愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法【前肢】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

愛犬の怪我予防のための簡単ストレッチ法シリーズ。

前回は、

首のストレッチ

↓ ↓ ↓

https://k9therapeutics.com/jp/2018/01/01/health-benefit-of-stretching-for-dogs-neck/

でした。

今日は

前肢のストレッチ

です。

こちらからご覧下さい。

↓ ↓ ↓

 

この方法を考えた理由

マッサージをする際に前肢を触られるのを

嫌がるわんちゃんはかなりいます。

これには、いくつかの説がありますが、一般的なのが

「犬の前肢は急所」説です。

四足歩行の動物は、人と違って背骨が平行ですから、

自然と体重が上体にかかります。

前肢は上体を支えるにも、走るにも

なくてはならない重要な部位なのです。

そこで、犬同士が戦う場合、犬は相手の前肢に噛みつき、まず相手の歩行を阻止しようとする、といいます。

それで、前肢に近づいたり、触られたりするのを

嫌がる習性がある、というのです。

私は専門家ではないので、その説が正しいのかどうかは

分かりませんが、

「触られるのが苦手な犬は多い」と、

個人的な経験から思います。

 

「犬に負担を与えずにボディワークをする」

ことは私の信条ですので、

 

「オテ」という慣れた行為を自分の意志でさせ →

→ そこからストレッチに持って行く

という流れにしてみたのです。

 

 

 

今回は肩関節のみ

 フィジカル・セラピーの現場で行うストレッチは通常、肩だけでなく、肘と手首も同時に行います。

が、

  • ご家庭で怪我予防のためにするストレッチであること

  • 前肢を触られるのが苦手なわんちゃんが多いこと

を考慮して、肩関節だけにフォーカスしています。

犬の肩は非常に重要なので、ここをマメにストレッチする習慣がつくと、将来の愛犬の歩きに大きなプラスになります!

是非お試し下さい。

 

次回は、

③背中のストレッチ

です。

お楽しみに。

コメントする