犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

●犬に今すぐ必要なケア&将来のためのケア

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

これまで、

「何かが起こってから、またはシニア犬になってから、何かをするのではなくて、元気なうちからメンテナンスを続けることで、犬に老後、質の下がらない生活をさせてやることが出来る」

ということをお伝えしたい、と思ってやってきました。

Reactive(事が起こってから)

ではなく、

Proactive(先を見越して)

ニキビケアの話じゃありませんよ~。(笑)

 

この気持ちは今も変わりません。

でも今現在、

  • シニア期を迎えて、色々なことが出来なくなってきた

  • 生涯つきあっていかなければならない疾患がある

こういうわんちゃん達がたくさんいるのも事実です。

 

今すぐ必要な緩和ケア


インスタグラムでちらっと報告しましたが、私、コールド・レーザー(低出力レーザー)をサービスとして取り入れることにしました。

コールド・レーザーは、「今ある問題」を「緩和」する、という意味では非常に効果大だからです。

以前、愛息ドゥーイー(7才♂コッカープー)の調子が悪かった時にやってみて良いと感じましたし、クライアントさんや、カイロプラクターの先生にも勧めらて決心出来ました。

 

主に炎症を抑える目的で使われ、犬に出来ることはかなり広範囲です。

● 前十字靭帯の怪我

● 滑液包炎(関節の酷使)

● 股関節形成不全

● 肢端舐性肉芽種(舐めグゼ→脱毛→細菌感染)

● 関節炎

● 腱鞘炎

●老年性の関節の硬直

● 腰痛

● 術後の細胞再生

● ホット・スポット(痒みを伴う表在性膿皮症)

● 中耳炎

● 腎不全

ざっと挙げてみただけでもこんなにあります。

代謝を高める、という点ではマッサージと同じですが、深層筋肉まで早く到達出来るのでとっても効率的。

だからこんなわんちゃん↓↓↓にはぴったりです。

  • 体を触られるのが苦手

  • じっとしているのが苦手

  • 体力が落ちているためマッサージが負担になる老犬

 

また、ホット・スポットなど痒みがある時、マッサージは適当とは言えません。

血行が良くなるとますます痒みが増してしまうから。

でもコールド・レーザーなら皮膚を刺激することなく炎症を抑えられます。

 

あまり期待していなかったのに、予想以上に効果的だったのが腎不全の症状。

うちの愛娘、エンジェル(この秋16才♀)

最近は食が細くなり、あれはイヤ、これもダメとなかなか難しいお嬢さん。

スプーンで口に持って行くとやっと食べる感じでした。

ところが、レーザーを始めてから自分でごはんを催促するようになりました!

腎臓の萎縮してしまった部分が元に戻ることはないだろうと思いますが、毎日食べて遊んでくれるのが嬉しいです。

 

 

まとめ


という訳で、

今問題のあるシニア犬や疾患のあるわんちゃんのために効果的な緩和ケアを、

そして、

今は元気なパピーや成犬のために将来を見越して今から始める予防・未病ケア

提供・提案していきますね。

両方必要ですものね。

よろしくお願いします。おねがい

ドッグマッサージのワンポイント【プリューガーの法則】

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

 

犬のマッサージを学んだことがある方もない方も、みんなおうちで愛犬をナデナデしていることと思います。(笑)

その「ナデナデ」が少しでもわんちゃんにとって有益となるように、ひとつ覚えておいて下さいね。

 

 

プリューガーの法則

 

プリューゲルの法則とも言われますが、お聞きになったことはありますか?

 

これは、

「弱い刺激は神経機能を呼び覚まし、強い刺激は神経機能を抑制する」

というものです。

 

ちなみに

中度の刺激は神経機能を活性化

最強度の刺激で機能は静止する

と言われています。

 

また、刺激の強弱は神経機能だけではなくて筋の収縮にも同じことが言えます。

 

 

犬のマッサージに強いタッチは要らない

犬は、

「これからマッサージをしてもらうよ。マッサージって体に良いんだ。」

とは理解しませんから、驚かせたり、無理強い出来ません。

でも、プリューガーの法則によれば犬の気持ちの問題だけではなくて、生理学的にも

弱~中ぐらいの刺激の方が神経機能に効果的

だということが分かりますね。

 

 

犬を触る時に大切なこと

 それはマッサージのテクニックとは別に、人の立ち振る舞いです(テンションといった方が分かりやすいかな?)。

この3点 ↓ は誰でもしてしまいがちですが、気を付けましょうね。

 

  • 無意識のうちに息を止めていることがある

    (手に力が入り、犬に変な緊張感を与えてしまう)

  • 大声、高い声、または早口で話しかける

  • 「かわいい~~~~」などと気分が高揚し、撫でたり、抱く時に力が入る

余談ですが...。

先日、愛息のドゥーイー(コッカープー♂7才}のカイロプラクティックの予約がありました。

Dr.セルはAVCA(American Veterinary Chiropractic Association)公認のベテラン・カイロプラクター。

 

 

うちの坊ちゃん、ちょと神経質なところがあるので、実は少し心配でした。(笑)

でも、Dr.セルは実に自然で、柔らかく、全ての度合いが絶妙なんです。 

私のマッサージのクライアント(わんこさん達!)にも先生は人気で、犬の接し方のお手本みたいな方なんですよ。

 

 

まとめ

 犬をマッサージする方も、習ったことがない方も、犬に与える「刺激」について一度見直してみましょう。

接し方も、タッチも強過ぎになっていませんか?

 

「犬はどのくらいの強さでマッサージすればいいですか?」

こんにちは。
ドッグマッサージセラピストの
スザキエリです。

「実際にどのくらい力を入れてもいいのか分からなくて...。」

とよくお聞きします。

愛犬をマッサージしている方は、普段どのくらいの圧をかけていますか?

 

犬をマッサージする時の圧のかけ方の目安

犬をマッサージする時に一般的な圧の目安となるのがこちらです。

 

【軽】 0.5 ~ 3 lbs /0.2 ~ 1.4 kg

【中】 3 ~ 5 lbs /1.4 ~ 2.3 kg

【強】 8 ~ 15 lbs /3.7 ~ 6.8 kg

キッチン・スケールに手を乗せて、どのくらいか体感してみて下さいね。

ほんの少しの力でいいとお分かりいただけると思います。

マッサージを習ったことがない方も、毎日わんちゃんを撫でていますでしょ?

その撫でる時の参考にしてみて下さい。

もしかしたら愛犬が「心地良い」と感じる程度と差があるかもしれませんね。

 

 

犬の大きさとマッサージの圧の強さは比例しない

 小さいわんちゃんは軽い圧で、大きいわんちゃんには強い圧で...ではありません!

どの程度の圧を受け入れられるかには個体差があって、それは体の大きさには比例しないのです。

大型犬でも、優しく軽いタッチが安心する子だっています。

体が大きいという安心感(?)からワシワシ、荒々しい感じで撫でたり、マッサージしている方は、圧を軽くした時と愛犬の反応がどう違うか、観察してみるといいかもしれません。

 

 

犬の反応が全てです。

自分のしたいように触るのではなく、犬が気持ちいい!と思うように触ります。

 

 

まとめ

*犬をマッサージする時の圧のかけ方には目安(軽、中、強)がある

*マッサージの力加減と犬のサイズは比例しない

*どのくらいの強さが心地良いと感じるかには個体差があるため、犬の反応をしっかり観察こと

犬は飼い主のすることを大抵我慢して付き合ってくれる忍耐深い存在です。

だからこそ愛犬の反応を観察して、愛犬が気持ち良いと思える触り方、マッサージの仕方をしてあげたいですね。

犬のジャンプによる怪我を防ぐ3つのポイント

●犬のジャンプによる怪我を防ぐ5つのポイント

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

最近は「ツルツルの床は犬の足腰に良くない」という認識もかなり浸透してきて、滑り止めマットやカーペットをお使いの方もたくさんいらっしゃいます。

とても良いことですよね!

今日はそれに加えて、「ジャンプによる怪我」を防ぐための3つのポイントをまとめておきますね。

 

ジャンプによる怪我を防ぐ3つのポイント


1.ボールなどを高く投げて、空中でキャッチ→着地させない

 

ジャンプ、特に飛び降りることは、関節に体重をかけて酷使することです。

それを長年繰り返していると、滑液包(関節周りにある組織を守る袋状のクッション)が炎症を起こしたり、靭帯を痛める原因になります。

 

ボールは低めに投げて高くジャンプせずにキャッチできるようにしてみましょう。

ディスクをするわんちゃんは日頃からのケアと、練習と練習の合間に十分な休息が必要です。

 

2.段差にはステップやスロープを

ソファやベッドにステップを置いている方は多いですが、それ以外にも段差は結構あるかもしれません。

日本は「家の中から庭へ出る際に段差がある」お宅が多いのではないのでしょうか。

外へ出る度にジャンプを繰り返しているなら、こんなスロープ(またはステップ)を取り付けてあげるといいでしょう。

↓ ↓ ↓

 

 

3.興奮時の垂直飛びには「伏せ」させる

 

食事の前や、遊んでいる時など、興奮すると高く何度もジャンプを繰り返すわんちゃんも多いですよね。

ジャンプし始めたら、すぐに「伏せ」のコマンドを入れてみましょう。

「伏せ」を知らないわんちゃんが、あなたにアプローチする形でジャンプしているなら、後ろ向きになって無視して興奮を収めてみましょう。

外でフリーで遊んでいる時なら、一旦リードをつけて落ち着かせましょう。

 

 

まとめ


ジャンプによる怪我を防ぐには、

 

* ボールを高く投げて空中でキャッチさせない

* 家周り(庭も含め)段差がある所にはスロープかステップを設置する

* 興奮して垂直飛びをする場合は、「伏せ」、「顔を背けて無視」、または「リードを付ける」ことで落ち着かせる

 

滑るのも関節に負担になりますが、ジャンプも同様です。

あなたのわんちゃんのためにも改善出来る点がありそうですか?

犬はいくつになっても学べる(^_^)v

●犬はいくつになっても学べる(^_^)v

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

英語の古い言い回しに

You can’t teach an old dog new tricks

(老いた犬に新しいトリックは教えられない)

というものがあります。

これは犬のことだけを言っているのではなくて、一般的に

「長い間ずっと独自の方法で何かをやり続けてきた人に、新しいやり方に変えさせるのは非常に困難だ」

ということを言っているのだと思います。

私達は年を取れば取るほどそういう傾向はあるかもしれません...。

その点、犬は私達よりずっと素直に様々なことを受け入れたり、

挑戦したりする気がします。

 

 

犬はいくつになっても学べる


うちのドゥーイー(♂7才コッカープー)。

これまで自分と似たようなタイプのわんちゃんとしか絡みませんでした。

同じようなスピード感で、同じような年恰好のわんちゃんのみ。(笑)

それが最近、7才にしてブルドッグのハワード君と大の仲良しに!

↓ ↓ ↓

短頭種のワンちゃん達(特にフレブルやパグなど)はわりとみんなスピードがあり、ドゥーイーはついて行けない感じ。(笑)

これまでずっと敬遠していました。

でも波長の合う子も中にはいる!と

いつしか理解してくれました。

相手を知ろうとしてくれたことが、とっても嬉しいです。

パピーもイヤで、これまで相手が存在すらしないかのように無視してきました。(笑)

それがいつしか、8ヶ月のパピーちゃんとも向き合えるように...。

↓ ↓ ↓

何だかとっても楽しそう。

 

出来ないと決めつけない


犬は人よりずっと素直です。

うちの子は~が嫌い、~は食べない、と決めつけずに自然に色々なことに挑戦させてみましょう。

すると今まで気づかなかったわんちゃんの一面が見れると思います。

ドゥーイーって私が思っていたよりずっと社交的で、遊びのアイデアもいっぱいみたいなのです。

うちの場合は日頃からマッサージ以外に以下のことをしています。

  • 体幹トレーニング

  • ストレッチ

  • 散歩の行先を選ばせる

 

こういう積み重ねが新しいことを学んだり、相手を受け入れようとする意欲にもつながっているような気がします。 (ただの親の欲目かも。笑)

 

 

 

まとめ


犬は人と同じくいくつになっても学ぶことが出来る存在です。

 犬の年齢や、これまでの状況などから、変えることは無理と判断せずに、色々なことに挑戦させてみましょう。

 いくつになってもちょっとした工夫、励ましで、犬は大きく変わります。