「うちの子は元気で走り回っているから大丈夫です」

●「うちの子は元気で走り回っているから大丈夫です」

 

こんにちは。

ドッグマッサージセラピストの

スザキエリです。

沢山の知らないわんちゃん達が集まるドッグパークなどに行くと、いつも複雑な思いで帰ってきます。あせる

歩き方のおかしい、または明らかに痛そうにしているわんちゃんが一杯だからです。

 

久しぶりにガールフレンドのレイアちゃん(右)と。
知らないチワワさんと何やら真剣に対応中のドゥーイー(中央)ウインク

 

走っているから大丈夫?!


よく耳にするのが

「うちの子は元気に走り回っているから大丈夫です。」

...本当にそうでしょうか?

 

 

歩き方の種類

 

3本の足が地に着いている状態を

常足(なみあし) - ウォーク と言います。 これが歩いている状態。

 

前肢を1、2 (右・左) 着いてから、 後肢を同時に蹴るのを

駈足(かけあし) -キャンター と言います。

暴れん坊将軍の馬の足音を思いだしてみてね。

パカパッ パカパッ 馬 っていう歩様です。

 

後肢に違和感・痛みがある時、 速く動きたい時、犬は好んで駈足(かけあし)をします。

 

 

 

駈足(かけあし)したくなる理由


痛いなら、なぜ走るのでしょう?

それは単純に、駈足の方が滞空時間が長いからです。

 

体重をかけると痛い場合、

膝関節を曲げると痛い場合、

後肢を左右、地にしっかり着くより、ホップ、ステップしていた方が楽なのです。

 

...人と一緒ですよね?

 

観察が大事


うちの子は大丈夫、と思いたい(心配させられたくない)という方もいらっしゃいます。 

こんなこともありました。→ 本当に知りたくない!?【膝蓋骨脱臼】

 

でも、見て見ぬふりをしたり、「走っているんだから問題なし」と安直に考えていると、大事なことを見逃しているかもしれません。

あなたの愛犬が辛抱強く、痛みとつきあっているかも!!

 

普段から体の動かす様子をよく観察して、少しでも多く気付いてあげられる飼い主でいましょうね。

 

コメントする