段から気をつけて変化に気付いてあげたいですね。

 

  6.薬を服用している

プレドニゾン(Prednisone) を服用しているシニア犬は多いです。抗炎性の痛み止めで関節炎、呼吸器系の疾患、アレルギー、がんなどに使われることが多いです。

パンティングすることが多く、水をガブ飲みする傾向にあります。

 

  7.疾患がある

心臓機能が低下している場合:
パンティングや咳などが見られます。

クッシング症候群
(副腎皮質機能亢進症)

パンティングの他にも、多飲多尿、おなかがぽっこり張るなどの症状が見られます。

咽頭麻痺、肺炎、肺腫瘍
急にパンティングが始まって、咳がしばらく続く、ということがある場合は獣医師の診断を仰ぎましょう。

 

  8.認知症の不安感・混乱・落ち着きにくさ

悲しいことに犬も人のように年と共に頭の働きが弱ってきます。

なかなか横になる場所が決まらず、行ったり来たり、或いはハーハー言って、ぐるぐる同じところを回り続けているのは認知症の犬によく見られる症状です。

関節痛があれば、同じ姿勢で長く居続けるのが難しい、というのもあります。

私がマッサージさせていただいているシニアさん達の中には、一時間のセッションの間、数回場所変えをするわんちゃんもいます。

全然悪いことではないんですよ!

休憩を入れたり、少しずつポジションを変えながらやっています。

シニア犬の場合は特に、パンティングしていたらすぐに 「暑いせい」と決め付けないことが大切です。

ハーハーしているからとクーラーのついた部屋に24時間、運動量の少ないシニア犬がいると、必要以上に体を冷やしてしまい、関節が動かしにくくなってしまいます。

 

まとめ

犬がハーハーしている=暑い、と決めつけないで下さい。

本当に暑いせいでパンティングしているのか?

緊張、興奮によるパンティングなのか?

体のどこかに痛みや違和感があるのか?

認知症による不安や混乱が起きているのか?

パンティングの理由を様々な角度から検討して見て下さいね。

同時に複数の原因がある場合も少なくありません。

【犬の靭帯の怪我や痛み早期発見ポイント】つま先

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

先日、左後肢の靱帯結合手術をしたパドマちゃんのマッサージをしました。

おうちの方がこんなことを仰っていたのが印象的でした。

 

家に迎えてからずっと左の後ろ足が小さいなぁ、と思ってました。

「えええぇー」と思うと同時に「なるほどー」となんだか納得してしまった私。^^;





パドマちゃんを家に迎えてから約9ヶ月。

元気で散歩の時も全く変わった様子もなく、いくらでも歩きたがったそうです。

でもひとつ、ぼんやり覚えているのが左の後ろ足が小さいなぁ、ということ。

そしてある日突然、左後肢を全く着けなくなり、診断の結果、靱帯が完全に断裂していたそうです。

これを聞く限り、パドマちゃんを引き取った時にはすでに怪我をしていたのではないかと思います。

左後肢のつま先が小さく見えたのは、

その肢に体重をかけていなかった

せいでしょう。

 

 

日頃からつま先を観察する

犬が普通に立っている時のつま先とはどんなふうでしょう?

イメージできますか?

しっかり5つの肉球が地に着いています。

体重をかけられない理由がある場合は、ほんの先だけ地に着いています。

また、肉球側から見て、その擦り切れ具合によって、どこに体重をかけているかが分かります。

ほんの数秒なら別ですが、

継続的に特定の肢に体重をかけていないのなら、その肢に痛みがあると予想できます。

靱帯は小さな亀裂が入った状態であれば、自然に傷が治るのを待つのが一般的です。

でも毎日の運動の積み重ねで、その亀裂が少しずつ大きなっていき、パツンと完全に切れてしまうと手術するしかありません。(≧д≦)

ですからなるべく早く気付いてあげたいのです。

でもパドマちゃんのように痛みを隠すのが上手で、元気にいくらでも遊びたがると、見逃してしまうのも無理はない気がします。

彼女は特に痛みに強いようでした。

 

「どうにでもしてぇ~」なパドマちゃん。^^

この日マッサージするのがこのわんちゃんとは知らずに病院の待合室で既に仲良しになっていた私達。*^^*

 

手術後のわんこさんはとーーってもセンシティブになっていますから、触られるのを拒むものですが、大らかでとっても優しいパドマちゃん。

こんなパドマちゃんだから、多少の靱帯の亀裂も我慢してしまい、ご家族も事の重大さに気が付かなかったのでしょう。

 

 

怪我や痛みをすぐに発見するために

  •  散歩の時にあらゆる角度から歩く様子をチェックしましょう。(足を引きずっている?うさぎのようにピョンピョン跳ねる?)

  • どの肢に体重をかけているのか、いないのか、つま先を見て考えてみましょう。

  • 犬がどんなに元気で、走り回れたとしても、痛みの程度を知る判断材料にはならないことを覚えておきましょう。(犬は痛みを隠すのが上手です。)

 

 

参考

スタンス・アナライザー(Stance analyzer)というものがあります。

これは犬が体重を四肢のどの部分にどれだけ分散しているかを数値化してくれる機械なんですよ。

↓ ↓

このわんちゃんは、左前肢に前体重の24%、右後肢に21%、右前肢に38%、そして左後肢に17%を分散しています。

このデータからどういうことが言えるでしょうか?

左後肢に17%しか体重をかけていないということは痛みがあるのでしょう。

そしてそれを庇うため、右前肢に38%もの体重がかかっています。

左前肢と右後肢にほぼ均等(24%、21%)に体重が分散されているのと対照的です。

こんなふうに痛みの場所が絞られると、レントゲンやMRIなども特定の部位のみ限定して依頼できるので、経済的でもあります。^^;

スタンス・アナライザーを導入している獣医さんもいらっしゃいますので、愛犬の様子で気になることがある場合は一度聞いてみるといいと思います。